HOME 

 ビーチ・ボーイズ  どれから聴くかガイド 
  スタジオ・アルバム1  スタジオ・アルバム2('98〜'11)  紙ジャケットCD  ライブ  共演/参加作品 
  レア・トラック1(編集盤)  レア・トラック2(その他)  ベスト盤/コンピレーション盤  ペット・サウンズ 
  映像1(ソフト別)  映像2(映像別)  クリスマス・アルバム 
  書籍・雑誌  番外編  
  編集盤詳細 モーガン・テープス  ザ・ビーチ・ボーイズ・ボックス('80)  テン・イヤーズ・オブ・ハーモニー 
          レアリティーズ&メドレー  グッド・ヴァイブレーションズ・ボックス  シングル・コレクション 
          Perfect Harmony  ペット・サウンズ・セッションズ  The Greatest Hits 1&2  エンドレス・ハーモニー 
          ホーソーン、カリフォルニア  カリフォルニア・フィーリン  サウンズ・オブ・サマー 
          ウォームス・オブ・ザ・サン  サマー・ラヴ・ソングス  スマイル  カリフォルニアの夢 
          ペット・サウンズ 50th  サンシャイン・トゥモロウ 

 ソロ作品 
  ブライアン1  ブライアン2  ブライアン3  ブライアン映像 
  ブライアン参加1  ブライアン参加2  ブライアン参加3 
  デニス  カール  マイク  アル  ブルース  

 新商品情報 

 更新履歴 

ビーチ・ボーイズの映像1(ソフト別)


ここではビーチ・ボーイズの出ている映像ソフトを取り上げます。 

まずはビーチ・ボーイズの歴史を把握できる3本のヒストリーものを紹介し、個々のソフトについて解説します。

こちらのページではTV番組や映画などの映像別にまとめています。

ヒストリーもの 3作品


2014年発売


DVD : 『アン・アメリカン・バンド』


1984年制作のドキュメンタリー。時期的にはデニスの死後に制作された。103分。

1976年のTV特番 『ザ・ビーチ・ボーイズ』 用に撮影されたインタビューなどの未使用部分を中心に、ライブやTV出演時の様々な映像で構成された作品で、非常に充実した内容。『Smile』 セッションの初登場音源や公式テイクの別ミックスなど、使用されている音源もマニアック。

1998年のドキュメンタリー 『エンドレス・サマー』 との重複もほとんどなく、現在でもその価値は減じていない。


   2003年発売       2005年発売 


2015年発売


2012年発売


2010年発売

DVD : 『エンドレス・ハーモニー』 


1998年制作のドキュメンタリー。時期的にはカールの死後に制作された。105分。

上の 『アン・アメリカン・バンド』 と比べると、メンバーや関係者のインタビューに重きが置かれており、使用されている映像・音源はコマ切れのものが多いが、この作品のためにリサーチされた映像や未発表音源がふんだんに盛り込まれていて見ごたえがある。

『アン・アメリカン・バンド』 ではほとんど触れられていなかった70年代のレコーディング活動にもきちんと時間が割かれている。

音源の方はサントラCD 『エンドレス・ハーモニー』 として発売された。

DVD化の際、特典として以下の映像・音声が追加されている。

【ボーナス・クリップ集】
■Surfin'U.S.A. / The Things We Did Last Summer (TV番組 『ザ・スティーヴ・アレン・ショー』 1963年3月2日収録)
■Little Deuce Coupe / In My Room (ライブ 1964年3月14日、NBCテレビ・スタジオ)
  → DVD 『ライヴ 1964』 でも見られる
■Sloop John B (オリジナル・プロモ・フィルム 音声は効果音入りのオリジナル版)
  → DVD&CD 『サイツ・アンド・サウンズ・オブ・サマー』 やDVD-Audio 『Pet Sounds』 などでも見られる
■Friends (1968年夏に撮られた映像を編集した新クリップ)

【5.1サラウンド・ミックス集】
California Girls / Kiss Me Baby / God Only Knows / Surf's Up / Long Promised Road / Sail On Sailor / Do It Again(1980年、英ネブワースでのライブ)
このために作られたサラウンド・ミックス集。映像は「Long Promised Road」は1968〜69年ごろの欧州ツアーの際の映像(カールが一人で街を散策する)、「Do It Again」は音と同じくネブワースのライブ映像(DVD 『ライヴ・アット・ネブワース』 でも見られる)で、他の曲は静止画集だが、一部動画(「Fire」録音時のブライアンとか)も使われている。

2010年の新装再発盤(左)は、ディスク内容はこれまでのものと同じだが、パッケージが「巻きジャケ」になっていて、ソロを含む全作品のディスコグラフィが掲載されている。


 1998年発売(VHS)     2001年発売       2006年発売     2007年発売       2008年発売 


ビデオ : 『Biography / Brian Wilson : A Beach Boy's Tale』(輸入版)


米TVシリーズ 『Biography』 の一本として1999年に放送されたもの。前後編の2回で約90分。

特にブライアンにスポットを当てているが、当然ビーチ・ボーイズ・ヒストリー的な内容になっており、ブライアンやメンバー及び関係者のインタビュー、ビーチ・ボーイズの映像など、このソフトでしか見られないものが多い(コマ切れではあるが)。

特にウィルソン家のプライベート・フィルムが多用されているのが珍しいところで、最初期のステージの映像とか、マリリンに出会う前の恋人の映像(!)、結婚後のブライアンとマリリンの生活の様子なども見られる。

また、1976年に 『マイク・ダグラス・ショー』 に単独出演した時の映像や、ファースト・ソロ・アルバムを発表した頃のTV出演時のインタビューなども使われている。

日本ではCS放送の「ヒストリー・チャンネル」で2ヶ国語放送されていたが未ソフト化。


映像ソフト(映像のほぼ古い順)


2001年発売


DVD : 『ライヴ 1964』
Fun, Fun, Fun/Long Tall Texan/Little Duce Coupe/Sufer Girl/
Surfin'U.S.A./Shut Down/In My Room/Papa-Oom-Mow-Mow/Hawaii


1964年3月14日にカリフォルニア州バーバンクのNBCテレビ・スタジオで収録されたライブ。白黒。

ビートルズのワシントンでのライブを収録したフィルムと一緒に、アメリカの映画館で「クローズド・サーキット方式(ケーブルTVのようなもの)」で放送するために撮影された。

このフィルムはその後行方不明になっていたが、1998年のドキュメンタリー 『エンドレス・ハーモニー』 の用の素材を探している時に発見され、単独でもソフト化されることになった。

この時演奏されたのは以下の10曲。
Fun, Fun, Fun/Long Tall Texan/Little Duce Coupe/Sufer Girl/Monster Mash/Surfin'U.S.A./Shut Down/In My Room/Papa-Oom-Mow-Mow/Hawaii

このうち「Monster Mash」を除いた9曲がこのDVDに収録された。

日本版のみ特典映像として以下の3本の映画の予告編を収録している。
■『The Girls On The Beach(邦題:ビーチ・ガール)』 …ビーチ・ボーイズも出演しているが、この予告編には出てこない。一部の抜粋が 『アン・アメリカン・バンド』 で見られる。
■『How To Stuff A Wild Bikini(ビデオ邦題:ビキニガール・ハント)』 …アネット・ファニセロ主演のラヴ・コメディ。ビーチ・ボーイズとは関係ない。
■『T.A.M.I.』 …1964年の「T.A,M.I.(ティーン・エイジ・ミュージック・インターナショナル)ショー」の記録映画。ビーチ・ボーイズも出演。詳しくはこのページの 『T.A.M.I, Show』 の項を。

日本版のジャケット写真はこの時のものではなく、1964年10月28日の「T.A.M.I. Show」の時のもの。

WOWOWの 『ザ・ビーチ・ボーイズ ライブ in the 60's』 (2012年10月13日初回放送)の中で、「Monster Mash」を含んだ完全版が放送されている。


【この映像を収録した他のソフト】
■DVD 『エンドレス・ハーモニー』 …本編に「Little Duce Coupe」と「In My Room」を部分的に使用、特典映像としてフルコーラスでも収録。
■DVD&CD 『サイツ・アンド・サウンズ・オブ・サマー』 …「Little Duce Coupe」をフルコーラス収録。


 1999年発売(VHS)    1999年発売


P.ABS2.JPG - 41,122BYTES

ビデオ・LD : 『ベスト・オブ・バンドスタンドU 〜永遠のスーパースターたち〜』
Don't Worry Baby


米TV番組 『アメリカン・バンドスタンド』 1964年4月18日放送(収録は3月14日)の回から。

ストライプのシャツ(ストライプの線が細い)を着て、全員が何も持たずにくちパクで歌う。白黒。

司会者ディック・クラークによる長めのインタビューも収録。


【この映像を収録した他のソフト】
■ビデオ 『Biography Brian Wilson : A Beach Boy's Tale』 …演奏もインタビューも部分収録。


