HOME 

 ビーチ・ボーイズ  どれから聴くかガイド 
  スタジオ・アルバム1  スタジオ・アルバム2('98〜'11)  紙ジャケットCD  ライブ  共演/参加作品 
  レア・トラック1(編集盤)  レア・トラック2(その他)  ベスト盤/コンピレーション盤  ペット・サウンズ 
  映像1(ソフト別)  映像2(映像別)  クリスマス・アルバム 
  書籍・雑誌  番外編  
  編集盤詳細 モーガン・テープス  ザ・ビーチ・ボーイズ・ボックス('80)  テン・イヤーズ・オブ・ハーモニー 
          レアリティーズ&メドレー  グッド・ヴァイブレーションズ・ボックス  シングル・コレクション 
          Perfect Harmony  ペット・サウンズ・セッションズ  The Greatest Hits 1&2  エンドレス・ハーモニー 
          ホーソーン、カリフォルニア  カリフォルニア・フィーリン  サウンズ・オブ・サマー 
          ウォームス・オブ・ザ・サン  サマー・ラヴ・ソングス  スマイル  カリフォルニアの夢 
          ペット・サウンズ 50th  サンシャイン・トゥモロウ 

 ソロ作品 
  ブライアン1  ブライアン2  ブライアン3  ブライアン映像 
  ブライアン参加1  ブライアン参加2  ブライアン参加3 
  デニス  カール  マイク  アル  ブルース  

 新商品情報 

 更新履歴 

ビーチ・ボーイズ関連作品 番外編


ビーチ・ボーイズ自身の作品ではないものの、ビーチ・ボーイズ史の中で名前が出てくる音楽・映像作品や、ビーチ・ボーイズがカバーした曲のオリジナル版、ビーチ・ボーイズがらみの劇映画などを取り上げます。

ビーチ・ボーイズ史に関わる音楽・映画など


フォー・フレッシュメン


1948年に結成されたジャズ・コーラス・グループ。4声のオープン・ハーモニーによるコーラスは少年時代のブライアンをとりこにした。
このコーラス・ワークを研究し、ロックンロールと融合することによって、ビーチ・ボーイズの音楽が生まれることになる。

ビーチ・ボーイズでは、フレッシュメンのレパートリーから、「Graduation Day」「Their Hearts Were Full Of Spring」などをカバーしている。

書籍 『ブライアン・ウィルソン自叙伝』 では、ラジオから流れる「Day By Day」に耳を奪われ、初めて買った彼らのアルバムが 『フォー・フレッシュメン&5トロンボーンズ』 だったと記述されており、『ビーチ・ボーイズとカリフォルニア文化』 では、少年時代のブライアンお気に入りのアルバムとして 『フレッシュメン・フェイヴァリッツ』 が挙がっている。

米 『ローリング・ストーン』 誌2015年5月18日号の特集「私を作った音楽」でブライアンが挙げた8曲に、フォー・フレッシュメンの「You Stepped Out Of A Dream」が含まれている。


『フォー・フレッシュメン&5トロンボーンズ』 ('55)
Four Freshmen And 5 Trombones / The Four Freshmen

 アマゾンMP3

【アナログA面】
1. Angel Eyes / 2. Love Is Just Around The Corner / 3. Mam'selle / 4. Speak Low / 5. The Last Time I Saw Paris / 6. Somebody Loves Me
【アナログB面】
1. You Stepped Out Of A Dream / 2. I Remember You / 3. Love / 4. Love Is Here To Stay / 5. You Made Me Love You / 6. Guilty


『フレッシュメン・フェイヴァリッツ』 ('56)
Freshmen Favorites / The Four Freshmen


     MP3

【アナログA面】
1. Day By Day / 2. It Never Occurred To Me / 3. Graduation Day / 4. Poinciana / 5. Love Turns Winter Into Spring / 6. The Day Isn't Long Enough
【アナログB面】
1. In This Whole Wide World / 2. Charmaine / 3. Lonely Night In Paris / 4. Seems Like Old Times / 5. Now You Know / 6. How Can I Tell Her


『フレッシュメン・フェイヴァリッツ』 は単体では未CD化のようだが、フレッシュメンの4枚のアルバムを収録した2012年の2枚組 『Graduation Day』 で 『フォー・フレッシュメン&5トロンボーンズ』 と一緒に聴ける。

Disc 1 に 『Voices In Modern』('55)と 『4 Freshmen And 5 Trumpets』('57)
Disc 2 に 『Four Freshmen And 5 Trombones』('55)と 『Freshmen Favorites』('56)を収録。

 アマゾンMP3



『The Four Freshmen(Capitol Collectors Series)』 ('91) 

 アマゾンMP3

1. It's A Blue World / 2. The Day Isn't Long Enough / 3. Poinciana (Song Of The Tree) / 4. It Happened Once Before / 5. Please Remember / 6. We'll Be Together Again / 7. Mood Indigo / 8. It Never Occurred To Me / 9. Day By Day / 10. How Can I Tell Her / 11. Charmaine / 12. In This Whole Wide World / 13. Angel Eyes / 14. Love Is Just Around The Corner / 15. Graduation Day / 16. Whistle Me Some Blues / 17. It Could Happen To You / 18. Candy / 19. (Get Your Kicks On) Route 66 / 20. Their Hearts Were Full Of Spring / 21. And So It's Over

1991年発売のベスト盤。


フィル・スペクター


ブライアンに最も影響を与えた音楽家。

スペクターの楽曲はその独特のメロディ、サウンド、録音体制によって1960年代のアメリカのポピュラー音楽界を席巻した。

初めて「Be My Baby」を聴いた時の衝撃は映画 『ノット・メイド・ディーズ・タイムズ』 でブライアン自身が語っている。

1963年にはスペクターからクリスマス・アルバムの録音を見に来るように誘われ、1964年にはブライアンの提供した曲の録音を一緒に行ったりしている(のちにビーチ・ボーイズが再録音し、「Don't Hurt My Little Sister」として発表する曲)。

当初は乗り越えるべき目標として向っていたブライアンだったが、60年代半ばから精神状態の悪化とともに、「スペクターが自分を破滅させようとしている」という妄想にかられるようになる。

