HOME 

 ビーチ・ボーイズ  どれから聴くかガイド 
  スタジオ・アルバム1  スタジオ・アルバム2('98〜'11)  紙ジャケットCD  ライブ  共演/参加作品 
  レア・トラック1(編集盤)  レア・トラック2(その他)  ベスト盤/コンピレーション盤  ペット・サウンズ 
  映像1(ソフト別)  映像2(映像別) 
  書籍・雑誌  番外編  
  編集盤詳細 モーガン・テープス  ザ・ビーチ・ボーイズ・ボックス('80)  テン・イヤーズ・オブ・ハーモニー 
          レアリティーズ&メドレー  グッド・ヴァイブレーションズ・ボックス  シングル・コレクション 
          Perfect Harmony  ペット・サウンズ・セッションズ  エンドレス・ハーモニー  クリスマス・アルバム 
          ホーソーン、カリフォルニア  カリフォルニア・フィーリン  サウンズ・オブ・サマー 
          ウォームス・オブ・ザ・サン  サマー・ラヴ・ソングス  スマイル  カリフォルニアの夢 
          ペット・サウンズ 50th  

 ソロ作品 
  ブライアン1  ブライアン2  ブライアン3  ブライアン映像 
  ブライアン参加1  ブライアン参加2  ブライアン参加3 
  デニス  カール  マイク  アル  ブルース  

 新商品情報 

 更新履歴 

レア・トラック 2
公式編集盤以外のCDに収録、もしくは未CD化


モーガン・テープス ('61-'62)  → 曲目詳細へ

『Becoming The Beach Boys - The Complete Hite & Dorinda Morgan Sessions』 ほかに収録

1961/9月 at Hite Morgan's home, LA, CA
Surfin' / Luau / Lavender
1961/10 or 11月 at World Pacific Studio, LA, CA or Stereo Masters,Hollywood, CA
Surfin' / Luau / Lavender
1962/2/8 at World Pacific Studio, LA, CA
Surfin' Safari / Surfer Girl / Judy / Beach Boys Stomp(a.k.a. Karate)
1962/3/8 at Stereo Masters,Hollywood, CA
Barbie / What Is A Young Girl Made Of


デビュー前にハイト・モーガン(ウィルソン兄弟の父マリー・ウィルソンの友人で、スタジオを持っていた)のスタジオで録音された音源。

まず1961年9月にモーガンの自宅で演奏を見るためのリハーサルが行われ、本番のレコーディングは同年10月もしくは11月と翌年の2月8日に行われ、このレコーディングから「Surfin' / Luau」のシングルが出た。グループ名は「ザ・ペンドルトーンズ」だったが、勝手に「ビーチ・ボーイズ」に変えられてしまった。
このシングル・バージョンの「Surfin'」はキャピトルからのファースト・アルバム 『サーフィン・サファリ』 にも収録された(このアルバムに収録の「Surfin' Safai」は再録音されたもの)。

1962年3月8日にはケニー&ザ・カデッツの「Barbie / What Is A Young Girl Made Of」のシングルとなる2曲の歌入れが行われたが、これにはブライアン、カール、ウィルソン兄弟の母オードリー、アルが参加していた。

「Luau」「Barbie」「What Is A Young Girl Made Of」はハイト・モーガンの息子ブルースの作曲で、「Lavender」はハイトの妻ドリンダの作曲。

この音源は昔から何度もレコード・CD化されてきたが、2016年に未発表音源を加えた「完全版」として2枚組でCD化された。


「Shut Down」 ('63)
オムニバス 『Shut Down』 に収録


ビーチ・ボーイズの『シャット・ダウン Vol.2』 の前に出たオムニバス盤。
ビーチ・ボーイズは「Shut Down」と「409」のモノラルが収録されているが、「Shut Down」には冒頭に車のエンジン音が加えられている。
ただそれだけですが。