P.ED.JPG - 15,325BYTES

DVD : 『エド・サリヴァン・ショー ロック・レヴォリューション4』
I Get Around
 


米TV番組 『エド・サリヴァン・ショー』 1964年9月27日放送(収録も同日)の回から。

ライブ演奏。ストライプのシャツを着て演奏。白黒。

この時一緒に放送された「Wendy」は 『エド・サリヴァン・ショー ゴールデン・エイジ・オブ・ロック3』 に収録されている。


【この映像を収録した他のソフト】
■DVD 『エド・サリヴァン・ショー ヒッツ・フロム・60's 4』 …1968年の「Do It Again」と一緒に収録。


DVD : 『エド・サリヴァン・ショー ゴールデン・エイジ・オブ・ロック3』
Wendy


米TV番組 『エド・サリヴァン・ショー』 1964年9月27日放送(収録も同日)の回から。

ライブ演奏。ストライプのシャツを着て演奏。白黒。


DVD : 『エド・サリヴァン・ショー ヒッツ・フロム・60's 4』
I Get Around/Do It Again


I Get Around」は米TV番組 『エド・サリヴァン・ショー』 1964年9月27日放送(収録も同日)の回から。
上で紹介したDVD 『エド・サリヴァン・ショー ロック・レヴォリューション4』 で見られるものと同じ。

Do It Again」は1968年10月13日放送(収録も同日)の回から。
カラオケで歌のみライブ(オケはこのために録音されたもの)。上下白のスーツを着用。カラー。

「Do It Again」と同じ日に放送された「Good Vibrations」はDVD 『エド・サリヴァン・ショー ロック・レヴォリューション1』 に収録されている。


【この映像を収録した他のソフト】
■「I Get Around」
 DVD 『エド・サリヴァン・ショー ロック・レヴォリューション4』
■「Do it Again」
 DVD&CD 『サイツ・アンド・サウンズ・オブ・サマー』 …フルコーラス収録。
 DVD 『アン・アメリカン・バンド』 …フルコーラス収録(56:22ごろ)。※画面には「1967」の字幕
 DVD 『エンドレス・ハーモニー』 …部分収録(1:02:41ごろ)。


DVD : 『エド・サリヴァン・ショー ロック・レヴォリューション1』
Good Vibrations
 


米TV番組 『エド・サリヴァン・ショー』 1968年10月13日放送(収録も同日)の回から。

カラオケで歌のみライブ(オケはこのために録音されたもの)。上下白のスーツを着用。カラー。


【この映像を収録した他のソフト】
■DVD&CD 『サイツ・アンド・サウンズ・オブ・サマー』 …フルコーラス収録。
■DVD 『アン・アメリカン・バンド』 …フルコーラス収録(44:34ごろ)。
■DVD 『エンドレス・ハーモニー』 …部分収録(49:43ごろ)。


『エド・サリヴァン・ショー』 旧ソフト

『エド・サリヴァン・ショー』 は、上記のDVD(2006年発売)が出る以前に、別内容で全10巻のビデオとして1999年に発売され、2000年と2004年には全5枚のDVDとして発売されていた。

こちらの商品には、「Wendy」以外の3曲(「I Get Around」「Do It Again」「Good Vibrations」)が収録されていた。

【VHSビデオ】 ※リンクはアマゾン
「I Get Around」 エド・サリバン・ショー ミュージック・アンソロジーVol.2/ザ・グレイト・ポップ・ミュージック1 [VHS]
「Good Vibrations」 エド・サリバン・ショー ミュージック・アンソロジーVol.7/60's サイケデリック&グルーヴ [VHS]
「Do It Again」 エド・サリバン・ショー ミュージック・アンソロジーVol.9/ベスト・ヒッツ・オブ67&68 [VHS]

【DVD(2000)】 ※リンク先はアマゾン
「I Get Around」 エド・サリヴァン・ショー ミュージック・アンソロジーDISK1 [DVD]
「Good Vibrations」 エド・サリヴァン・ショー ミュージック・アンソロジーDISK4 [DVD]
「Do It Again」 エド・サリヴァン・ショー ミュージック・アンソロジーDISK5 [DVD]

【DVD(2004)】 ※リンク先はアマゾン
「I Get Around」 エド・サリヴァン・ショー ミュージック・アンソロジー1 [DVD]
「Good Vibrations」 エド・サリヴァン・ショー ミュージック・アンソロジー4 [DVD]
「Do It Again」 エド・サリヴァン・ショー ミュージック・アンソロジー5 [DVD]



DVD : 『T.A.M.I.Show』(輸入盤)
Surfin'U.S.A./I Get Around/Sufer Girl/Dance, Dance, Dance


当時の人気ミュージシャンが多数出演した「T.A.M.I.(ティーン・エイジ・ミュージック・インターナショナル)Show」の演奏(カリフォルニア州サンタモニカ)。1964年10月28日開催。

ビーチ・ボーイズは単独で4曲を演奏し、出演者全員によるフィナーレにも参加。ストライプのシャツを着用。白黒。

このコンサートは映画館で上映するためにフィルムに収められ、ビーチ・ボーイズの映像は 『アン・アメリカン・バンド』 『エンドレス・ハーモニー』 で部分的に、『サイツ・アンド・サウンズ・オブ・サマー』 の付属DVDで4曲すべてがフルコーラス収録されていた。

左上のDVDは2010年に出たもので、この映画をまるごとDVD化しているので、フィナーレに参加したビーチ・ボーイズも見られる。
2016年にはブルーレイが出たが、1965年11月29日収録の「The Big T.N.T. Show」を併録している。ビーチ・ボーイズは出演してない。


【この映像を収録した他のソフト】
■単独演奏の全4曲
 DVD&CD 『サイツ・アンド・サウンズ・オブ・サマー』 …フルコーラス収録。
■「Surfin'U.S.A.」
 DVD 『アン・アメリカン・バンド』 …フルコーラス収録(2:37ごろ)。
■「I Get Around」
 DVD 『エンドレス・ハーモニー』 …部分収録(25:20ごろ)。
■「Sufer Girl」
 DVD 『アン・アメリカン・バンド』 …フルコーラス収録(8:49ごろ)。
 DVD 『エンドレス・ハーモニー』 …部分収録(14:16ごろ)。
■「Dance, Dance, Dance」
 DVD 『アン・アメリカン・バンド』 …部分収録(29:43ごろ)。


P.RSG.JPG - 133,121BYTES

ビデオ・LD : 『レディ・ステディ・ゴー (栄光の60年代ポップス) Vol.2』
I Get Around/When I Grow Up(To Be A Man)


英TV番組 『レディ・ステディ・ゴー!』 1964年11月6日放送(収録も同日)の回から。

ライブ演奏で、「When I Grow Up(To Be A Man)」ではイントロがうまく合わずに苦笑いしながらやり直している。
ストライプのシャツを着て演奏。白黒。

曲間の司会者によるインタビューも収録。

発売元を変えて何度かビデオとレーザーディスクで発売されていた。


DVD : 映画 『The Monkey's Uncle』(輸入盤)
The Monkey's Uncle


1965年8月18日にアメリカで公開されたアネット・ファニセロ(フニチェッロ)主演の映画。カラー。

冒頭のタイトルバックでアネットとビーチ・ボーイズがタイトル曲(シャーマン兄弟の作)を演奏している。
ビーチ・ボーイズはスーツ姿。

日本未公開で未ソフト化。左の商品は輸入DVD。

アネットはこの曲をシングルとしてリリースしており、ビーチ・ボーイズのバッキングが聴ける(アネットのベスト盤 などで入手可能)。


P.RRC1.JPG - 50,320BYTES

ビデオ・LD : 『ロックンロール・クラシックス Vol.1』
California Girls
 


米TV番組 『ジャック・ベニー・アワー』 1965年11月3日放送(収録は10月23日)から。

カラオケで歌のみライブ。

白黒で画質が非常に悪く、画面もトリミングされている。また、このビデオ用に英語の歌詞がテロップで入れられている。

同じ映像がDVD 『アン・アメリカン・バンド』 にも収録されており、そちらはカラーで非常に美しい画質だが、2点の編集がある。
1.歌い出しの部分がレコード・バージョンの音に差し替えられている。
2.エンディングの途中で音だけを残してジャック・ベニーらが登場する映像に変わってしまう