スペクター自身は70年代に入るとビートルズのメンバーのプロデュースなどを担当し、60年代のような目立った活躍はなくなったが、伝説的プロデューサーとしてその威光は衰えることがなかった。

2003年の知人女優射殺容疑で2009年に有罪の判決を受け、現在はカリフォルニア州立刑務所に収監されている。



『ウォール・オブ・サウンド : ザ・ヴェリー・ベスト・オブ・フィル・スペクター 1961-1966』 ('11)
Wall Of Sound / The Very Best Of Phil Spector 1961-1966

 アマゾンMP3 

1. He's A Rebel / クリスタルズ
2. Da Doo Ron Ron / クリスタルズ
3. Be My Baby / ロネッツ
4. Then He Kissed Me / クリスタルズ
5. (Today I Met) The Boy I'm Gonna Marry / ダーレン・ラヴ
6. Baby, I Love You / ロネッツ
7. He's Sure The Boy I Love / クリスタルズ
8. Zip-A-Dee-Doo-Dah / ボブ・B・ソックス&ザ・ブルー・ジーンズ
9. Wait Til' My Bobby Gets Home / ダーレン・ラヴ
10. Walking In The Rain / ロネッツ
11. Uptown / クリスタルズ
12. Why Do Lovers Break Each Other's Hearts? / ボブ・B・ソックス&ザ・ブルー・ジーンズ
13. Do I Love You? / ロネッツ
14. A Fine, Fine Boy / ダーレン・ラヴ
15. There's No Other Like My Baby / クリスタルズ
16. You've Lost That Lovin' Feeling / ライチャス・ブラザーズ
17. (The Best Part Of) Breakin' Up / ロネッツ
18. Not Too Young To Get Married / ボブ・B・ソックス&ザ・ブルー・ジーンズ
19. River Deep, Mountain High / アイク&ティナ・ターナー

自身のレーベル「フィレス・レコード」(1961〜1966年)からリリースした黄金期の音源から選曲されたベスト盤。2011年発売。
下の 『エッセンシャル…』 に全曲が収録されている。



『エッセンシャル・フィル・スペクター』 ('11)
The Essential Phil Spector


     米盤          欧州盤        日本盤 

【Disc 1】
1. To Know Him Is To Love Him / テディ・ベアーズ
2. Corrine, Corrina / レイ・ピーターソン
3. Spanish Harlem / ベン・E・キング
4. Pretty Little Angel Eyes / カーティス・リー
5. Every Breath I Take / ジーン・ピットニー
6. I Love How You Love Me / パリス・シスターズ
7. There's No Other Like My Baby / クリスタルズ ◆
8. Uptown /クリスタルズ ◆
9. He's A Rebel / クリスタルズ ◆
10. Zip-A-Dee-Doo-Dah / ボブ・B・ソックス&ザ・ブルー・ジーンズ ◆
11. Puddin' N' Tain / ジ・アリー・キャッツ
12. He's Sure The Boy I Love / クリスタルズ ◆
13. Why Do Lovers Break Each Other's Hearts? / ボブ・B・ソックス&ザ・ブルー・ジーンズ ◆
14. (Today I Met) The Boy I'm Gonna Marry / ダーレン・ラヴ ◆
15. Da Doo Ron Ron / クリスタルズ ◆
16. Not Too Young To Get Married / ボブ・B・ソックス&ザ・ブルー・ジーンズ ◆
17. Wait Til My Bobby Gets Home / ダーレン・ラヴ ◆

【Disc 2】
1. Be My Baby / ロネッツ ◆
2. Then He Kissed Me / クリスタルズ ◆
3. A Fine, Fine Boy / ダーレン・ラヴ ◆
4. Baby, I Love You / ロネッツ ◆
5. (The Best Part Of) Breakin' Up / ロネッツ ◆
6. Hold Me Tight / ザ・トレジャーズ featuring ピート・アンダース
7. Stumble And Fall / ダーレン・ラヴ
8. When I Saw You / ロネッツ
9. Do I Love You? / ロネッツ ◆
10. Walking In The Rain / ロネッツ ◆
11. You've Lost That Lovin' Feeling / ライチャス・ブラザーズ ◆
12. Unchained Melody / ライチャス・ブラザーズ
13. Ebb Tide / ライチャス・ブラザーズ
14. This Could Be The Night / モダン・フォーク・カルテット
15. Paradise / ロネッツ
16. 米盤 : River Deep, Mountain High / アイク&ティナ・ターナー ◆
   欧州・日本盤 : I Wish I Never Saw The Sunshine / ロネッツ
17. Black Pearl / ソニー・チャールズ&ザ・チェックメイツ・リミテッド

レーベルの枠を超えてスペクターのプロデュース曲を集めた2枚組ベスト。2011年発売。米盤と欧州・日本盤で1曲だけ収録曲が異なる。
下の 『Back To Mono』 に全曲が収録されている。
◆は上の『ウォール・オブ・サウンド』 収録曲。



『Back To Mono (1958-1969)』 ('91)



【Disc 1】
1. To Know Him Is To Love Him / テディ・ベアーズ ◆
2. Corrine, Corrina / レイ・ピーターソン ◆
3. Spanish Harlem / ベン・E・キング ◆
4. Pretty Little Angel Eyes / カーティス・リー ◆
5. Every Breath I Take / ジーン・ピットニー ◆
6. I Love How You Love Me / パリス・シスターズ ◆
7. Under The Moon Of Love / カーティス・リー
8. There's No Other Like My Baby / クリスタルズ ◆
9. Uptown / クリスタルズ ◆
10. He Hit Me (It Felt Like A Kiss) / クリスタルズ
11. He's A Rebel / クリスタルズ ◆
12. Zip-A-Dee-Doo-Dah / ボブ・B・ソックス&ザ・ブルー・ジーンズ ◆
13. Puddin' N' Tain / The Alley Cats ◆
14. He's Sure The Boy I Love / クリスタルズ ◆
15. Why Do Lovers Break Each Other's Hearts? / ボブ・B・ソックス&ザ・ブルー・ジーンズ ◆
16. (Today I Met) The Boy I'm Gonna Marry / ダーレン・ラヴ ◆
17. Da Doo Ron Ron / クリスタルズ ◆
18. Heartbreaker / クリスタルズ
19. Why Don't They Let Us Fall In Love / ヴェロニカ
20. Chapel Of Love / ダーレン・ラヴ
21. Not Too Young To Get Married / ボブ・B・ソックス&ザ・ブルー・ジーンズ ◆
22. Wait Til My Bobby Gets Home / ダーレン・ラヴ ◆
23. All Grown Up / クリスタルズ