このオムニバス盤は1997年と2012年に日本のみでCD化されている。 
→アマゾン 1997盤 2012盤 


「Karen」 ('64)
オムニバス 『Television's Greatest Hits, Vol.4』 に収録


1964年のテレビ・ドラマのテーマ曲。45秒の短い曲だがビーチ・ボーイズらしさの良く出た曲。イントロがディック・デイル風。

作詞作曲はボブ・モズナーとジャック・マーシャルによるもの。

日本で出たCD 『レア・ワークス・オブ・ブライアン・ウィルソン』 にシークレット・トラックとして収録されていたが、そちらはフィルムからのコピーだったのか、イントロとエンディングがカットされている上、音質が悪かった。


「Good Vibrations」 ロング・バージョン ('66/'95)
ゴールドCD 『Endless Summer』 に収録


1995年に出た 『終りなき夏』 のゴールドCDに収録されている「Good Vibrations」は通常のものより8秒長い。

エンディングのインスト部分が長いだけだけど。


P.CU.JPG - 14,097BYTES

「Cuddle Up」 別ミックス ('72)
シングル「You Need A Mess Of Help To Stand Alone」のB面に収録


アルバム 『ソー・タフ』 のラスト・ナンバー。

書籍 『ザ・ビーチ・ボーイズ・コンプリート』 によれば、上記シングルに収録のものはアルバム収録のものよりリード・ボーカルがオンにミックスされており、CDで聴けるこの曲はアナログ盤よりカールのボーカルがオンになっているとのこと。


P.WGL.JPG - 8,836BYTES

「We Got Love」 ('73)
『Holland』 収録予定曲


1973年のアルバム 『オランダ』 に収録予定だった曲(A面の最後)。ワーナーにヒット性のある曲を入れるように要請され、「Sail On, Sailor」がA面1曲目に入り、この曲はカットされた。

ドイツでは初期プレスの数百枚が差し替え前の内容でプレスされ、市場に出回った。

1973年のライブ盤 『イン・コンサート』 でライブ・バージョンとして聴ける。

2015年9月11日に配信開始の 『オランダ』 のハイレゾ版に収録され、正式に商品化された。
1973年当時にミスで出回ったものよりエンディングが1分近く長くなっている。
2015年の iTunes 配信版と2016年のSACD/アナログLP再発にも収録。


P.COW.JPG - 9,299BYTES

「Susie Cincinnati」 シングル・バージョン ('74)
シングル「Child Of Winter」のB面に収録


『15ビッグ・ワンズ』 に収録されている曲のシングル・バージョン。モノラル・ミックスで、曲中で聴こえる車の排気音の位置が違う(こちらはイントロで鳴る)。また、フェイド・アウトのエンディングが少し長い(「Susie Cincinnati」2回分)。

1974年のシングル「Child Of Winter」(現在はCD 『クリスマス・アルバム[完全版]』 で聴ける
)のB面に収録されたのがこのバージョン。

2000年に出たベスト盤 『グレイテスト・ヒッツ3(ベスト・オブ・ブラザー・イヤーズ)』 にこの曲が収録されており、日本語解説では「シングル・バージョン」と記載されているが、ステレオだし、アルバム・バージョン(CD 『15ビッグ・ワンズ』 で聴けるもの)と同じにしか聴こえない(英文の解説には特にバージョン違いという記載はない)。


「Honkin' Down The Highway」 ('77/'90)
『Love You』(Epic CD)に収録


1977年のアルバム 『ラヴ・ユー』 に収録されている曲。

現在キャピトル(日本ではユニバーサルミュージックジャパン)から発売中のCDが出る前、1990年に出た初CD化盤(米盤:Caribou/Epic ZK 46956、日本盤:ソニー SRCS 6095)はイントロがカットされ、いきなり歌から始まる。ただしバージョン違いというより、ただのミスだったらしい。