この 『ロックンロール・クラシックス Vol.1』 に収録されているものは上記の編集が施されておらず、マイクの歌は冒頭からライブ音声だし、エンディングも演奏をやめる所まで見られる。


【この映像を収録した他のソフト】
■DVD 『アン・アメリカン・バンド』 …カラー。演奏の後に続くコントの部分も収録(20:22ごろ)。


   VHSビデオ     レーザーディスク


P.RRC2.JPG - 36,817BYTES

ビデオ・LD : 『ロックンロール・クラシックス Vol.2』
Barbara Ann
 


上と同じ米TV番組 『ジャック・ベニー・アワー』 1965年11月3日放送(収録は10月23日)から。

上の「California Girls」では私服のような格好だが、こちらはストライプのシャツに白いズボンというおなじみのスタイル。ライブ演奏。


上のビデオと同様、白黒で画質が非常に悪く、画面もトリミングされている。また、このビデオ用に英語の歌詞がテロップで入れられている。


【この映像を収録した他のソフト】
■DVD 『Chronicles』 …カラー。


   VHSビデオ     レーザーディスク



2枚組

DVD : 『The Best Of Jack Benny』(輸入盤)
California Girls/Barbara Ann
 


上と同じ米TV番組 『ジャック・ベニー・アワー』 1965年11月3日放送(収録は10月23日)を収録したDVD。

左は2枚組で、下は4枚組
。どちらもビーチ・ボーイズ出演回をまるごと収録しているようだが、パブリック・ドメインの素材を使っており、白黒の上、画質はあまりよくないらしい。


    4枚組


P.NENKAN65.JPG - 8,557BYTES

ビデオ・LD : 『ロック映像年鑑 1965』
Help Me Rhonda
 


米TV番組 『シンディグ!』 1965年4月21日放送(収録も同日)の回から。

カラオケで歌のみライブ。ストライプのシャツに白いズボンというおなじみのスタイル。白黒。

ほぼフルコーラス収録されているが、画面下部にこのビデオ用に入れられた曲解説の英文テロップが流れる。

DVD 『アン・アメリカン・バンド』 に収録されている「Fun, Fun, Fun」(12:00ごろ)と「Please Let Me Wonder」(31:08ごろ)、およびDVD 『エンドレス・ハーモニー』 に収録されている「Do You Wanna Dance?」(17:18ごろ)は同じ番組からの映像(すべて部分収録)。


【この映像を収録した他のソフト】
■DVD 『エンドレス・ハーモニー』 …部分収録(29:54ごろ)。
■DVD 『Chronicles』 …フルコーラス収録。


   VHSビデオ       VHSビデオ      レーザーディスク


P.NENKAN66.JPG - 9,161BYTES

ビデオ・LD : 『ロック映像年鑑 1966』
Sloop John B/Good Vibrations
 


1966年4月24日に撮影された「Sloop John B」のプロモ・フィルムと、1969年7月3日放送(収録は6月30日)のオランダのTV番組 『ザ・レイダーズ・アンド・ザ・ビーチ・ボーイズ』 から「Good Vibrations」を収録。

ほぼフルコーラス収録されているが、画面下部にこのビデオ用に入れられた曲解説の英文テロップが流れる。


Sloop John B」のプロモ・フィルムは英TV番組 『トップ・オブ・ザ・ポップス』 で放送するために作られたもので、1966年4月24日に撮影され、同年5月12日と6月16日に放送されている。

ブライアンの自宅のプールで、メンバーがゴムボートに乗ったり落ちたりする内容。白黒。

オリジナルの音声には水しぶきの効果音が入っている(このビデオも効果音入り)。


【この映像を収録した他のソフト】
■DVD&CD 『サイツ・アンド・サウンズ・オブ・サマー』 …フルコーラス収録、効果音入り。
■DVD 『エンドレス・ハーモニー』 …特典映像はフルコーラス収録で効果音入り、本編は部分収録で効果音なし(38:10ごろ)。
■DVD-Audio 『Pet Sounds』 …フルコーラス収録、効果音入り。
■DVD&CD : 『ペット・サウンズ 40thアニヴァーサリー・エディション』 …フルコーラス収録、効果音なし。
■DVD 『アン・アメリカン・バンド』 …音声は「Wouldn't It Be Nice」で部分収録(35:07ごろ)。


Good Vibrations」は1969年7月3日放送(収録は6月30日)のオランダのTV番組 『ザ・レイダーズ・アンド・ザ・ビーチ・ボーイズ』 から。

くちパクで白黒。衣装はメンバーそれぞれバラバラ。

同じ番組で放送された他の曲はこのビデオ・シリーズの1969年と1970年の巻で見られる。

また、WOWOWの 『ザ・ビーチ・ボーイズ ライブ in the 60's』 (2012年10月13日初回放送)の中で、曲間のMCの部分も含めて放送されている


   VHSビデオ          VHSビデオ      レーザーディスク


P.NENKAN68.JPG - 8,649BYTES

ビデオ・LD : 『ロック映像年鑑 1968』
Do It Again
 


「Do It Again」のリリース時に作られたカラーのプロモ・フィルムを収録。ただしこのビデオで見られるものは 『エド・サリヴァン・ショー』 に出演した時の映像がところどころで中途半端にオーバーラップされる。

ブライアン以外のメンバーがサーフィン用品店に行き、サーフィンをする、といった内容。

ほぼフルコーラス収録されているが、画面下部にこのビデオ用に入れられた曲解説の英文テロップが流れる。

1969年にドイツのTV番組 『ビート・クラブ』 に出演した際、「Surfin' U.S.A.」を歌うメンバーのバックにこのフィルムが流れていた。


   VHSビデオ       VHSビデオ      レーザーディスク


P.NENKAN69.JPG - 10,316BYTES

ビデオ・LD : 『ロック映像年鑑 1969』
Break Away/I Can Hear Music


1969年7月3日放送(収録は6月30日)のオランダのTV番組 『ザ・レイダーズ・アンド・ザ・ビーチ・ボーイズ』 から。

どちらもくちパクで白黒。衣装はメンバーそれぞれバラバラ。

ほぼフルコーラス収録されているが、画面下部にこのビデオ用に入れられた曲解説の英文テロップが流れる。

同じ番組で放送された他の曲はこのビデオ・シリーズの1966年と1970年の巻で見られる。

また、WOWOWの 『ザ・ビーチ・ボーイズ ライブ in the 60's』 (2012年10月13日初回放送)の中で、曲間のMCの部分も含めて放送されている

「I Can Hear Music」
演奏中に別のカメラで撮られたカラー映像がDVD 『エンドレス・ハーモニー』 で少し見られる(1:10:45ごろ)。


   VHSビデオ        VHSビデオ      レーザーディスク


P.NENKAN70.JPG - 9,248BYTES

ビデオ・LD : 『ロック映像年鑑 1970』 
Cottonfields


1969年7月3日放送(収録は6月30日)のオランダのTV番組 『ザ・レイダーズ・アンド・ザ・ビーチ・ボーイズ』 から。

くちパクで白黒。衣装はメンバーそれぞれバラバラ。

ほぼフルコーラス収録されているが、画面下部にこのビデオ用に入れられた曲解説の英文テロップが流れる。

同じ番組で放送された他の曲はこのビデオ・シリーズの1966年と1969年の巻で見られる。

また、WOWOWの 『ザ・ビーチ・ボーイズ ライブ in the 60's』 (2012年10月13日初回放送)の中で、曲間のMCの部分も含めて放送されている


   VHSビデオ       VHSビデオ      レーザーディスク


DVD : 『ザ・スウィンギング 60's ザ・ビーチ・ボーイズ』


1966年11月6日から14日までのイギリス・ツアー中に撮影された映像を収録。カラー。約75分。2006年発売。

この作品は2005年に製作されたもので、ヒースロー空港到着の様子(6日)/車で移動し、EMI 本社で記者会見(7日)/ポートベロー・ロード地区の古着屋を訪ねるデニスとアル(14日)/ハマースミス・オデオンでのライブ(14日)/楽屋での様子やリハーサル演奏(14日?)といった映像から編集されている。

映像に合った音声は収録されておらず、代わりにメンバーのインタビュー(1968年ごろ?)が収録されている。ただし古着屋の場面ではその時に録られたと思われる店員との会話などが聴ける(映像とぴったりとは一致していないが)。

ハマースミス・オデオンでのライブの映像が流れる部分には、別の時のライブ音声(60年代の2枚の公式ライブ・アルバムから「Good Vibrations」「Sloop John B」「Long Tall Texan」)や
モーガン・テープス」の曲を無理やり当てている。

