HOME 

 ビーチ・ボーイズ  どれから聴くかガイド  CD化の歴史 
  スタジオ・アルバム1  スタジオ・アルバム2('98〜'11)  紙ジャケットCD  ライブ  共演/参加作品 
  レア・トラック1(編集盤)  レア・トラック2(その他)  ベスト盤/コンピレーション盤  ペット・サウンズ 
  映像1(ソフト別)  映像2(映像別)  クリスマス・アルバム 
  書籍・雑誌  番外編  
  編集盤詳細 モーガン・テープス  ザ・ビーチ・ボーイズ・ボックス('80)  テン・イヤーズ・オブ・ハーモニー 
          レアリティーズ&メドレー  グッド・ヴァイブレーションズ・ボックス  シングル・コレクション 
          Perfect Harmony  ペット・サウンズ・セッションズ  The Greatest Hits 1&2  エンドレス・ハーモニー 
          ホーソーン、カリフォルニア  カリフォルニア・フィーリン  サウンズ・オブ・サマー 
          ウォームス・オブ・ザ・サン  サマー・ラヴ・ソングス  スマイル  カリフォルニアの夢 
          ペット・サウンズ 50th  サンシャイン・トゥモロウ 1&2 

 ソロ作品 
  ブライアン1  ブライアン2  ブライアン3  ブライアン映像 
  ブライアン参加1  ブライアン参加2  ブライアン参加3 
  デニス  カール  マイク  アル  ブルース  

 新商品情報 

 更新履歴 

ウォームス・オブ・ザ・サン ('07)
The Warmth Of The Sun


     日本盤         日本盤         輸入盤         輸入盤      MP3ダウンロード  
  TOCP-70236    TOCP-70309     


太字はこのCDで初登場、もしくは初CD化のバージョン(*はモノラル)