アマゾン 輸入盤 


「Come Go With Me」「Peggy Sue」「Winds Of Change」 別ミックス ('78/'91)
『M.I.U. Album』(Epic CD)に収録


1978年のアルバム 『M.I.U. アルバム』 に収録されている曲。

現在キャピトル(日本ではユニバーサルミュージックジャパン)から発売中のCDが出る前、1991年に出た初CD化盤(米盤:Caribou/Epic ZK 46957、日本盤:ソニー SRCS 6096)は3曲がバージョン違いだった。

Come Go With Me … イントロからピアノなどが入り、全体にピアノが大きくフィーチャーされている

Peggy Sue … コーラスがほとんど聴こえないぐらい小さくミックスされている
Winds Of Change … イントロにコーラスが入り、エンディングのドラムがない


また、この時CD化されたベスト盤 『テン・イヤーズ・オブ・ハーモニー』 に収録された「Come Go With Me」もこのバージョンだった。

アマゾン 輸入盤 


P.HLT.JPG - 17,563BYTES

「Hey Little Tomboy」 ロング・バージョン ('78)
シングル「Peggy Sue」のB面に収録


シングル「Peggy Sue」のB面に収録されたこの曲は、アルバム 『M.I.U.アルバム』 に収録されているものより14秒長い。

エンディングのインスト部分が長いだけだけど。

このシングルは国によってアルバム・バージョン(2分24秒)とロング・バージョン(2分38秒)が収録されているので要注意(米盤はロング・バージョン、日本盤はアルバム・バージョン)。



アナログ12インチ

「Here Comes The Night」 12インチ・シングル・バージョンとインスト・バージョン ('79)
12インチ・シングル「Here Comes The Night」に収録


1979年にディスコ調にリメイクされたこの曲は、アルバム 『L.A.』 に10分53秒のロング・バージョンで収録されているが、当時出た12インチ・シングルに収録のものはイントロが長いなど微妙に違う(約10分40秒)。
『グッド・ヴァイブレーションズ・ボックス』 のディスク6に収録されているのはアルバム・バージョンと同じだが、少しピッチが早いので10分43秒になっている。
2000年のベスト盤 『グレイテスト・ヒッツ3(ベスト・オブ・ブラザー・イヤーズ)』 には4分31秒の7インチ・シングル・バージョンで収録されている。

B面には演奏と一部のコーラスのみのバージョンが収められているが、上記の3バージョンとはまた少し構成が違う(約9分5秒)。



アナログLP

「It's A Beautiful Day」 ロング・バージョン ('79)
サントラ 『Americathon』 及びこの曲のシングルに収録


ビーチ・ボーイズのCDでは、ベスト盤 『テン・イヤーズ・オブ・ハーモニー』 にエディット・バージョンで収録されている曲。

映画 『Americathon』 のサントラに収録された元のバージョンは、シングル・バージョンでフェイド・アウトする前の部分の歌詞が違い、以降は1分20秒近くインスト(コーラス付)が続く。 


P.RRC.JPEG - 137,487BYTES

「California Dreamin'」 最初のカバー ('83)
マイク・ラヴ&ディーン・トレンス 『Rock'n'Roll City』 に収録


ママス&パパスのカバーで、マイクとディーン・トレンスが出した 『Rock'n'Roll City』 というアルバムのカセット版に収録されていた(このアルバムについてはマイクのページで)。

1986年のベスト盤 『MADE IN U.S.A.』 と2000年のベスト盤 『グレイテスト・ヒッツ3』 に収録されたものは再録音版で、さらにその別バージョン(曲が始まる前に風と雨の効果音が入る)は2007年のベスト盤 『ウォームス・オブ・ザ・サン』 に入っている。



アナログLP

「Chasin' In The Sky」 ('84)
サントラ 『Up The Creek』 に収録


1984年の映画 『アップ・ザ・クリーク』(日本ではビデオ公開、DVDタイトルは 『史上最悪のボートレース ウハウハザブーン』)の挿入歌でサントラに収録された曲。