【Disc 2】
1. Be My Baby / ロネッツ ◆
2. Then He Kissed Me / クリスタルズ ◆
3. A Fine, Fine Boy / ダーレン・ラヴ ◆
4. Baby, I Love You / ロネッツ ◆
5. I Wonder / ロネッツ
6. Girls Can Tell / クリスタルズ
7. Little Boy / クリスタルズ
8. Hold Me Tight / ザ・トレジャーズ ◆
9. (The Best Part Of) Breakin' Up / ロネッツ ◆
10. Soldier Baby Of Mine / ロネッツ
11. Strange Love / ダーレン・ラヴ
12. Stumble And Fall / ダーレン・ラヴ ◆
13. When I Saw You / ロネッツ ◆
14. So Young / ヴェロニカ
15. Do I Love You? / ロネッツ ◆
16. Keep On Dancing / ロネッツ
17. You, Baby / ロネッツ
18. Woman In Love (With You) / ロネッツ
19. Walking In The Rain / ロネッツ ◆

【Disc 3】
1. You've Lost That Lovin' Feelin' / ライチャス・ブラザーズ ◆
2. Born To Be Together / ロネッツ
3. Just Once In My Life / ライチャス・ブラザーズ
4. Unchained Melody / ライチャス・ブラザーズ ◆
5. Is This What I Get For Loving You? / ロネッツ
6. Long Way To Be Happy / ダーレン・ラヴ
7. (I Love You) For Sentimental Reasons / ライチャス・ブラザーズ
8. Ebb Tide / ライチャス・ブラザーズ ◆
9. This Could Be The Night / モダン・フォーク・カルテット ◆
10. Paradise / ロネッツ ◆
11. River Deep, Mountain High / アイク&ティナ・ターナー ◆(米盤)
12. I'll Never Need More Than This / アイク&ティナ・ターナー
13. A Love Like Yours (Don't Come Knockin' Everyday) / アイク&ティナ・ターナー
14. Save The Last Dance For Me / アイク&ティナ・ターナー
15. I Wish I Never Saw The Sunshine / ロネッツ ◆(欧州・日本盤)
16. You Came, You Saw, You Conquered / ロネッツ
17. Black Pearl / ソニー・チャールズ&ザ・チェックメイツ・リミテッド ◆
18. Love Is All I Have To Give / ザ・チェックメイツ

【Disc 4】 V.A. 『A Christmas Gift For You』 (1963)
1. White Christmas / ダーレン・ラヴ
2. Frosty The Snowman / ロネッツ
3. The Bells Of St. Mary / ボブ・B・ソックス&ザ・ブルー・ジーンズ
4. Santa Claus Is Coming to Town / クリスタルズ
5. Sleigh Ride / ロネッツ
6. Marshmallow World / ダーレン・ラヴ
7. I Saw Mommy Kissing Santa Claus / ロネッツ
8. Rudolph The Red-Nosed Reindeer / クリスタルズ
9. Winter Wonderland / ダーレン・ラヴ
10. Parade Of The Wooden Soldiers / クリスタルズ
11. Christmas (Baby Please Come Home) / ダーレン・ラヴ
12. Here Comes Santa Claus / ボブ・B・ソックス&ザ・ブルー・ジーンズ
13. Silent Night / フィル・スペクター&アーティスツ

1991年発売の4枚組。スペクターのプロデュース作の主要な所を網羅した3枚のディスクと、1963年のクリスマス・アルバムで構成されている。
◆は上の『エッセンシャル…』 収録曲。



『フィル・スペクター・プレゼンツ〜フィレス・アルバム・コレクション』 ('11)
Phil Spector Presents The Philles Album Collection



【Disc 1】 クリスタルズ 『Twist Uptown』 (1962)
1. Uptown / 2. Another Country - Another World / 3. Frankenstein Twist / 4. Oh Yeah, Maybe Baby / 5. Please Hurt Me / 6. There's No Other Like My Baby / 7. On Broadway / 8. What A Nice Way To Turn Seventeen / 9. No One Ever Tells You / 10. Gee Whiz Look At His Eyes (Twist) / 11. I Love You Eddie

【Disc 2】 クリスタルズ 『He's A Rebel』 (1963)
1. He's A Rebel / 2. Uptown / 3. Another Country - Another World / 4. Frankenstein Twist / 5. Oh Yeah, Maybe Baby / 6. He's Sure The Boy I Love / 7. There's No Other Like My Baby / 8. On Broadway / 9. What A Nice Way To Turn Seventeen / 10. No One Ever Tells You / 11. He Hit Me (It Felt Like A Kiss) / 12. I Love You Eddie

【Disc 3】 ボブ・B・ソックス&ザ・ブルー・ジーンズ 『Zip-A Dee-Doo-Dah』 (1963)
1. Zip-A-Dee-Doo-Dah / 2. Why Do Lovers Break Each Other's Heart? / 3. Let The Good Times Roll / 4. My Heart Beat A Little Faster / 5. Jimmy Baby / 6. Baby (I Love You) / 7. White Cliffs Of Dover / 8. This Land Is Your Land / 9. Dear (Here Comes My Baby) / 10. I Shook The World / 11. Everything's Gonna Be All Right / 12. Dr. Kaplan's Office

【Disc 4】 クリスタルズ 『The Crystals Sing The Greatest Hits, Volume 1』 (1963)
1. Da Doo Ron Ron / 2. On Broadway / 3. He's A Rebel / 4. Hot Pastrami [ロネッツ] / 5. There's No Other Like My Baby / 6. The Wah Watusi [ロネッツ] / 7. Mashed Potato Time [ロネッツ] / 8. He's Sure The Boy I Love / 9. Uptown / 10. The Twist [ロネッツ] / 11. Gee Whiz Look At His Eyes / 12. Look In My Eyes