もともと、この映像はピーター・ホワイトヘッドによって撮影されたもので、撮影後に 『ビーチ・ボーイズ・イン・ロンドン』 というタイトルの20分の作品に編集され(マリアンヌ・フェイスフルがナレーションをつけた)、その抜粋を編集した2種類のフィルムが1966年11月10日と17日に英TV番組 『トップ・オブ・ザ・ポップス』 で「Good Vibrations」に合わせて放送された(書籍 『ザ・ビーチ・ボーイズ・ダイアリー』 の1966年10月10日で「Good Vibrations」の4つのプロモ・フィルムとして紹介されているうちの「フィルム3」と「4」)。

このDVDは最後の4分ぐらいだけ白黒になるのだが、それが「フィルム4」なのではないかと思う。



2012年発売

DVD : 『ザ・ビーチ・ボーイズ サーフィン・サクセス』


上の 『ザ・スウィンギング 60's』 と同じリチャード・ドリスコル監督による2008年のドキュメンタリー(と言えるほどのものではないが)。約47分。2012年発売。

上の 『ザ・スウィンギング 60's』 と他の映像作品(『アン・アメリカン・バンド』 と 『グッド・ヴァイブレーションズ・ツアー』)の映像・音声をツギハギして、ナレーションとテロップで強引にヒストリーものっぽくした作品。

使用されている曲は 『ザ・スウィンギング 60's』 同様、60年代の公式ライブ・アルバムと
モーガン・テープス」の音源を使用。

冒頭に出る「1966年10月14日」というテロップは「11月14日」の間違い。


   2013年発売
 


DVD : 『ビート・クラブ2』
Bluebirds Over The Mountain/Do It Again/California Girls/Break Away/Surfin' U.S.A.


ドイツのTV番組 『ビート・クラブ』 の全話を収録したDVDシリーズの2巻目。ビーチ・ボーイズの全出演分を収録。すべてくちパクで白黒。

Bluebirds Over The Mountain」「Do It Again」「California Girls」は1968年12月12日に収録され、放送は1968年12月31日(Bluebirds Over The Mountain)と1969年1月25日(Do It Again)と1969年3月29日(California Girls)。
全員が上下白のスーツを着用。
「Bluebirds Over The Mountain」の収録時の舞台裏をカラー撮影したものがDVD 『アン・アメリカン・バンド』 で少し見られる(1:04:17ごろ。バックのBGMは「I Can Hear Music」)。

Break Away」と「Surfin' U.S.A.」は1969年6月3日に収録され、放送は同年6月7日(Break Away)と8月2日(Surfin' U.S.A.)。
上下白のスーツを着用。ただしマイクだけは白いマント(?)のような衣装。
「Surfin' U.S.A.」では歌うメンバーのバックに上で紹介した「Do It Again」のプロモ・フィルムが流れる。

この 『ビート・クラブ』 の映像はこれまで日本でもいろいろな形で商品化されてきたが、ほとんどは曲の頭にカブる司会者の曲紹介がカットされるため、イントロの途中からフェイド・インするものが多かった。このDVDでは全出演分が番組まるごと見られるようになった。
権利関係の理由とかで、日本語字幕は入っていない。


【この映像を収録した他のソフト】
■DVD 『Special Edition EP』 …「California Girls」「Do It Again」「Break Away」「Surfin' U.S.A.」を収録。
■ビデオ・LD 『ビートクラブ〜黄金のロック伝説Vol.3』 …「California Girls」と「Do It Again」を収録。
■VSD 『カリフォルニア・ガールズ』 …「California Girls」を収録。 
■DVD 『so you wanna be a Rock'n'Roll Star』 …「Do It Again」を収録。
■ビデオ・LD 『MTVロック・クラシックス』 …「Surfin' U.S.A.」を収録。 
■DVD 『Legend Of Rock - Super Best DVD』 …「Surfin' U.S.A.」を収録。





パッケージ違いで
同内容

DVD : 『Special Edition EP』(輸入盤)
California Girls/Do It Again/Break Away/Surfin' U.S.A.


ドイツのTV番組 『ビート・クラブ』 から4曲の映像を収録。すべてイントロの途中からフェイド・インする。

1968年12月12日収録分 
Do It Again(1969年1月25日放送) / California Girls(1969年3月29日放送)
1969年6月3日収録分 
Break Away(1969年6月7日放送) / Surfin' U.S.A.(1969年8月2日放送)


【この映像を収録した他のソフト】
■DVD 『ビート・クラブ2』 …上記4曲と「Bluebirds Over The Mountain」を収録。番組をまるごと収録したボックス。
■ビデオ・LD 『ビートクラブ〜黄金のロック伝説Vol.3』 …「California Girls」と「Do It Again」を収録。
■VSD 『カリフォルニア・ガールズ』 …「California Girls」を収録。 
■DVD 『so you wanna be a Rock'n'Roll Star』 …「Do It Again」を収録。
■ビデオ・LD 『MTVロック・クラシックス』 …「Surfin' U.S.A.」を収録。 
■DVD 『Legend Of Rock - Super Best DVD』 …「Surfin' U.S.A.」を収録。 



P.BC3.JPG - 109,814BYTES

ビデオ・LD : 『ビート・クラブ〜黄金のロック伝説 Vol.3/カリフォルニア・コーリング』
California Girls/Do It Again


2曲ともドイツのTV番組 『ビート・クラブ』 から。「California Girls」ではイントロにカブる女性司会者の曲紹介がカットされていない。


【この映像を収録した他のソフト】
■DVD 『ビート・クラブ2』 …ビーチ・ボーイズの全出演分(5曲)を収録。番組をまるごと収録したボックス。 
■DVD 『Special Edition EP』 …「California Girls」のイントロ部分はカットされ、フェイド・インで始まる。
■VSD 『カリフォルニア・ガールズ』 …「California Girls」を収録。
■DVD 『so you wanna be a Rock'n'Roll Star』 …「Do It Again」を収録。

 
    VHSビデオ     レーザーディスク


P.VSDCG.JPG - 176,366BYTES

VSD(ビデオ・シングル・ディスク) : 『カリフォルニア・ガールズ』
California Girls


ドイツのTV番組 『ビート・クラブ』 から。上で紹介した 『ビートクラブ〜黄金のロック伝説Vol.3』 に収録されているものと同じで、イントロにカブる女性司会者の曲紹介がカットされていない。

この商品は、「California Girls」1曲のみが収録されたVSD(ビデオ・シングル・ディスク)。CDサイズのLDみたいなもので、現在では作られていない規格。


【この映像を収録した他のソフト】
■DVD 『ビート・クラブ2』 …ビーチ・ボーイズの全出演分(5曲)を収録。番組をまるごと収録したボックス。
■DVD 『Special Edition EP』 (イントロ部分はカットされ、フェイド・インで始まる) 
■ビデオ・LD 『ビートクラブ〜黄金のロック伝説Vol.3』 …同じ日に収録された「Do It Again」も収録。 


DVD : 『so you wanna be a Rock'n'Roll Star』(輸入盤)
Do It Again


ドイツのTV番組 『ビート・クラブ』 から。2003年発売。


【この映像を収録した他のソフト】
■DVD 『ビート・クラブ2』 …ビーチ・ボーイズの全出演分(5曲)を収録。番組をまるごと収録したボックス。
■DVD 『Special Edition EP』…「California Girls」「Do It Again」「Break Away」「Surfin' U.S.A.」を収録。
■ビデオ・LD 『ビートクラブ〜黄金のロック伝説Vol.3』 …同じ日に収録された「California Girls」も収録。


P.MTV.JPG - 8,627BYTES

ビデオ・LD : 『MTV ロック・クラシックス 栄光の60年代』
Surfin' U.S.A.


ドイツのTV番組 『ビート・クラブ』 から。


【この映像を収録した他のソフト】
■DVD 『ビート・クラブ2』 …ビーチ・ボーイズの全出演分(5曲)を収録。番組をまるごと収録したボックス。
■DVD 『Special Edition EP』…「California Girls」「Do It Again」「Break Away」「Surfin' U.S.A.」を収録。
■DVD 『Legend Of Rock - Super Best DVD』 


DVD : 『Legend Of Rock - Super Best DVD』
Surfin' U.S.A.