ランディ・ビショップの作曲。


P.RRTTR.JPG - 23,363BYTES

「Rock & Roll To The Rescue」 リミックス・バージョン ('86)
この曲の12インチ・シングルに収録


1986年のベスト盤 『MADE IN U.S.A.』 で発表されたこの曲の12インチ・シングルには、3つのリミックス・バージョンが収録されていた。

Beach Party Mix … 6分30秒のロング・バージョン
Parcadella Mix … ほぼボーカルとパーカッションのみ
Instrumental … 演奏のみ

すべてのバージョンが収録されているのはアメリカ盤のみ。

「Beach Party Mix」は1989年に出た「Still Cruisin'」の4曲入りCDシングル(下の商品)にも収録されている。


「Lady Liberty」 ('86)
シングル「California Dremin'」のB面ほかに収録


アルバム 『L.A.』 に収録されていた「Lady Lynda」の替え歌。演奏は同じテイク。中間部はカールが歌っている。

1986年のベスト盤 『MADE IN U.S.A.』 に収録された新曲「California Dreamin'」がシングル・カットされた際にB面に入れられた。

1989年に出た「Still Cruisin'」の4曲入りCDシングル(左の商品)にも収録されている。
収録曲 : 1. Still Cruisin' / 2. Kokomo / 3. Rock 'n' Roll To The Rescue (Beach Party Mix - Extended Dance Version) / 4. Lady Liberty


P.LD.JPG - 12,239BYTES

「Living Doll」 ('87)
バービー人形のオマケ・ソノシートに収録


バービー人形の「カリフォルニア・ドリーム(カリフォルニアとしか記載されていないタイプもある)」という水着バージョンのオマケで付いたソノシートにビーチ・ボーイズ名義で収録されていた曲。

実際はブライアンのソロ作品で、作詞作曲のクレジットはブライアンと心理学者ユージン・ランディとその身内であるアレクサンドラ・モーガンの3人。


「Kokomo」 スペイン語バージョン ('89)
シングル「California Dreamin'」に収録


P.CD.JPG - 14,014BYTES

1986年の「California Dreamin'」が1989年に再度シングルで出た際のカップリングとして発表。

演奏はアルバム 『スティル・クルージン』 で聴ける英語バージョンと同じものを使用しているが、こちらにはブライアンが参加していて、「アルーバ、ジャメイカ…」のコーラスで声を張り上げて歌っている。

アナログ7インチ・シングルではB面に収録され、左の3曲入り3インチCDシングルでは3曲目に収録(2曲目はファット・ボーイズと共演した「Wipe Out」)。


P.SNJ.JPG - 24,727BYTES

「Somewhere Near Japan」 別ミックス ('89)
この曲のプロモCDシングルに収録


アルバム 『スティル・クルージン』 収録のナンバーの別ミックスで、ドラムから始まり、アルバムのものよりビートが効いた感じの仕上がり。

プロモCDシングルは2曲入りで、「Somewhere Near Japan」の「Edit(これが別ミックス)」と「LP Version」を収録。


P.PC1.JPG - 59,055BYTES

P.PC.JPG - 64,435BYTES

「Problem Child」 ('90)
この曲のカセット・シングルに収録


映画 『プロブレム・チャイルド』 のテーマ曲で、一般にはカセット・シングルで発表された。
カセット・シングルには通常バージョン(子供のコーラス入り)と「Instrumental」(演奏のみ)を収録。

CDはプロモ盤しか存在せず、通常バージョンのみを収録したもの(ジャケットは左の下の方)と、子供のコーラスをカットした「Radio Edit」という別ミックスのみを収録したもの(ジャケットなしでディスクのみ)がある。


