HOME 

 ビーチ・ボーイズ  どれから聴くかガイド 
  スタジオ・アルバム1  スタジオ・アルバム2('98〜'11)  紙ジャケットCD  ライブ  共演/参加作品 
  レア・トラック1(編集盤)  レア・トラック2(その他)  ベスト盤/コンピレーション盤  ペット・サウンズ 
  映像1(ソフト別)  映像2(映像別) 
  書籍・雑誌  番外編  
  編集盤詳細 モーガン・テープス  ザ・ビーチ・ボーイズ・ボックス('80)  テン・イヤーズ・オブ・ハーモニー 
          レアリティーズ&メドレー  グッド・ヴァイブレーションズ・ボックス  シングル・コレクション 
          Perfect Harmony  ペット・サウンズ・セッションズ  エンドレス・ハーモニー  クリスマス・アルバム 
          ホーソーン、カリフォルニア  カリフォルニア・フィーリン  サウンズ・オブ・サマー 
          ウォームス・オブ・ザ・サン  サマー・ラヴ・ソングス  スマイル  カリフォルニアの夢 
          ペット・サウンズ 50th  

 ソロ作品 
  ブライアン1  ブライアン2  ブライアン3  ブライアン映像 
  ブライアン参加1  ブライアン参加2  ブライアン参加3 
  デニス  カール  マイク  アル  ブルース  

 新商品情報 

 更新履歴 

クリスマス・アルバム ('64)
The Beach Boys' Christmas Album


【アナログA面】
1. Little Saint Nick [B.Wilson-M.Love]
2. The Man With All The Toys [B.Wilson-M.Love]
3. Santa's Beard [B.Wilson-M.Love]
4. Merry Christmas, Baby [B.Wilson-M.Love]
5. Christmas Day [B.Wilson]
6. Frosty The Snowman [S.Nelson-J.Rollins]
【アナログB面】
7. We Three Kings Of Orient Are [J.Hopkins]
8. Blue Christmas [Billy Hayes-Jay W.Johnson]
9. Santa Claus Is Coming To Town [J.F.Coots-H.Gillespie]
10. White Christmas [Irving Berlin]
11. I'll Be Home For Christmas [W.Kent-K.Gannon]
12. Auld Lang Syne [Traditional]


『クリスマス・アルバム』 は1964年の11月に発売されました。
CD化は1988年の米国盤が最初で、1991年にリマスター盤が出て、1998年には多数の未発表曲を追加して「完全版」として新装発売されています。

これらはそれぞれ追加収録曲に違いがあり、数種類のバージョンがある「Little Saint Nick」や、シングルB面収録曲「The Lord's Prayer」の内容が変わっています。

以下に各商品の仕様の違いをまとめますが、その前にバージョン違いのある曲について整理しておきます。

1.Little Saint Nick


■アルバム収録バージョン(ステレオ)
鉄琴・鈴の音なし。ボーカルは左右から。エンディングの「Christmas comes this time each year」の2回目がほとんど右だけになる。
1989年の日本での初CD化盤 『クリスマス・パーティ!』 は他の盤とは左右のチャンネルが逆になっているので、上記の部分は左から聴こえる。

■アルバム収録バージョン(モノラル)
鉄琴・鈴の音なし。ステレオよりフェイド・アウトが早い。

■シングル・バージョン(モノラル)
鉄琴・鈴の音あり。
『クリスマス・アルバム(旧版すべて)』、『グッド・ヴァイブレーション・ボックス』、『シングル・コレクション(日本企画)』、『USシングル・コレクション』 に収録。
『ザ・ビーチ・ボーイズ・ボックス』 には疑似ステレオ版で収録されている。

■シングル・バージョン(ステレオ1)
鉄琴・鈴の音あり(大きくミックスされている)。ボーカルは左右から。エンディングの「Christmas comes this time each year」はすべて左右両方から聴こえる。
1992年の米オムニバス盤 『Legends Of Christmas Past』 で初登場し、『クリスマス・アルバム(旧版のうち1994年と1997年発売の日本盤)』、『シングル・コレクション(日本企画)』 にも収録。