ドイツのTV番組 『ビート・クラブ』 から。2010年発売。


【この映像を収録した他のソフト】
■DVD 『ビート・クラブ2』 …ビーチ・ボーイズの全出演分(5曲)を収録。番組をまるごと収録したボックス。
■DVD 『Special Edition EP』…「California Girls」「Do It Again」「Break Away」「Surfin' U.S.A.」を収録。
■ビデオ・LD 『MTV ロック・クラシックス 栄光の60年代』 


DVD : 『Sensational Sounds Of The 70's Vol.2』(輸入盤)
You Need A Mess Of Help To Stand Alone/Don't Go Near The Water


イギリスの映画館で上映された音楽フィルム 『ミュージック・アンリミテッド』 のDVD化で、ビーチ・ボーイズの「You Need A Mess Of Help To Stand Alone」と「Don't Go Near The Water」が含まれている。

1972年5月25日に撮影されたもので、ブロンディ・チャップリンとリッキー・ファターを加えた6人体制(他はデニス、カール、マイク、アル)。

どちらもくちパクでカラーだが、色はずいぶん退色している。

【収録曲】
1. Christie - One More For The Road / 2. David Elliot - Invisible Man / 3. Equals - Black-skinned Blue-eyed Boy / 4. Brotherhood Of Man - United We Stand / 5. Beach Boys - You Need A Mess Of Help To Stand Alone / 6. Emitt Rhodes - Lady Love / 7. Mungo Jerry - Alright All Right Alright / 8. Tony Hazard - When You Hear Me Sing The Blues / 9. Hot Chocolate - You Could Have Been A Lady / 10. Laura - Tell The World / 11. Heathmore - Come Back / 12. Silvia McNeil - Walking With My Baby / 13. Beach Boys - Don't Go Near The Water / 14. Slade - Get Down & Get With It / 15. Tony Kelly - We're Making The Same Mistake / 16. Chris Andrews - Lady Belinda / 17. New World - Leaving Home / 18. Dana - Isn't It A Pity / 19. Gene Pitney - 24 Hours From Tulsa / 20. Kris Kristofferson - Loving Her / 21. Mungo Jerry - In The Summertime / 22. Kenny Young - Oh Rosalie / 23. The Flirtations - Take Me In Your Arms And Love Me / 24. New World - Sister Jane / 25. Ashton, Gardner & Dyke - Remo Four / 26. White Plains - No Beginning, No End / 27. Lulu - Resurrection Shuffle / 28. T. Rex - Jeepster / 29. Emitt Rhodes - I Really Wanted You / 30. Silvia McNeil - I Can't Get You Out Of My Heart / 31. The Flirtations - Hold On To Me Babe / 32. Gilbert O'Sullivan - Nothing Rhymed / 33. Leslie Duncan - Sing Children Sing / 34. Sweet - Genie / 35. Tom Paxton - General Custer's Last Stand / 36. Mary Hopkin - There Is Nothing More I Can Say / 37. Canned Heat - On The Road Again / 38. Gene Pitney - It's Not That I Don't Love You / 39. Christie - Yellow River / 40. Ashton, Gardner & Dyke - I've Got To Get Back To You



2015年発売

DVD : 『グッド・ヴァイブレーションズ・ツアー』 


アルバム 『15ビッグ・ワンズ』 発売に合わせて1976年8月5日にアメリカで放送された特別番組 『ザ・ビーチ・ボーイズ』 のDVD化。番組中のライブ映像は7月3日のカリフォルニアのアナハイム・スタジアムでのもの。それ以外の主だった部分の撮影は6月20日(ブライアンの誕生日)に行われた。

【使用されたライブ演奏】
Fun, Fun, Fun / Be True To Your School /
God Only Knows / I Get Around / You Are So Beautiful / Good Vibrations(リハーサル+本番)/ Sloop John B. / Surfin' U.S.A. / California Girls / Help Me, Rhonda / It's OK / Rock And Roll Music / Wouldn't It Be Nice(エンディング・タイトルのBGM)

【この番組のために撮影された演奏】
I'm Bugged At My Ol' Man ブライアンがピアノを弾き、デニスとカールがコーラス。
That Same Song ゴスペル聖歌隊とビーチ・ボーイズの共演。

このDVDには50分の番組をまるごと収録。この番組で撮影された映像(メンバーのインタビュー、ブライアンの誕生パーティ、サーフィンさせられるブライアンなど)は 『アン・アメリカン・バンド』 にも使用され、ライブの映像は 『アン・アメリカン・バンド』 『エンドレス・ハーモニー』 にも部分的に
使用されている。

『アン・アメリカン・バンド』 の1:19:25でメンバーがピアノを囲んで「Surfer Girl」を歌う部分もこの時に撮影されたものではないかと思われる。


【この映像を収録した他のソフト】
■DVD 『アン・アメリカン・バンド』 …この時に撮影された素材を再編集して使用(ほとんどは未使用の部分)。
■ライブの映像
 DVD 『アン・アメリカン・バンド』 …編集された「Rock 'n' Roll Music」(1:20:55ごろ)/「You Are So Beautiful」(1:25:27ごろ。別カットの映像を少しだけ含む。デニスのMCは別のライブから)。
 DVD 『エンドレス・ハーモニー』 …「California Girls」を部分収録(1:21:48ごろ)。

   2004年発売       2010年発売
 


DVD : 『オール・ユー・ニード・イズ・ラヴ』


1977年にイギリスでTV放送された全17回の音楽ドキュメンタリー 『All You Need Is Love - The Story Of Popular Music』 の1エピソード。53分。

19世紀半ば〜1976年までのポピュラー音楽をジャンルごとに探求したもので、この回はビートルズを中心とした1960年代のロック・シーンがテーマ。

同時代のミュージシャンとしてビーチ・ボーイズも登場。
マイクとカールの短いインタビューが見られる。

また、断片的だが米TV 『シンディグ!』 の1965年放送分からの演奏シーンも使われている。
Do You Wanna Dance? → DVD 『エンドレス・ハーモニー』 にも収録
Fun, Fun, Fun → DVD 『アン・アメリカン・バンド』 にも収録

この番組はCS放送の「MUSC AIR」で 『ポップミュージック歴史秘話』 のタイトルで2011〜2012年に全17話が放送された。


DVD : 『The Midnight Special - Live On Stage 1979』(輸入盤)


アメリカで1973年〜1981年まで放送された音楽番組 『ザ・ミッドナイト・スペシャル』 の1979年4月27日放送の回から「Good Vibrations」を収録(収録は2月26日)。

ブライアン、カール、デニス、マイク、アル、ブルースの6人で出演。

この回ではビーチ・ボーイズがホストを務め、「Good Vibrations」「Here Comes The Night」「Surfin' U.S.A.」「Angel Come Home」「Lady Lynda」を演奏し、ロジャー・マッギンとウルフマン・ジャックと一緒に「Rock And Roll Music」を披露(ライブ演奏だが「Here Comes The Night」はくちパクっぽい)。

この回の他のゲストは、マッギン、クラーク&ヒルマンとブロンディとタヴァレス。


【このソフトについて】 ※タイトルのリンク先はアマゾン、曲目のリンク先は Discogs

1973曲目) More1973曲目) 1974曲目) More1974曲目) 1975曲目) More1975曲目
1976曲目) More1976曲目) 1977曲目) More1977曲目) 1978曲目) More1978曲目
1979曲目) More1979曲目) 1980(曲目) More1980曲目) Million Sellers曲目
1973年〜1980年までを1年で2枚ずつDVD化したもの。2006年〜2007年発売。

11DVD Box曲目
2014年発売の11枚組のボックス・セット。上に収録の映像の一部と初ソフト化の映像を含む(ディスク9はコメディアンのコント集で、ディスク10はインタビュー集)。

また、こちらの7枚組ボックスの7枚目は上にも未収録の演奏を収録している。
7DVD Box(曲目はアマゾンUKのカスタマーレビューで)

ビーチ・ボーイズに関しては 『1979』 に「Good Vibrations」が収録されているのみ。



2015年発売


2010年発売

DVD : 『ライヴ・アット・ネブワース』


1980年6月21日、イギリスのネブワースでのコンサート。70分。

酒と薬物に依存し、ステージでも協調性を欠く行動を起こすおかげで前年にライブをおろされていたデニスも参加。6人(ブライアン、デニス、カール、マイク、アル、ブルース)全員が揃ったライブ。

【収録曲】
1. Intro /2. California Girls /3. Sloop John B. /4. Darlin' /5. School Days /6. God Only Knows /7. Be True To Your School /8. Do It Again /9. Little Deuce Coupe /10. Cotton Fields /11. Heroes And Villains /12. Keepin' The Summer Alive /13. Lady Lynda /14. Surfer Girl /15. Help Me, Rhonda /16. Rock And Roll Music /17. I Get Around /18. Surfin' U.S.A. /19. You Are So Beautiful /20. Good Vibrations /21. Barbara Ann /22. Fun, Fun, Fun