【Disc 5】 V.A. 『Philles Records Presents Today's Hits』 (1963)
1. Then He Kissed Me / クリスタルズ
2. Da Doo Ron Ron / クリスタルズ
3. Oh Yeah, Maybe Baby / クリスタルズ
4. Zip-A-Dee-Doo-Dah / ボブ・B・ソックス&ザ・ブルー・ジーンズ
5. Why Do Lovers Break Each Others Heart? / ボブ・B・ソックス&ザ・ブルー・ジーンズ
6. Not Too Young To Get Married / ボブ・B・ソックス&ザ・ブルー・ジーンズ
7. Be My Baby / ロネッツ
8. Wait Til' My Bobby Gets Home / ダーレン・ラヴ
9. (Today I Met) The Boy I'm Gonna Marry / ダーレン・ラヴ
10. My Heart Beat A Little Faster / ダーレン・ラヴ
11. Puddin' N' Tain / ジ・アリー・キャッツ

【Disc 6】 ロネッツ 『Presenting The Fabulous Ronettes Featuring Veronica』 (1964)
1. Walking In The Rain / 2. Do I Love You? / 3. So Young [ヴェロニカ] / 4. (The Best Part Of) Breakin' Up / 5. I Wonder / 6. What'd I Say / 7. Be My Baby / 8. You Baby / 9. Baby, I Love You / 10. How Does It Feel? / 11. When I Saw You / 12. Chapel Of Love

【Disc 7(ボーナス・ディスク)】 ザ・フィル・スペクター・ウォール・オブ・サウンド・オーケストラ 『Phil's Flipsides』
1. Flip And Nitty / 2. Walkin' Along La La La / 3. Dr. Kaplan's Office / 4. Git' It / 5. Annette / 6. Brother Julius / 7. Tedesco And Pitman / 8. Nino And Sonny (Big Trouble) / 9. Miss Joan And Mister Sam / 10. Harry And Milt Meet Hal B / 11. Harry (From W. Va.) And Milt / 12. Big Red / 13. Larry L. / 14. Chubby Danny D / 15. Bebe And Susu / 16. Irving (Jaggered Sixteenths) / 17. Torpedo Rock (Surfing Corrido)

2011年に出た7枚組ボックス・セット。フィレス・レコードから出たアルバム6枚をオリジナルの形で復刻し、ディスク7にはシングルB面に収められていたインスト曲が集められている。

このボックスに未収録のフィレス・レコードのアルバム
V.A. 『A Christmas Gift For You』(1963)
ライチャス・ブラザーズ 『You've Lost That Lovin' Feelin'』(1965)
ライチャス・ブラザーズ 『Just Once In My Life』(1965)
ライチャス・ブラザーズ 『Back To Back』(1965)
レニー・ブルース 『Lenny Bruce Is Out Again』(1965)
アイク&ティナ・ターナー 『River Deep - Mountain High』(1966) サンプル盤のみで、最終的にはA&Mからリリース


ビートルズ 『ラバー・ソウル(アメリカ編集盤)』 ('65)
Rubber Soul (U.S. Edition) / The Beatles

【アナログA面】
1. I've Just Seen A Face / 2. Norwegian Wood (This Bird Has Flown) / 3. You Won't See Me / 4. Think For Yourself / 5. The Word / 6. Michelle
【アナログB面】
1. It's Only Love / 2. Girl / 3. I'm Looking Through You / 4. In My Life / 5. Wait / 6. Run For Your Life

ビートルズの1965年のアルバムの曲目を変更したアメリカ編集盤。
イギリス・オリジナル盤から4曲を抜いて、前作 『ヘルプ!』 からの2曲がAB面の冒頭に配されている。

このアルバムの全体としての出来のよさに感心したブライアンが
、「アルバムすべてがインパクトのある最高のロック・アルバムを作る」と決意し、『ペット・サウンズ』 の制作に入ったと言われている。

■イギリス・オリジナルの収録曲
【アナログA面】
1. Drive My Car / 2. Norwegian Wood (This Bird Has Flown) / 3. You Won't See Me / 4. Nowhere Man / 5. Think For Yourself / 6. The Word / 7. Michelle
【アナログB面】
1. What Goes On / 2. Girl / 3. I'm Looking Through You / 4. In My Life / 5. Wait / 6. If I Needed Someone / 7. Run For Your Life


デル・クローズ&ジョン・ブレント 『How To Speak Hip』 ('59)
How To Speak Hip / Del Close & John Brent

【アナログA面】
1. Introduction / 2. Basic Hip / 3. Vocabulary Building / 4. The Loose Wig / 5. The Riff / 6. The Hang Up
【アナログB面】
7. Put On, Put Down, Come On, Come Down, Bring Down / 8. Cool / 9. Uncool / 10. Field Trip No.1 / 11. Field Trip No.2 / 12. Field Trip No.3 / 13. Summary

「ヒップな話し方」を教育講座風に解説するコメディ・アルバム。

ブライアンはこの手のコメディ・アルバムやユーモアが好きだったようで、『ペット・サウンズ』 収録の「Hang On To Your Ego」録音中に、このアルバムの一節「Then we'll get, you know, world peace.」を真似た後、「誰か聴いたことある?すごく笑えるアルバムだ」と言っている(『ペット・サウンズ・セッションズ』 で聴ける)。

ブライアン自身もコメディ・アルバムを作ることを考えていたようで、『スマイル』 録音時期には、ユーモラスな寸劇がいくつか録音されている(『スマイル・セッションズ』 で聴ける)。

英語力の低い私には聴いても何を言ってるかよくわかりませんが。

左のCDはデル・クローズがやはり1959年にリリースしたアルバム 『The "Do It Yourself'" Psychoanalysis Kit』 を合わせて収録している。