「Crocodile Rock」 ('91)
V.A. 『Two Rooms』(日本盤 『トゥー・ルームス』)に収録


エルトン・ジョン&バーニー・トーピンの作品のカバー集。

ビーチ・ボーイズは「Crocodile Rock」をカバー。シングル・カットされ、ビデオ・クリップも作られた。

ビーチ・ボーイズ名義のCDには収録されていない。

アマゾン 91年日本盤  98年日本盤


『サマー・イン・パラダイス』 ('93) 英国盤の5曲
『Summer In Paradise』(UK Version)


英国盤は米国盤より遅れて発売になったが、その際5曲でリミックスや再録音が行われた。

Island Fever 3:13
 歌いだしのAメロ以外の部分を全く別のメロディ・歌詞に変えて再録。
Strange Things Happen 3:19
 エンディングがだらだらと続く印象だった米バージョンより1分以上短く編集された。
Remember “Walking In The Sand” 3:08
 リミックスはされていないが、英国盤はフェイド・アウトが早く、曲時間が20秒ほど短い。
Under The Boardwalk 3:31
 中間部で「Under The Boadwalk」に呼応するコーラスが加わり、曲時間も20秒ほど短い。
Summer In Paradise 3:30
 元バーズのロジャー・マッギンがギターとボーカルで参加、コーラスも厚くなり、マイクのソロのようだった米バージョンよりにぎやかな印象になった。
Forever 3:01
 プロモ・シングルで発表された2つのリミックス・バージョンのうち、エレキ・ギターをカットした「AC Mix(アダルト・コンテンポラリー市場向けミックス)
」に差し替えられた。
 もう一つのリミックス・バージョンは「CHR Mix(コンテンポラリー・ヒット・ラジオ用のミックス)」。

全体にマイク以外のメンバーの存在が強調された改変になっている感じ。

※左のアマゾンの商品(UPCコード077778103622)の裏ジャケに記載されている曲時間は米国盤と同じになっているが、実際の収録時間は上記の通り。


「Don't Fight The Sea」 ('10)
アル・ジャーディン 『A Postcards From California』(日本盤 『ポストカード・フロム・カリフォルニア』)に収録


アルとテリー・ジャックスの共作曲で、1970年代半ばからビーチ・ボーイズが断続的に録音していたが未発表だったもの。2008年にブライアンとマイクが新たにボーカルを追加録音し、最終的に完成したテイクにはアル、ブライアン、カール、マイク、ブルースが参加。

2010年発売のアルのソロ・アルバム 『A Postcards From California』 に収録された。

アルのソロ名義での発表となったが、上記の経緯からもビーチ・ボーイズの新曲と言っていいだろう。

このアルバムは2010年6月29日に米アマゾン(オン・デマンドのCD-R仕様およびダウンロード)と iTunes(ダウンロード)で発売され、2012年4月3日にはプレスCDが日本のアマゾンでも購入可能になった。

日本盤(左の商品)は2012年7月18日に発売され、2曲のボーナス・トラックが追加された全17曲になっている。


P.DFTSA.JPG - 33,987BYTES
P.DFTSB.JPG - 31,153BYTES

「Friends」 アカペラ・ミックス ('11)
アナログ・シングル「Don't Fight The Sea」に収録


1968年の「Friends」のアカペラ・ミックス。

2011年3月に発生した東北・東日本大震災のためのチャリティ・シングルとして、4月に上のアルバムからシングル・カットされた「Don't Fight The Sea」のB面に収録された。

アナログ7インチのみの発売で、現存するメンバー4人のサインがスリーブに入ったものも90枚限定で販売された。



アナログ7インチ

「That's Why God Made The Radio」 インストゥルメンタル ('12)
アナログ・シングル「That's Why God Made The Radio」に収録


2012年の「That's Why God Made The Radio」のカラオケ・バージョン。

アナログ・シングルB面に収録されている。


参考文献:VANDA編 『ザ・ビーチ・ボーイズ・コンプリート2001』 (2001、シンコー・ミュージック)


このページの先頭へ

inserted by FC2 system