1. All Summer Long [new stereo remix] 
『オール・サマー・ロング』('64)収録曲のステレオ・バージョン。初ステレオ化。
のちに2012年リマスター盤 『オール・サマー・ロング<モノ&ステレオ>』 や6枚組ボックス 『カリフォルニアの夢』 ディスク1にも収録。
2. Catch A Wave
『サーファー・ガール』('63)から。
3. Hawaii
『サーファー・ガール』('63)から。
4. Little Honda
『オール・サマー・ロング』('64)から
5. 409 *
『サーフィン・サファリ』('62)から
6. It's OK
『15ビッグ・ワンズ』('76)から。
アルバム・バージョン。
1981年のベスト盤 『テン・イヤーズ・オブ・ハーモニー』(ただしアナログ盤と最初の欧州CD盤のみ)と2000年のベスト盤 『グレイテスト・ヒッツ3(ベスト・オブ・ブラザー・イヤーズ)』 に収録されているシングル・バージョンは少しスピードが速められている
7. You're So Good To Me [new stereo remix] 
『サマー・デイズ』('65)収録曲のステレオ・バージョン。初ステレオ化。
のちに2012年リマスター盤 『サマー・デイズ<モノ&ステレオ>』 にも収録。
8. Then I Kissed Her [new stereo remix] 
『サマー・デイズ』('65)収録曲のステレオ・バージョン。初ステレオ化。
のちに2012年リマスター盤 『サマー・デイズ<モノ&ステレオ>』 にも収録。
9. Kiss Me, Baby [stereo remix]
『トゥデイ』('65)収録曲のステレオ・バージョン。
『エンドレス・ハーモニー』 の2000年改訂版で発表されたステレオ・ミックス。『USシングル・コレクション』 や2012年リマスター盤 『トゥデイ<モノ&ステレオ>』 にも収録。
ちなみに 『エンドレス・ハーモニー』 初版('98)のステレオ・ミックスは頭のメインボーカルが右寄りで、改訂版の方は頭のメインボーカルが真ん中。また、改訂版の方はエコーが強い。
10. Please Let Me Wonder [new stereo remix] 
『トゥデイ』('65)収録曲のステレオ・バージョン。初ステレオ化。モノラル・バージョンより少しピッチが遅い。
のちに 『USシングル・コレクション』 にも収録。 
のちに出た 『サマー・ラヴ・ソングス』 にもステレオ・ミックスが収録されたが、そちらはこれとは微妙に違い、ピッチが遅いのは同じだが、イントロのギターが中央から左寄りになり、サビのコーラスが左右に広がっていたのが中央にまとまり、間奏の鈴の音が右寄りから中央になり、エンディングがモノラル・バージョンより若干早く消えていたのがもう少し先まで音が確認できるようになっている。
2012年リマスター盤 『トゥデイ<モノ&ステレオ>』 に収録されているのは 『サマー・ラヴ・ソングス』 版。
11. Let Him Run Wild [new stereo remix] 
『サマー・デイズ』('65)収録曲のステレオ・バージョン。初ステレオ化。
のちに2012年リマスター盤 『サマー・デイズ<モノ&ステレオ>』 や 『USシングル・コレクション』 や6枚組ボックス 『カリフォルニアの夢』 ディスク2にも収録。
12. The Little Girl I Once Knew *
シングル('65)から。
現行CD 『サマー・デイズ』 にボーナス・トラックとして収録されている。
13. Wendy [new stereo remix] 
『オール・サマー・ロング』('64)収録曲の新ステレオ・バージョン。このベスト盤で初登場した新ステレオ・ミックス。
のちに 『USシングル・コレクション』 や6枚組ボックス 『カリフォルニアの夢』 ディスク1にも収録。
従来の盤の 『オール・サマー・ロング』 に収録の旧ステレオ・バージョンは間奏の部分で咳の音がするが、新ステレオは入らない。
また、『グッド・ヴァイブレーションズ・ボックス』 『シングル・コレクション(日本企画)』 『USシングル・コレクション』 にはこの曲のモノラル・バージョンが収録されており、そちらも咳の音は入らない。
14. Disney Girls(1957)
『サーフズ・アップ』('71)から。
15. Forever
『サンフラワー』('70)から。
16. Friends
『フレンズ』('68)から。
17. Break Away [alternate mix]
シングル('69)の別ミックス。
『ホーソーン、カリフォルニア』('01)に収録されていたオルタネイト・ミックス。
歌い出しのボーカルがカールではなくブライアンで、エンディングのコーラスが増えている。また、フェイド・アウトがほんの少し遅い。
ただし、冒頭のカウントなどの音はカットされ、純粋に曲のみ収録されている。
18. Why Do Fools Fall In Love [mono single version]*
『シャット・ダウン Vol.2』('64)収録曲のモノ・シングル・バージョン。イントロにバック・コーラスがついている。『シングル・コレクション(日本企画)』 と 『USシングル・コレクション』 にも収録。また、『USシングル・コレクション』 にはこのバージョンの冒頭に「Why do fools fall in love」のアカペラ・コーラスが付いたモノラル・別バージョンも収録されている。
イントロにバック・コーラスがないモノラルは 『シャット・ダウン Vol.2』 『ザ・ビーチ・ボーイズ・ボックス』 『グッド・ヴァイブレーションズ・ボックス』 『グレイテスト・ヒッツ1』 などに収録。
『サマー・ラヴ・ソングス』 にはイントロにバック・コーラスのないバージョンをステレオ化したものが収録されている(冒頭にピアノによる短いインストもついている)。
2012年リマスター盤 『シャット・ダウン Vol.2<モノ&ステレオ>』 に収録されているのはそこから冒頭のインストをカットして微妙にリミックスしたもの。
19. Surf's Up
『サーフズ・アップ』('71)から。
20. Feel Flows
『サーフズ・アップ』('71)から。
この曲は1番の「♪Feel goes (White hot glistening shadowy flows)」のあと(頭から48秒目くらい)で右チャンネルに「プツッ」というノイズのようなパーカッションのような音が聴こえるが、6枚組ボックス 『カリフォルニアの夢』 ディスク4に収録のものには少し手が加えられている。 詳細
21. All This Is That
『カール・アンド・ザ・パッションズ−ソー・タフ』('72)から。
22. 'Til I Die
『サーフズ・アップ』('71)から。
23. Sail On, Sailor
『オランダ』('73)から。
24. Cool, Cool Water [single version] 
『サンフラワー』('70)収録曲のシングル・バージョン。
冒頭のコーラスをカットし、「Water, Water…」コーラスの途中で歌が入ってくるシングル・エディット・バージョン。
1981年のベスト盤 『テン・イヤーズ・オブ・ハーモニー』 にもシングル・バージョンが収録されているが、そちらは「So cool…」の歌い出しの前に前奏が少し入っている。
25. Don't Go Near The Water
『サーフズ・アップ』('71)から。
26. California Saga(On My Way To Sunny Californ-i-a)
『オランダ』('73)から。
アルバム・バージョン。
1981年のベスト盤 『テン・イヤーズ・オブ・ハーモニー』 と2000年のベスト盤 『グレイテスト・ヒッツ3(ベスト・オブ・ブラザー・イヤーズ)』 に収録されているシングル・バージョンは、1分9秒あたりでアルバム版では消されている「on my way」という合いの手が入り、出だしのボーカルの位置も違う(シングル:中央、アルバム:右)。
27. California Dreamin' [alternate version] 
ベスト盤 『MADE IN U.S.A.』('86)収録曲の別バージョン。
曲が始まる前に風と雨の効果音が鳴るバージョン。6枚組ボックス 『カリフォルニアの夢』 ディスク5にも収録。
『MADE IN U.S.A.』 と2000年のベスト盤 『グレイテスト・ヒッツ3(ベスト・オブ・ブラザー・イヤーズ)』 に収録されているのは曲が始まってから効果音が入るバージョン。
28. The Warmth Of The Sun *
『シャット・ダウン Vol.2』('64)から。



2003年のベスト盤 『サウンズ・オブ・サマー』 に続いて2007年に出たベスト盤で前作同様、新たなステレオ・ミックスが何曲か入っている。

このアルバムは前半が60年代中心で、後半が70年代中心の選曲となっているのだが、少し選曲が微妙なところが特徴。70年代と言っても70年代初めの時期、特にアルバム 『サーフズ・アップ』 からの選曲が多くて、後半がやたらと地味。
この時期のビーチ・ボーイズ大好きな私のような人間には良いだろうが、普通のベスト盤の感覚でいくとどうなんだろうと思ってしまう。

日本盤は2007年5月30日に期間限定盤として2,300円で出たのち(TOCP-70236)、9月5日に2,500円で通常盤が出た(TOCP-70309)。
その後、2008年には、2003年のベスト盤にDVDを付けて2004年に出した 『サイツ・アンド・サウンズ・オブ・サマー』 と本盤を一緒にした3枚組の 『ギフト・パック』(←アマゾン)という商品も出ている。


このページの先頭へ

inserted by FC2 system