アマゾンMP3


映画 『セコンド アーサー・ハミルトンからトニー・ウィルソンへの転身』 ('66)
Seconds 

ジョン・フランケンハイマー監督、ロック・ハドソン主演の異色スリラー。1966年10月5日アメリカ公開。

全身手術を受けて若さを取り戻した老人が別人となって送る第2の人生の行き着く先は…。

公開時にこの映画を見たブライアンは、主人公の名前が「ウィルソン」で、内容的にも自分に符合することがあまりにも多いと感じ、「この映画はフィル・スペクターが自分を破滅させるために作ったものだ」という妄想に取り付かれた。


マリー・ウィルソン 『ザ・メニー・ムーズ・オブ・マリー・ウィルソン』 ('67)
The Many Moods Of Murry Wilson / Murry Wilson

1. Love Won't Wait [Murry Wilson]
2. The Happy Song [Eck Kynor]
3. The Warmth Of The Sun [Brian Wilson-Mike Love]
4. Broken Heart [George Kizanis]
5. Leaves [M.Wilson]
6. The Plumbers Tune [E.Kynor]
7. Painting With Teardrops [M.Wilson]
8. Island In The Sky [Rick Henn]
9. Just 'Round The River Bend [Don Ralke-Deeda Patrick]
10. Italia [Al Jardine]
11. Heartbreak Lane [M.Wilson]
12. Betty's Waltz [M.Wilson-Audree Wilson]

ブライアン、デニス、カールの父親で、作曲家として何枚かのレコードを出したこともあるマリー・ウィルソンが1967年にキャピトルから出したイージー・リスニング・アルバム。

アマゾン 02年日本盤  09年日本盤  12年日本盤  15年日本盤  16年日本盤  09年輸入盤

マリーはその高圧的で強引な性格でビーチ・ボーイズのキャピトルとの契約を取り付け、マネージャーとなってグループのすべての行動に口を出し、デビューから数年でブライアンにクビを言い渡された。

その後はビーチ・ボーイズに対抗するかのように、サンレイズというバンドやデヴィッド・マークス(ビーチ・ボーイズのデビュー当時のメンバーだったがマリーと衝突して脱退させられた)のバンドをプロデュースしたりした。

ビーチ・ボーイズがヒットを出せなくなった1960年代末には、全曲の著作権を法外な安値で売却してしまい、ブライアンに壊滅的なショックを与えた。

最終的には妻でありウィルソン兄弟の母であるオードリーとも別居・離婚し、1973年に他界。

マリーの存在はウィルソン兄弟の人生に大きな影響を及ぼしたが、マリー自身も少年時代には父親の暴力を受けながら育っていた。

ビーチ・ボーイズ誕生以前にマリーが作曲した「Two Step Side Step」はオムニバス盤 『Graduation Day / 50 Songs That Shaped The Beach Boys』(このページ下部で紹介)で聴ける。


チャールズ・マンソン 『Lie / The Love And Terror Cult』 ('70)
Lie - The Love And Terror Cult / Charles Manson 

1. Look At Your Game, Girl / 2. Ego / 3. Mechanical Man / 4. People Say I'm No Good / 5. Home Is Where You're Happy / 6. Arkansas / 7. I'll Never Say Never To Always / 8. Garbage Dump / 9. Don't Do Anything Illegal / 10. Sick City / 11. Cease To Exist / 12. Big Iron Door / 13. I Once Knew A Man / 14. Eyes Of A Dreamer 
2006年のCD 『Charles Manson Sings』 のボーナス・トラック
15. Devil Man / 16. The More You Love / 17. Two Pairs Of Shoes / 18. Maiden With Green Eyes (Remember Me) / 19. Swamp Girl / 20. Bet You Think I Care / 21. Look At Your Game, Girl [Alternate Version] / 22. Interview / 23. Who To Blame / 24. True Love You Will Find / 25. My World / 26. Invisible Tears 

チャールズ・マンソンとの関わりはビーチ・ボーイズの黒歴史として名高い。

遊び好きのデニスが偶然に知り合ったマンソンは、すぐにファミリーを連れてデニスの自宅に入り浸るようになり、デニスの後押しもあって、ビーチ・ボーイズの力を借りて自分のレコードを出そうとした。

1968年の夏、ブライアン宅のスタジオで数曲の録音が行われたらしいが、この時の録音はデニスによればすべて廃棄されている。
『ザ・ビーチ・ボーズ・ダイアリー』 によればこの録音のプロデューサーはブライアンとカール、『ブライアン・ウィルソン自叙伝』 『リアル・ストーリー』 によれば関わったのはデニスだけ。

この 『Lie』 というアルバム(1〜14曲目まで)はマンソン・ファミリーが殺人事件を起こして逮捕された後にリリースされたものだが、ブライアン宅で行われた録音ではなく、同時期かそれ以前に別の場所で録音された音源から作られている。
ただし曲自体はブライアン宅での録音のものとほぼ一緒ではないかと思われる。

収録曲のうち、「Cease To Exist」はアルバム 『20/20』 収録のデニスの曲「Never Learn Not To Love」の原曲だとされているが、マンソンは作曲者としてクレジットされなかった。


映画 『アメリカン・グラフィティ』 ('73)
American Graffiti 

ジョージ・ルーカス監督の青春映画。1973年8月11日アメリカ公開。

1962年の夏のカリフォルニアを舞台にしており、挿入歌にビーチ・ボーイズの「Surfin' Safari」と「All Summer Long」(こちらのリリースは1964年だが)が含まれる。

「Surfin' Safari」は劇中の登場人物に「こんな曲は嫌いだ」と言われてしまうが、「All Summer Long」が最高の使い方をされている。

1974年のベスト盤 『終りなき夏』 が企画され、キャピトルの大宣伝のおかげでヒットしたのも、この映画とサントラ盤の大ヒットでオールディーズ人気が再燃したことが背景にあったものと思われる。


ジャック・ライリー&マヒル・ボットマン 『Western Justice - Excerpts From A Diary』 ('75)
Western Justice / Jack Rieley & Machiel Botman

1. America [John Frank Rieley, III]
2. Hot Spit! [J.F.Rieley, III]
3. Cry, Child, Cry [J.F.Rieley, III]
4. Brother Sister & Sister Brother [J.F.Rieley, III-Machiel Botman]
5. Stuck (The Circle) [M.Botman-J.F.Rieley, III]
6. Organ Grinder [J.F.Rieley, III]
7. Much To Discover [J.F.Rieley, III]
8. No Rain But Me [J.F.Rieley, III]
9. Slightly [M.Botman]
10. Frogs [J.F.Rieley, III]
11. Western Justice [J.F.Rieley, III]