「Darlin'」は1998年のレア・トラック集CD 『エンドレス・ハーモニー』 で一足早くディスク化されていた。

ビデオ・DVDと同時にCDも発売された。収録曲はどちらも同じだが、DVDは頭と終りに「Good Timin'」をBGMにしたアルのコメントが入っている。


【この映像を収録した他のソフト】
■DVD 『エンドレス・ハーモニー』 …2曲を部分収録。「God Only Knows」(46:21ごろ)/「Darlin'」(1:24:37ごろ)

※CDの曲目で1曲目を「Good Timin'」にしているものがあるが間違い(DVDと混同している)。


 2001年発売(VHS)     2001年発売     2003年発売       2005年発売      2008年発売


DVD : 『ビーチ・ボーイズ・イン・コンサート(ア・セレブレーション・コンサート)』


1980年7月4日、ワシントンDCでの建国記念日ライブ。このライブも6人全員参加。56分。

【収録曲】
1. Intro /2. Darlin'/3. Do It Again /4. Sloop John B. /5. Little Deuce Coupe /6. Catch A Wave /7. School Days /8. Good Timin' /9. Help Me, Rhonda /10. God Only Knows /11. Keepin' The Summer Alive /12. Be True To Your School /13. Rock And Roll Music /14. I Get Around /15. Surfin' U.S.A. /16. Good Vibrations /17. Barbara Ann /18. Fun, Fun, Fun

上の寒い夜のイギリスと対照的な、明るい昼のアメリカのライブ。

かつて 『ア・セレブレーション・コンサート』 のタイトルで早くからビデオ化されていたが、その後 『ビーチ・ボーイズ・イン・コンサート』 と題されDVD化された。


【この映像を収録した他のソフト】
■DVD 『アン・アメリカン・バンド』 …「Fun, Fun, Fun」を部分収録(1:29:22ごろ)。


DVD : 『ライヴ・エイド』
Wouldn't It Be Nice/Good Vibrations/Surfin' U.S.A.


1985年7月13日、世界各国に同時中継されたライブ・エイド。アメリカ側ステージはフィラデルフィア。

ブライアンも参加しての5人体制(ブライアン、カール、マイク、アル、ブルース)。

自分たちの出番以外でも、ブライアン以外の4人がREOスピードワゴンの「Roll With The Changes」のコーラスに参加している。

4枚組DVDボックス 『ライヴ・エイド』 で20年後にようやく商品化された。


ビデオ・LD : 『25イヤーズ・トゥゲザー』


1986年12月12日、ハワイのホノルルで行われた結成25周年記念ライブ。ブライアンも参加しての5人体制(ブライアン、カール、マイク、アル、ブルース)。86分。

レイ・チャールズ、ベリンダ・カーライル、エヴァリー・ブラザーズ、グレン・キャンベル、スリー・ドッグ・ナイトなどのゲストが参加。

【収録曲】
Barbara Ann / Help Me, Rhonda〜Fun, Fun, Fun / California Girls〜California Dreamin' / Sail On, Sailor(レイ・チャールズと共演)/ Sloop John B. / Do It Again / Barbara Ann / Friends And Lovers〜I Can Hear Music(グロリア・ロリングと共演)/ In Cars(グレン・キャンベル)/ Little Deuce Coupe〜Little Old Lady from Pasadena〜I Get Around(グレン・キャンベルと共演)/ Barbara Ann /Rock And Roll Music(ファビュラス・サンダーバーズと共演)/ Be True To Your School / Don't Worry Baby〜Getcha Back〜Wake Up Little Susie(エヴァリー・ブラザーズと共演)/ Surfer Girl / Come Go With Me / Disney Girls / God Only Knows(ジェフリー・オズボーンと共演)/ Surfin' U.S.A.(ジョー・ピスコポのパロディ・ソング)/ Surfer Girl〜Surf City〜Surfin' U.S.A.(ポール・シェイファーと共演)/ Wouldn't It Be Nice〜Band Of Gold(ベリンダ・カーライルと共演)/ Darlin'(スリー・ドッグ・ナイトと共演)/ Heaven / Good Vibrations / Spirit Of Rock'n'Roll

テレビ放送用に作り込まれたショーのようで、全員がカメラ目線でMCしたりする。演奏にしても歓声にしても、あとからの加工がかなりありそう。


 P.WOCDV.JPG - 27,734BYTES

CDV : 『ワイプアウト』
Wipe Out


1987年に出たファット・ボーイズとの共演によるシングル。

「CDV(CDビデオ)」という形式(デジタル音声20分とアナログ映像5分が収録できる規格)で発売された。オーディオ・パートにこの曲を含むファット・ボーイズの曲を4曲、ビデオ・パートに「Wipe Out」のビデオクリップを収録。

ファット・ボーイズとブライアン、マイク、アル、ブルースの4人が出演している。

現在ではこの規格の商品は作られていない。




第1集

DVD : 『ロックの殿堂 「Rock and Roll Hall of Fame Live」』
     『ロックの殿堂2 「Rock and Roll Hall of Fame Live 2」』


1988年1月20日、ビーチ・ボーイズが殿堂入りしたロックの殿堂授賞式にブライアン、カール、マイク、アル、ブルースの5人で出席。

エルトン・ジョンに紹介され、ブライアン、カール、マイク、アルがステージに上がってスピーチ、その後、出席していた多数のミュージシャンが参加してロックの名曲が10曲ほど演奏された(ブルースは間に合わなかったのかスピーチには姿を見せていないが、演奏には参加している)。

この年にはビートルズも殿堂入りしており、ジョージ・ハリスンとリンゴ・スター(とオノ・ヨーコ)は出席したが、ポール・マッカートニーはメンバー間の法的な争いの決着がついていないことを理由に欠席した。これに対してマイクは自分たちのスピーチの終了後に強い口調で非難を始め、さらにミック・ジャガーをはじめとするその夜の出席者を挑発するような演説をぶち、物議を呼んだ。

この2つのDVD BOXはそれぞれ5枚組で、第1集にはエルトン・ジョンによるビーチ・ボーイズの紹介と、それを受けるビーチ・ボーイズのスピーチ(マイクの長い演説も)、さらにその後行われた大人数のジャム・セッションから 「I Saw Her Standing There」と「(I Can't Get No)Satisfaction」を収録、第2集には「Stand By Me」を収録。

ミック・ジャガーやブルース・スプリングスティーンらがフロントに出て、マイクも少しフロントに立つが、他のメンバーは後ろの方で歌っているだけ(もちろんブライアンは立っているだけ)。

また、この商品には、ブライアンが単独で出席した1987年の授賞式の映像も含まれている。
ブライアンの映像ページへ 

ツタヤでは、このボックス内のDVDをオンデマンド方式により単品で販売していたが、現在は終了。
DISC 2 「(I Can't Get No)Satisfaction」を収録


           第2集


DVD : 『フルハウス(セカンド・シーズン) セット1』


ビーチ・ボーイズがゲスト出演した米TVドラマ。

アメリカで1988年11月18日に放送された第2シーズン6話「ビーチ・ボーイズがやってきた!(Beach Boy Bingo)」に5人(ブライアン、カール、マイク、アル、ブルース)で出演。

タナー家にビーチ・ボーイズがやってきてコンサートに招待するという内容で、番組のラストには1988年11月5日にLAで撮影されたライブ映像(出演者が「タナー一家」としてステージに上がる)が使われている。曲は「Kokomo」と「Barbara Ann」。

ジェシー役のジョン・ステイモスはビーチ・ボーイズのライブにパーカッションで参加したり、「Kokomo」のビデオ・クリップに出演したり、アルバム 『サマー・イン・パラダイス』 で「Forever」のボーカルを務めたりしている。

この番組には他にも以下の回でメンバーが出演している。 ※リンクはアマゾン
■第3シーズン24話「みんなでテレソン(Our Very First Telethon)」(1990年5月4日放送)
 マイクのみ出演。→ フルハウス(サード・シーズン)セット2
■第5シーズン25話「フォーエバー再び[前編](Captain Video : Part1)」(1992年5月5日放送)
 マイクとブルースが出演。→ フルハウス(フィフス・シーズン)セット2
■第5シーズン26話「フォーエバー再び[後編](Captain Video : Part2)」(1992年5月12日放送)
 劇中で流れる「Forever」のビデオ・クリップ(歌はジョン・ステイモス)にマイク、カール、ブルースが出演。
  → フルハウス(フィフス・シーズン)セット2


