HOME 

 ビーチ・ボーイズ  どれから聴くかガイド  CD化の歴史 
  スタジオ・アルバム1  スタジオ・アルバム2('98〜'11)  紙ジャケットCD  ライブ  共演/参加作品 
  レア・トラック1(編集盤)  レア・トラック2(その他)  ベスト盤/コンピレーション盤  ペット・サウンズ 
  映像1(ソフト別)  映像2(映像別)  クリスマス・アルバム 
  書籍・雑誌  番外編  
  編集盤詳細 モーガン・テープス  ザ・ビーチ・ボーイズ・ボックス('80)  テン・イヤーズ・オブ・ハーモニー 
          レアリティーズ&メドレー  グッド・ヴァイブレーションズ・ボックス  シングル・コレクション 
          Perfect Harmony  ペット・サウンズ・セッションズ  The Greatest Hits 1&2  エンドレス・ハーモニー 
          ホーソーン、カリフォルニア  カリフォルニア・フィーリン  サウンズ・オブ・サマー 
          ウォームス・オブ・ザ・サン  サマー・ラヴ・ソングス  スマイル  カリフォルニアの夢 
          ペット・サウンズ 50th  サンシャイン・トゥモロウ 

 ソロ作品 
  ブライアン1  ブライアン2  ブライアン3  ブライアン映像 
  ブライアン参加1  ブライアン参加2  ブライアン参加3 
  デニス  カール  マイク  アル  ブルース  

 新商品情報 

 更新履歴 

ディスコグラフィ : スタジオ・アルバム2('98〜'11)


1998年のカール・ウィルソンの死後、アル・ジャーディンが事実上グループを脱退、身内を集めた自身のバンドで音楽活動を開始、ブライアン・ウィルソンもソロ・アルバム 『イマジネーション』 の発表とともにライブツアーを行い、ソロ・アーティストとしての活動が軌道に乗りました。
残ったマイク・ラヴとブルース・ジョンストンは本家ビーチ・ボーイズとしてコンサート活動を継続し、しばらくバンドは3つに分裂したような格好になっていました(ただしブルースやアルがブライアンのライブに参加したりと個別の交流は続いていました)。

その後、2011年末にビーチ・ボーイズのリユニオンが発表され、2012年にはニュー・アルバムが発売されました。

ここでは 『Stars & Stripes Vol.1』 以降の分裂期間の作品で、いちおうビーチ・ボーイズ名義として受け取れそうなものを取り上げます。


シンフォニック・ビーチ・ボーイズ ('98)
Symphonic Sounds / Music Of The Beach Boys

1. Overture[Medley]: California Girls/Sloop John B. /Surfer Girl/God Only Knows/In My Room/Don't Worry Baby/Please Let Me Wonder/Friends/The Warmth Of The Sun/All Summer Long/California Girls/Good Vibrations
2. Kokomo (歌:マイク・ラヴ)
3. God Only Knows (歌:タミー・トレント)
4. Wouldn't It Be Nice? (ギター:マイケル・トンプソン)
5. Disney Girls (歌:ブルース・ジョンストン)
6. Darlin' (歌:マット・ジャーディン)
7. (Just for Fun...) All Surf[Medley]: Catch A Wave/Surfin' Safari/Surf City/Hawaii/Surfin' U.S.A.
8. The Warmth Of The Sun (歌:エイドリアン・ベイカー)
9. Water Planet Suite[Medley]: Heroes And Villains/Help Me, Rhonda/Wouldn't It Be Nice/God Only Knows/Surfer Girl/In My Room/The Warmth Of The Sun/All Summer Long/You Still Believe In Me/Caroline No/Good Vibrations

ロイヤル・フィル・ハーモニーがビーチ・ボーイズの曲を演奏したもの。1と9はオーケストラのみの演奏による組曲で、他の曲はブルースとマイクやツアー・メンバーらがボーカルやコーラスを加えている。
マイクは「Kokomo」で、ブルースは「Disney Girls」でリード・ボーカルを担当。ブルースのリード・ボーカルが聴けるのは久しぶり。
「Darlin'」のリード・ボーカルのマット・ジャーディンはアルの息子。
ブルースはアルバム・プロデュースも担当。

アマゾン 日本盤




タワーレコード

Salute Nascar ('98) マイク・ラヴ、ブルース・ジョンストン&デヴィッド・マークス・オブ・ザ・ビーチ・ボーイズ

1. I Get Around
2. Littke Duece Coupe
3. Little Old Lady From Pasadena
4. 409
5. Shut Down
6. Little GTO
7. Ballad Of Ole' Betsy
8. Little Honda
9. Fun, Fun, Fun
10. Don't Worry Baby

マイクとブルースがビーチ・ボーイズ初期のメンバー、デヴィッド・マークスを加えて作ったカバー・アルバム。

実際にはエイドリアン・ベイカーが1980〜90年代に作ったバッキング・トラックにマイクがボーカルを入れただけで、ブルースとデヴィッドは演奏に参加していないらしい。

アメリカのガソリン・スタンド限定で購入できるCDとして販売された。


P.STC.JPG - 14,230BYTES

Summertime Cruisin' ('01) マイク・ラヴ&ブルース・ジョンストン・オブ・ザ・ビーチ・ボーイズ

1. Catch A Wave
2. Do It Again
3. I Get Around
4. California Girls
5. Surfin' Safari
6. Surfin' U.S.A.
7. Surfer Girl
8. Little Deuce Coupe
9. Little Old Lady From Pasadena
10. Shut Down
11. Don't Worry Baby
12. Kokomo
13. Good Vibrations
14. Summertime Music
15. Camp California

こちらもマイク&ブルースが出したカバー・アルバム。上と同じ時期のセッションで録られたものらしい。一部の曲は重複している。

14と15は別の時期に録音されたマイク作曲の新曲。ブルースも参加している。

カナダのクライスラー車ディーラーが販促のために顧客に配布した限定盤とのこと。


Songs From Here & Back ('06)

1. Intro
2. Dance, Dance, Dance
3. Wouldn't It Be Nice
4. Surfer Girl
5. Kokomo
6. Car Medley Intro
7. Little Deuce Coupe
8. I Get Around
9. Good Vibrations

10. The Spirit Of Rock & Roll [B.Wilson]
11. PT Cruiser [A.Jardine]
12. Cool Head, Warm Heart [M.Love]

10年ぶりにちゃんと「ビーチ・ボーイズ」名義で出た新譜。ただし内容は1〜9曲目までがライブ(ウィキペディア英語版によれば3と9が1974年、残りは1989年)で、残り3曲はブライアン、アル、マイクがそれぞれソロで録音した曲を持ち寄ったもの。アルの曲は2002年にシングルで出たものだが、他の2曲はこれでしか聴けない。

グリーティング関連商品を扱うアメリカの「ホールマーク」が自社のショップ限定で発売したものだが、一部の輸入レコード店や海外のネット・オークションなどで日本でも割合簡単に入手できた。


このページの先頭へ

inserted by FC2 system