アルバム 『サーフズ・アップ』('71)から 『オランダ』('73)までの時期にビーチ・ボーイズのマネージャーになったジャック・ライリーが1975年にリリースしたアルバム。

ライリーはビーチ・ボーイズを時代に合った存在にするために、曲作り・アルバム制作・コンサートの内容などに様々なアイデアを出した。
数曲で作詞作曲も行ったほか、『サーフズ・アップ』 の「A Day In The Life Of A Tree」ではリード・ボーカル、『オランダ』 の「Mt. Vernon And Fairway」では語りを担当している。

このアルバムは 『オランダ』 の後にビーチ・ボーイズのマネージャーを解雇されたライリーが、オランダに残って現地のミュージシャンと作ったコンセプト・アルバムで、重厚なストリングスやビーチ・ボーイズ風のコーラスが配されたプログレッシブ・カントリー・フォーク・ロック(?)といった風情の作品になっていて、ライリーが
『サーフズ・アップ』 『ソー・タフ』 『オランダ』 に注ごうとしたエッセンスに溢れている。

西洋と第三世界間の問題がテーマになっているようで、ライリー執筆の日記形式の小説と歌詞を掲載したブックレットが付属していた(CDでも別冊のブックレットとして復刻)。

ライリーは音楽業界での仕事の後、晩年はIT企業の役員を務めていた(2015年没)。ボットマンは現在では写真家として名を成している。


アマゾンMP3 

Western Justice Homepage 2002年のCD化の際に作られたサイト


ビーチ・ボーイズがカバーした曲のオリジナル集


◆は他の盤に収録されていない曲。

『ビーチ・ボーイズ・クラシックス』 ('93)
The Beach Boys Classics 

1. Sweet Little Sixteen / チャック・ベリー → 「サーフィンU.S.A.」の元ネタ
2. Let's Go Trippin' / ディック・デイル&デル・トーンズ → 『サーフィンU.S.A.』
3. Barbara Ann / リージェンツ → 『パーティ』
4. Devoted To You / エヴァリー・ブラザーズ → 『パーティ』
5. Why Do Fools Fall In Love / フランキー・レイモン&ティーン・エイジャーズ → 『シャット・ダウン Vol.2』
6. Hushabye / ミスティックス → 『オール・サマー・ロング』
7. Come Go With Me / デル・ヴァイキングス → 『M.I.U.アルバム』
8. I'm So Young / スチューデンツ → 『トゥデイ』
9. Mountain Of Love / ハロルド・ドーマン → 『パーティ』
10. Do You Want To Dance / ボビー・フリーマン → 『トゥデイ』
11. ◆ Chapel Of Love / ディキシー・カップス → 『15ビッグ・ワンズ』
12. ◆ I Can Hear Music / ロネッツ → 『20/20』
13. Graduation Day / フォー・フレッシュメン → ライブ盤 『コンサート』
14. Blueberry Hill / ファッツ・ドミノ → 『15ビッグ・ワンズ』
15. In The Still Of The Nite / ファイヴ・サテンズ → 『15ビッグ・ワンズ』
16. Papa-Oom-Mow-Mow / リヴィントンズ → 『パーティ』
17. Hully Gully / オリンピックス → 『パーティ』
18. Palisades Park / フレディ・キャノン → 『15ビッグ・ワンズ』
19. Riot In Cell Block No. 9 / コースターズ → 『サーフズ・アップ』
20. Moon Dawg / ギャンブラーズ → 『サーフィン・サファリ』
21. Alley Oop / ハリウッド・アーガイルズ → 『パーティ』
22. ◆ Then He Kissed Me / クリスタルズ → 『サマー・デイズ』
23. Bluebirds Over The Mountain / アーセル・ヒッキー → 『20/20』
24. Their Hearts Were Full Of Spring / フォー・フレッシュメン → ライブ盤 『'69』


『マジック・トランジスター・ラジオ ブライアン・ウィルソン&ビーチボーイズ・レコーディングス』 ('10)
Magic Transistor Radio / 20 Good Vibrations Recorded By Brian Wilson And The Beach Boys 

1. Do You Want To Dance / ボビー・フリーマン → 『トゥデイ』
2. (The Wreck Of The) 'John B' / キングストン・トリオ → 『ペット・サウンズ』
3. Come Go With Me / デル・ヴァイキングス → 『M.I.U.アルバム』
4. Bluebirds Over The Mountain / アーセル・ヒッキー → 『20/20』
5. Hully Gully / オリンピックス → 『パーティ』
6. Sweet Little Sixteen / チャック・ベリー → 「サーフィンU.S.A.」の元ネタ
7. ◆ One Kiss Led To Another / コースターズ 
8. A Casual Look / シックス・ティーンズ → 『15ビッグ・ワンズ』
9. Alley Oop / ダラス・フラジャー → 『パーティ』
10. I'm So Young / ザ・スチューデンツ → 『トゥデイ』
11. ◆ Shortnin' Bread / アンドリュー・シスターズ → 『L.A.』
12. Why Do Fools Fall In Love / フランキー・レイモン&ティーン・エイジャーズ → 『シャット・ダウン Vol.2』
13. In The Still Of The Nite / ファイヴ・サテンズ → 『15ビッグ・ワンズ』
14. Talk To Me / リトル・ウィリー・ジョン → 『15ビッグ・ワンズ』
15. ◆ Gee / クロウズ → 『スマイル』
16. Cotton Fields / レッドベリー → 『20/20』
17. Riot In Cell Block No. 9 / コースターズ → 『サーフズ・アップ』
18. ◆Tennessee Waltz / パティ・ペイジ → スプリング 『スプリング』
19. Graduation Day / フォー・フレッシュメン → ライブ盤 『コンサート』
20. ◆ Rock And Roll Music / チャック・ベリー → 『15ビッグ・ワンズ』


『The Roots Of The Beach Boys』 ('12)