DVD : 『ナッシュビル・サウンズ』


1996年リリースのアルバム 『Stars And Stripes Vol.1』 のメイキング・ビデオ。57分。

ひさしぶりにメンバー全員(ブライアン、カール、マイク、アル、ブルース)が揃った楽しげな録音風景とインタビューで構成。

【収録曲】
1. Don't Worry Baby(with Lorrie Morgan)/2. The Warmth Of The Sun(with Willie Nelson)/3. Little Deuce Coupe(with James House)/4. Sail On Sailor(with Rodney Crowell)/5. Caroline, No(with Timothy B.Schmit)/6. 409(with Junior Brown)/7. Sloop John B.(with Collin Raye)/8. Long Tall Texan(with Doug Supernaw)/9. I Get Around (with Sawyer Brown)/10. Be True To Your School(with Toby Keith)/11. Help Me, Rhonda(with T.Graham Brown)/12. In My Room(withTammy Wynette)/13. I Can Hear Music(with Kathy Troccoli)/14. Do It Again/15. Barbara Ann

14と15はテネシー・ステイト・フェアグラウンズで行われた「インターナショナル・カントリー・ミュージック・ファン・フェアー」のライブ。

アルバムに入っている「Fun, Fun, Fun(with Ricky Van Shelton)」の映像はない(エンド・クレジットでメイン・ボーカル抜きのバージョンが流れるだけ)。
また、「Sail On Sailor(with Rodney Crowell)」と「In My Room(withTammy Wynette)」はアルバムには入っていない(「In My Room」はTammy Wynetteの1998年のアルバム 『Remembered』 に収録)。


【この映像を収録した他のソフト】
■DVD 『エンドレス・ハーモニー』 …「Do It Again」のライブ映像を部分収録(1:34:57ごろ)。





輸入盤

DVD&CD : 『サイツ・アンド・サウンズ・オブ・サマー』


2003年に出たベスト盤。CDのみの 『サウンズ・オブ・サマー』 とDVD付きの 『サイツ・アンド・サウンズ・オブ・サマー』 が出た。

DVDには以下の10曲をすべてフルコーラスで収録。

1. Surfin' U.S.A. (live on the T.A.M.I. Show, 1964)
2. I Get Around (〃)
3. Surfer Girl (〃)
4. Dance, Dance, Dance (〃)
このページの 『T.A.M.I. Show』 の項を参照のこと。

5. Little Deuce Coupe (live from The Lost Concert, 1964)
このページの 『ライヴ 1964』 の項を参照のこと。

6. Sloop John B. (promotional video, 1966)
1966年4月24日撮影。メンバーがプールでふざける映像。水の効果音付きのオリジナル音声版。
ビデオ 『ロック映像年鑑 1966』、DVD 『エンドレス・ハーモニー』 や 『ペット・サウンズ』 の「DVD-Audio版」及び「40周年記念盤」などにも収録されている(40周年記念盤のみリマスターされた音声をカブせ直してある)。
映像自体はドキュメンタリー 『アン・アメリカン・バンド』 『エンドレス・ハーモニー』 でも使用されていた。

7. Pet Sounds promotional film (1966)
1966年4月25日撮影。メンバーの仲間に入れてもらえないマイクが怪物(森の精?)と仲良く靴を磨くという内容。
『ペット・サウンズ』 の「DVD-Audio版」及び「40周年記念盤」にも収録されているが、そちらは音声をカブせ直してあり、ここに収録されたものはオリジナル音声のままのようである(音質が良くない)。
映像自体はドキュメンタリー 『アン・アメリカン・バンド』 『エンドレス・ハーモニー』 でも使用されていた。

8. God Only Knows (live montage, 1967/1968)
1967年8月25日のハワイでのライブ映像に、アルバム 『ライヴ・イン・ロンドン』(1968年12月8日)の音声をカブせたもので、ドキュメンタリー 『アン・アメリカン・バンド』 からの抜粋(ただしマイクのMCを少し編集してある)。

9. Good Vibrations (live on The Ed Sullivan Show, 1968)
10. Do It Again (〃)
このページの 『エド・サリヴァン・ショー』 の項を参照のこと。


DVD-Audio : 『Pet Sounds』(輸入盤)


2003年発売のDVD-Audio。

片面がDVD-Audio、反対側が通常のDVDというハイブリッド・ディスクで、DVD-Audio対応でなくても、DVDプレーヤーがあればとりあえず音は聴ける(音声の内容についてはこちらを)。

映像パートには以下を収録(プロモ・フィルムはすべてフルコーラス収録)。
■『ペット・サウンズ・セッションズ』 の宣伝用ビデオを編集したドキュメンタリー(約15分)
■「Sloop John B.」 オリジナル・プロモ・フィルム(プールのやつ。効果音付きのオリジナル音声)
■『ペット・サウンズ』 アルバム・プロモ・フィルム(森のやつ。きれいな音声にカブせ直してある)
■「Sloop John B.」 新プロモ・フィルム(欧州ライブの映像で構成)

他に、フォト・ギャラリー(100枚以上の写真が見られる)や文字情報(ブライアンのメッセージやデヴィッド・リーフのライナーなど)も収録。


DVD&CD : 『ペット・サウンズ 40thアニヴァーサリー・エディション』


2006年発売。『ペット・サウンズ』 発売40周年を記念して出たCDとDVDの2枚組(CDの内容についてはこちらを)。

DVDには以下の映像を収録(プロモ・フィルムはすべてフルコーラス収録)。
■『メイキング・オブ・ペット・サウンズ』
 新たに編集されたドキュメンタリー。これまでに発表された映像がほとんどだが、一部未発表のインタビューなども含む。56分。
■『ペット・ストーリーズ』
 ブライアンのDVD 『ペット・サウンズ・ライヴ・イン・ロンドン』 に収録されていたインタビューなどで構成。一部未発表の映像なども含む。37分。
■『リズム・オブ・ライフ』
 ジョージ・マーティンと共演した1998年のテレビ番組の抜粋。21分。
■「Good Vibrations」 オリジナル・プロモ・フィルム(メンバーが消防士に扮するカラー・フィルム)
■「Sloop John B.」 オリジナル・プロモ・フィルム(プールのやつ。効果音なし)
■『ペット・サウンズ』 アルバム・プロモ・フィルム(森のやつ。きれいな音声にカブせ直してある)
■「God Only Knows」 静止画のビデオ・クリップ DVD 『エンドレス・ハーモニー』 にも収録


P.TWGMTR.JPG - 8,863BYTES

ミュージックビデオ : 『That's Why God Made The Radio』


2012年発売のシングルのミュージックビデオ。
iTunes でダウンロード販売されている。


DVD : 『50周年記念コンサート(+ドゥーイン・イット・アゲイン)』


2012年の50周年リユニオン・ツアーのライブ。ブライアン、マイク、アル、ブルース、デヴィッド・マークスが参加。

7月7日のアリゾナ州フェニックスでの演奏で、以下の全演奏曲のうち、太字の21曲が収録されている(68分)。

【1st セット】
1. Do It Again / Little Honda / 2. Catch A Wave3
. Hawaii / Don't Back Down / Surfin' Safari / Surfer Girl / Come Go With Me / Why Do Fools Fall In Love / When I Grow Up(To Be A Man) / Please Let Me Wonder / Getcha Back / Wendy / 4. Marcella / Then I Kissed Her / Disney Girls / Good Timin' / Darlin' / Kiss Me, Baby / 5. Isn't It Time / California Saga: California / Be True To Your School / Ballad Of Ole' Betsy / Still Cruisin' / Don't Worry Baby / 6. Little Deuce Coupe7. 4098. Shut Down9. I Get Around
【2nd セット】
Pet Sounds / Add Some Music To Your Day / 10. Heroes And Villains / I Just Wasn't Made For These Times / 11. Sloop John B12. Wouldn't It Be Nice / In My Room / 13. All This Is That14. That's Why God Made The Radio15. Sail On, Sailor / Forever / God Only Knows / 16. Good Vibrations17. California Girls18. Help Me, Rhonda19. Rock And Roll Music / Do You Wanna Dance? / Surfin' U.S.A.
【アンコール】
20. Kokomo / Barbara Ann / 21. Fun, Fun, Fun


また、この日本盤DVDは2枚組で、アメリカでは別売りだった 『ドゥーイン・イット・アゲイン』 が付けられている(55分)。
これは50周年記念リユニオンのドキュメンタリーで、収録内容は以下の通り。

1. 2012年ビーチ・ボーイズ独占インタビュー
2. 2012年ワールド・ツアーより
3. 1966年 「グッド・ヴァイブレーション」 レコーディング・セッション未公開映像
4. アルバム 『ゴッド・メイド・ザ・ラジオ』 レコーディング・セッション
5. カール&デニス・ウィルソン・トリビュート

こちらでは50周年リユニオン・ツアーから「Do It Again」「Little Deuce Coupe」「California Girls」「That's Why God Made The Radio」「Sail On Sailor」「Surfin' U.S.A.」のライブ映像が見られる。
2012年5月2日のフロリダ州セントオーガスティンでの演奏。


DVD : 『Back Again』(輸入盤)

2012年の50周年リユニオン・ツアーのライブ。ブライアン、マイク、アル、ブルース、デヴィッド・マークスが参加。

8月16日の千葉QVCマリンフィールドでの演奏で、この日の全演奏曲を収録(約96分)。

1. Do It Again /2. Little Honda /3. Catch A Wave /4. Hawaii /5. Don't Back Down /6. Surfin' Safari /7. Surfer Girl /8. Don't Worry Baby /9. Little Deuce Coupe /10. 409 /11. Shut Down /12. I Get Around /13. That's Why God Made The Radio /14. Sail On, Sailor /15. Heroes And Villains /16. Isn't It Time /17. Why Do Fools Fall In Love /18. When I Grow Up(To Be A Man)/19. Cotton Fields /20. Forever /21. God Only Knows /22. All This Is That /23. Sloop John B /24. Wouldn't It Be Nice /25. Then I Kissed Her /26. Good Vibrations /27. California Girls /28. Help Me, Rhonda /29. Rock And Roll Music /30. Surfin' U.S.A.
【アンコール】
31. Kokomo /32. Barbara Ann /33. Fun, Fun, Fun

ドイツ製のDVDのようだが、中身はWOWOWで放送された 『ザ・ビーチ・ボーイズ デビュー50周年 ライブ・イン・ジャパン』(初回放送は2012年9月23日)のコピー。
・画面右上のWOWOWのロゴを隠すために「The Beach Boys 50」のロゴがずっと出ている。
・エンディングのクレジットが出る前にフェイド・アウトして終わる。
・MCの日本語字幕はそのまま収録(オン・オフ不可)。
・WOWOWの放送で演奏の前に流れた短いインタビューはカット。

このDVDには最後にボーナス・トラック的に米TV番組 『Late Night with Jimmy Fallon』 出演時の演奏「In My Room」も収録されている(2012年5月7日放送)。こちらも5人全員で出演。



ブルーレイ

Blu-ray・DVD : 『ペット・サウンズ・ストーリー』

2016年発売。名盤誕生の背景を解き明かすドキュメンタリー・シリーズ「クラシック・アルバムズ」の 『ペット・サウンズ』 編。
本編59分、特典映像32分。

オリジナル・メンバー、関係者のインタビューや貴重な映像で 『ペット・サウンズ』 の本質にせまるとのこと。

ユニバーサルミュージックジャパン 
YouTube 30秒の予告 1分の予告 


     DVD


オムニバス


DVD : 『Chronicles』(輸入盤)

2012年発売のオムニバス映像集。ドイツ製で、限りなく海賊盤に近いが、公式未ソフト化の映像を含む。

販売元の商品情報 : 「63年から69年にかけてのレアなビデオ・クリップやライブ・パフォーマンス映像、TV出演時の模様など未公開映像を含む全32トラックを集めた映像コレクションDVD」


【収録曲目】
※太字は他でソフト化されていないもの、もしくはソフト化されているものより長く見られるものなど
『AAB』 はDVD 『アン・アメリカン・バンド』 / 『EH』 はDVD 『エンドレス・ハーモニー』

1.I Can Hear Music  『AAB』 と 『EH』 に収録の同曲の映像を編集したもの カラー

2.California Girls  米TV「クラフト・ミュージック・ホール」[69.2.16収録、69.2.19放送]  『EH』 より前後が長く収録されているが、画質は比べ物にならない位悪い カラー

3.Break Away  米TV「デヴィッド・フロスト・ショー」[69.7.30収録、69.8.8放送] カラー

4.Good Vibrations  米TV「ミッドナイト・スペシャル」[79.2.26収録、79.4.27放送] ライブ演奏 DVD 『The Midnight Special - Live On Stage 1979』 に収録済 NHK-BSでも何回か放送されたことがある カラー

5.I Get Around  英TV「レディ・ステディ・ゴー」[64.11.6収録&放送] ビデオ・LD 『レディ・ステディ・ゴー(栄光の60年代ポップス)Vol.2』 に収録済 演奏のみでインタビューはなし 白黒

6.When I Grow Up  英TV「レディ・ステディ・ゴー」[64.11.6収録&放送] ビデオ・LD 『レディ・ステディ・ゴー(栄光の60年代ポップス)Vol.2』 に収録済 演奏のみでイントロのやり直しはカット 白黒

7.California Girls #2  『AAB』 のコピー 米TV「ジャック・ベニー・アワー」[65.10.23収録、65.11.3放送] カラー

8.Barbara Ann  米TV「ジャック・ベニー・アワー」[65.10.23収録、65.11.3放送] カラーでのソフト化は初

9.Sloop John B  『EH』 の特典映像のコピー プロモフィルム(効果音あり)[66.4.24撮影] 白黒

10.God Only Knows  『AAB』 のコピー ハワイ公演のライブ映像[67.8.25] 音はライブ・アルバム 『ビーチ・ボーイズ '69』 から カラー

11.In My Room  『AAB』 のコピー 米TV「ザ・レッド・スケルトン・ショー」[64.5.12収録&放送] 白黒

12.Sloop John B #2  『AAB』 のコピー 英TV「トップ・オブ・ザ・ポップス」用フィルム[68.12.9撮影] と 蘭TV「トゥィーン」[68.12.14収録、68.12.23放送]の映像を編集したもの 音はライブ音源だがこの時のものかどうか不明 カラー/白黒

13.Friends  『EH』 の特典映像のコピー プロモフィルム[1968年夏撮影] カラー

14.Cotton Fields  『EH』 のコピー 米TV「サムシング・エルス」?[70.5.28収録、70.7.5放送] カラー

15.Cool Cool Water  『EH』 のコピー 米TV「デヴィッド・フロスト・ショー」[71.5.7収録、71.5.28放送] カラー

16.Surfin' U.S.A.  『EH』 の特典映像のコピー 米TV「ザ・スティーヴ・アレン・ショー」[63.3.2収録&放送] 白黒

17.The Things We Did Last Summer  『EH』 の特典映像のコピー 米TV「ザ・スティーヴ・アレン・ショー」[63.3.2収録&放送] 白黒

18.Fun Fun Fun  米TV「シンディグ!」[65.4.21収録&放送] 『AAB』 に部分収録されていたが、ここにはフルコーラスで収録 白黒

19.Long Tall Texan  米TV「シンディグ!」[65.4.21収録&放送] 白黒

20.Please Let Me Wonder  米TV「シンディグ!」[65.4.21収録&放送] 『AAB』 に部分収録されていたが、ここにはフルコーラスで収録 白黒

21.Help Me Rhonda  米TV「シンディグ!」[65.4.21収録&放送] ビデオ・LD 『ロック映像年鑑 1965』 に収録済だが、テロップなしで見られる 白黒

22.Little Saint Nick  米TV「シンディグ!」[64.12.17収録、64.12.23放送] 白黒

23.Papa-Oom-Mow-Mow  米TV「シンディグ!」[64.12.17収録、64.12.23放送] 白黒

24.Johnny B. Goode  米TV「シンディグ!」[64.12.17収録、64.12.23放送] 白黒

25.Surfin' U.S.A. #2  『AAB』 のコピー T.A.M.I.ショー[64.10.28] 白黒

26.Surfer Girl  『AAB』 のコピー T.A.M.I.ショー[64.10.28] 白黒

27.I Get Around #2  T.A.M.I.ショー[64.10.28] ソフト化済 白黒

28.Dance Dance Dance  T.A.M.I.ショー[64.10.28] ソフト化済 白黒

29.I Can Hear Music #2  米TV「マイク・ダグラス・ショー」[69.4.1収録、69.4.9放送] 編集用の秒数表示(TCR)入り カラー

30.Never Learn To Love  米TV「マイク・ダグラス・ショー」[69.4.1収録、69.4.9放送] 編集用の秒数表示(TCR)入り カラー

31.Break Away #2  米TV「マイク・ダグラス・ショー」[69.7.8収録、69.7.22放送] 編集用の秒数表示(TCR)入り カラー

32.Celebrate The News  米TV「マイク・ダグラス・ショー」[69.7.8収録、69.7.22放送] 編集用の秒数表示(TCR)入り カラー


このページの先頭へ

inserted by FC2 system