1. Sweet Little Sixteen / チャック・ベリー → 「サーフィンU.S.A.」の元ネタ
2. Louie Louie / リチャード・ベリー → 『シャット・ダウン Vol.2』
3. Do You Wanna Dance / ボビー・フリーマン → 『トゥデイ』
4. Moon Dawg / ギャンブラーズ → 『サーフィン・サファリ』
5. Hully Gully / ハリウッド・アーガイルズ → 『パーティ』
6. Riot In Cell Block Number 9 / ロビンズ → 『サーフズ・アップ』
7. ◆To Know Him Is To Love Him / テディ・ベアーズ 
8. Graduation Day / フォー・フレッシュメン → ライブ盤 『コンサート』
9. ◆ I Don't Want To Cry Anymore / ハイローズ
10. ◆ Hearts Of Stone / オーティス・ウィリアムズ&チャームス
11. Summertime Blues / エディ・コクラン → 『サーフィン・サファリ』
12. Devoted To You / エヴァリー・ブラザーズ → 『パーティ』
13. Bluebirds Over The Mountain / リッチー・ヴァレンス → 『20/20』
14. Hushabye / ミスティックス → 『オール・サマー・ロング』
15. I'm So Young / スチューデンツ → 『トゥデイ』
16. ◆ Deep Purple / ビリー・ワード&ドミノズ → ビーチ・ボーイズでカバー(未発表)
17. Mountain Of Love / ハロルド・ドーマン → 『パーティ』
18. Cindy Oh Cindy / エディー・フィッシャー → 『サーフィン・サファリ』 ボーナス・トラック
19. Summertime / ジョージ・ガーシュウィン → ブライアン 『リイマジンズ・ガーシュウィン』
20. ◆ Put Your Head On My Shoulder / ポール・アンカ
21. ◆ The Things We Did Last Summer / ジョー・スタッフォード → 『グッド・ヴァイブレーションズ・ボックス』
22. In The Still Of The Nite / ファイヴ・サテンズ → 『15ビッグ・ワンズ』
23. ◆ Ruby Baby / ドリフターズ → 『グッド・ヴァイブレーションズ・ボックス』
24. A Casual Look / シックス・ティーンズ → 『15ビッグ・ワンズ』
25. Blueberry Hill / ファッツ・ドミノ → 『15ビッグ・ワンズ』
26. Cotton Fields / レッドベリー → 『20/20』
27. (The Wreck Of The) 'John B' / キングストン・トリオ → 『ペット・サウンズ』


『Brian Wilson's Jukebox / The Songs That Inspired The Man ('12)


1. Rhapsody In Blue / グレン・ミラー楽団 → ブライアン 『リイマジンズ・ガーシュウィン』
2. ◆ Rock Around The Clock / ビル・ヘイリー&コメッツ
3. ◆ It's A Blue World / フォー・フレッシュメン
4. ◆ Ivory Tower / オーティス・ウィリアムズ&チャームス
5. (Baby) Hully Gully / オリンピックス → 『パーティ』
6. When You Wish Upon A Star / ディオン&ベルモンツ → ブライアン 『イン・ザ・キー・オブ・ディズニー』
7. Why Do Fools Fall In Love / フランキー・レイモン&ティーン・エイジャーズ → 『シャット・ダウン Vol.2』
8. Devoted To You / エヴァリー・ブラザーズ → 『パーティ』
9. Their Hearts Were Full Of Spring / フォー・フレッシュメン → ライブ盤 『'69』
10. Summertime Blues / エディ・コクラン → 『サーフィン・サファリ』
11. Sweet Little Sixteen / チャック・ベリー → 「サーフィンU.S.A.」の元ネタ
12. Moon Dawg! / ギャンブラーズ → 『サーフィン・サファリ』
13. Let's Go Trippin' / ディック・デイル&デル・トーンズ → 『サーフィンU.S.A.』
14. Miserlou / ディック・デイル&デル・トーンズ → 『サーフィンU.S.A.』
15. Louie Louie /  リチャード・ベリー → 『シャット・ダウン Vol.2』
16. ◆ Be My Baby / ロネッツ
17. ◆ Searchin' / コースターズ
18. Hushabye / ミスティックス → 『オール・サマー・ロング』
19. The Wanderer / ディオン → ライブ盤 『コンサート』
20. I'm So Young / スチューデンツ → 『トゥデイ』
21. ◆ There's No Other (Like My Baby) / クリスタルズ → 『パーティ』
22. Barbara Ann / リージェンツ → 『パーティ』
23. ◆ Turn! Turn! Turn! / バーズ
24. Do You Want To Dance / ボビー・フリーマン → 『トゥデイ』
25. Wreck Of The John B / キングストン・トリオ → 『ペット・サウンズ』
26. ◆ Listen To Me / バディ・ホリー
27. Summertime / ビリー・ホリデイ → ブライアン 『リイマジンズ・ガーシュウィン』


『Graduation Day / 50 Songs That Shaped The Beach Boys ('13)


【Disc 1】
1. Graduation Day / フォー・フレッシュメン → ライブ盤 『コンサート』
2. ◆ Smokey Joe's Cafe / ロビンズ
3. ◆ Two Step Side Step / ボニー・ルー → ブライアンの父マリー・ウィルソン作曲
4. ◆ Jennie Lee / ジャン&アーニー
5. ◆ Teen Beat / サンディ・ネルソン
6. ◆ Hideout / ジョン&ジュディ
7. Sweet Little Sixteen / チャック・ベリー → 「サーフィンU.S.A.」の元ネタ
8. ◆ At The Hop / ダニー&ジュニアズ
9. Bluebirds Over The Mountain / リッチー・ヴァレンス → 『20/20』
10. ◆ Bermuda Shorts / デルロイズ
11. Devoted To You / エヴァリー・ブラザーズ → 『パーティ』
12. Baby Hully Gully / オリンピックス → 『パーティ』
13. Summertime Blues / エディ・コクラン → 『サーフィン・サファリ』
14. Sloop John B / キングストン・トリオ → 『ペット・サウンズ』
15. Barbara Ann / リージェンツ → 『パーティ』
16. ◆ Corinne, Corinna / レイ・ピーターソン
17. ◆ He's Sure The Boy I Love / クリスタルズ
18. Why Do Fools Fall In Love / フランキー・レイモン&ティーン・エイジャーズ → 『シャット・ダウン Vol.2』
19. A Casual Look / シックス・ティーンズ → 『15ビッグ・ワンズ』
20. ◆ Young Blood / コースターズ → カール 『ヤングブラッド』
21. When You Wish Upon A Star / ディオン&ベルモンツ → ブライアン 『イン・ザ・キー・オブ・ディズニー』
22. ◆ The Train Of Love / アネット
23. ◆ Old Cape Cod / パティ・ペイジ
24. Rhapsody In Blue / グレン・ミラー楽団 → ブライアン 『リイマジンズ・ガーシュウィン』
25. ◆ I Got Rhythm / エラ・フィッツジェラルド

【Disc 2】
1. Let's Go Trippin' / ディック・デイル → 『サーフィンU.S.A.』
2. Their Hearts Were Full Of Spring / フォー・フレッシュメン → ライブ盤 『'69』
3. The Wanderer / ディオン → ライブ盤 『コンサート』
4. ◆ A Million To One / ジミー・チャールズ
5. Palisades Park / フレディ・キャノン → 『15ビッグ・ワンズ』
6. Cindy, Oh Cindy / ヴィンス・マーティン → 『サーフィン・サファリ』 ボーナス・トラック
7. Papa-Oom-Mow-Mow / リヴィントンズ → 『パーティ』
8. Hushabye / ミスティックス → 『オール・サマー・ロング』
9. Do You Want To Dance / ボビー・フリーマン → 『トゥデイ』
10. ◆ Money Honey / クライド・マクファター&ドリフターズ
11. ◆ Johnny B Goode / チャック・ベリー → ライブ盤 『コンサート』
12. Mountain Of Love / ハロルド・ドーマン → 『パーティ』
13. ◆ Heart And Soul / ジャン&ディーン
14. Alley-Oop / ハリウッド・アーガイルズ → 『パーティ』
15. ◆ Monster Mash / ボビー・”ボリス”・ピケット&クリプト・キッカーズBobby Boris Pickett and The Crypt Kickers) → ライブ盤 『コンサート』
16. In The Still Of The Nite / ファイヴ・サテンズ → 『15ビッグ・ワンズ』
17. ◆ Running Bear / ジョニー・プレストン
18. Come Go With Me / デル・ヴァイキングス → 『M.I.U.アルバム』
19. Talk To Me, Talk To Me / リトル・ウィリー・ジョン → 『15ビッグ・ワンズ』
20. ◆ Sea Cruise / フランキー・フォード → ベスト盤 『テン・イヤーズ・オブ・ハーモニー』
21. Miserlou / ディック・デイル&ザ・デル-トーンズ → 『サーフィンU.S.A.』
22. I'm So Young / スチューデンツ → 『トゥデイ』
23. Cotton Fields / ハイウェイメン → 『20/20』
24. ◆ Little Girl Blue / フォー・フレッシュメン
25. Louie Louie / リチャード・ベリー&ファラオズ → 『シャット・ダウン Vol.2』


ビーチ・ボーイズ(とその周辺)をドラマ化した映像作品


TVムービー 『ビーチ・ボーイズ リアル・ストーリー』 ('90)
Summer Dreams / The Story Of The Beach Boys

P.SD.JPG - 60,091BYTES

書籍 『リアル・ストーリー』 を元にした1990年制作のTVムービー。96分。

本と同様、デニスの死を頭と終わりに配し、グループ内のゴタゴタを中心に展開していく。

この内容でメンバーの承認を得られようはずもなく、訴訟を起こされ廃盤になったとのこと。

日本では1990年にVHSビデオ(東芝 TOVE-3064)とレーザーディスク(TOLE-3064)で発売されたが、未DVD化。

左は輸入盤DVD。


未ソフト化

TVムービー 『ビーチ・ボーイズ物語 僕らのサーフィンUSA』 ('00)
The Beach Boys / An American Family

P.AAF.JPG - 126,243BYTES

2000年制作のTVムービー。177分。

日本では2002年にCS放送のスター・チャンネルで前後編に分けて放送されたが、ソフト化はされていない。

ブライアンはこの作品に対して、特に後半が事実と異なることが多いと苦言を呈しているらしい(英語版ウィキペディアより)。



ブルーレイ

映画 『ラブ&マーシー 終わらないメロディー』 ('15)
Love & Mercy

P.LAM.JPG - 35,599BYTES

ブライアン公認の伝記映画。120分。
日本公開は2015年8月。

ソフト化についてはブライアンの映像ページで。

映画の公式サイト(日本語)


P.DCVHS.JPG - 57,563BYTES

アマゾンに
商品なし

TVムービー 『夢のサーフシティー』 ('78)
Deadman's Curve

P.DC.JPG - 22,405BYTES

ジャン&ディーンの伝記映画で、ジャン・ベリーの交通事故と復帰を中心にドラマ化している。96分。

ラストのコンサートの場面でマイクとブルースが本人役で登場し、ジャン・ベリーも観客としてカメオ出演しているらしい。

元はTVムービーだが、日本では劇場公開され、ビデオ(キング K48V-15006)も発売されたが未DVD化。


日本未ソフト化

チャールズ・マンソンを題材にした映画

Helter Skelter ('04) TVムービー 配役にデニスを含む
 日本では、WOWOWで 『ヘルター・スケルター2004』、スターチャンネルで 『
ヘルター・スケルター/マンソン事件の真実』 のタイトルで放送。
Will You Kill For Me? Charles Manson And His Followers ('08) TVムービー 配役にデニスを含む
Manson ('09) TVムービー 配役にデニスを含む
Lie ('09) 短編映画 配役にデニスを含む
Manson's Lost Girls ('16) TVムービー 配役にデニスを含む
Bigger Than The Beatles ('17) 配役にデニス、マイク、ブライアン、カール、アルを含む
Manson Girls ('?) 配役にデニスを含む

リンクは IMDb の作品ページ。短編の 『Lie』 のみリンク先で全編視聴可能。


このページの先頭へ

inserted by FC2 system