■シングル・バージョン(ステレオ2)
鉄琴・鈴の音あり。ドラムが右で、ボーカルは真ん中から。エンディングが他のバージョンより少し長く、「Ah〜, Merry Christmas Saint Nick」が4回目まで聴こえる(ブライアンが「Christmas」の所で一音上げる)。
1998年の 『クリスマス・アルバム[完全版]』 に収録。
2016年12月にビーチ・ボーイズのYouTube公式チャンネルにこのバージョンの歌詞付きビデオがアップされたが、「1991 Remix」と題されていた。

■シングル・バージョン(ステレオ3)
鉄琴・鈴の音あり。ボーカルは左右から。エンディングの「Christmas comes this time each year」の2回目がほとんど右だけになる。
2008年の 『USシングル・コレクション』 で初登場したステレオ・ミックス。

■インスト・バージョン(モノラル)
シングル・バージョンのカラオケ(鉄琴・鈴の音あり)。
『スタック・オー・トラックス』 に収録。

■“Drive-In”バージョン(モノラル/ステレオ)
「Little Saint Nick」 の歌詞を 「Drive-In」 のオケで歌ったもの。
本来、最初に録音されたのがこのバージョンだったが、オケには別の歌詞をつけて「Drive-In」として発表され、歌詞には新たに作曲されたメロディがついて現在の「Little Saint Nick」になった。
『クリスマス・アルバム(旧版のうち1991年発売の米盤とその音源を使用した1994年と1997年の日本盤)』 にモノラル、『クリスマス・アルバム[完全版]』 にステレオで収録。


2.The Lord's Prayer ※シングル「Little Saint Nick」のB面曲

■モノラル
『クリスマス・パーティ!(1989年発売の日本盤)』、『シングル・コレクション(日本企画)』、『USシングル・コレクション』、『ザ・ビーチ・ボーイズ・ボックス』、『レアリティーズ』 に収録。

■ステレオ1
『クリスマス・アルバム(旧版のうち1991年発売の米盤とその音源を使用した1994年と1997年の日本盤)』 に収録。

■ステレオ2(リミックス) 各ボーカルの位置を多少変更しているようだが、ステレオ1とそれほど違う印象はない。
『ホーソーン、カリフォルニア』、『USシングル・コレクション』 に収録。


3.Auld Lang Syne

■デニスの語りのないバージョン(モノラル)
『クリスマス・アルバム(旧版のうち1991年発売の米盤とその音源を使用した1994年と1997年の日本盤)』、『ザ・ビーチ・ボーイズ・ボックス』、『レアリティーズ』 に収録。

■デニスの語りのないバージョン(ステレオ) 演奏前のカウントつき。
『クリスマス・アルバム[完全版]』 に収録。


4.エンディングに微妙な違いのある曲

これまでにデジタル化されている音源を内容の違いから分けると以下の6種類になり、うち6曲はエンディングに微妙な違いがある。
A:1988年の米盤 アルバムの12曲中、1〜5の5曲のみモノラル 
B:1989年の日本盤 アルバム全曲がステレオ 
C:1991年の米盤(とその音源を使用した1994年と1997年の日本盤) アルバムの12曲中、2〜5の4曲のみモノラル
D:1998年の「完全版」 アルバム全曲がステレオ(Bとは左右のチャンネルが逆)
E:2015年の配信版 モノラル
F:2015年の配信版 ステレオ(Bとは左右のチャンネルが逆)

トラック1. Little Saint Nick(アルバム・バージョン)
BとCとDとF(ステレオ)の方がE(モノラル)より長い。ステレオはエンディングのリフレインが3回でフェイド・アウトするが、モノラルは2回。
ただしステレオの中でもFは音が消えるタイミングがほんの少し早く、「Christmas comes this time each year」で消えるのに対し、他のステレオはそのあとの「ア〜ア〜ア〜」まで聴こえる。
また、Bのステレオは他のステレオに対して左右のチャンネルが逆になっている。
Aにはアルバム・バージョンではなく、モノラル・シングル・バージョンが収録されている。

トラック2. The Man With All The Toys
Eのモノラルが最も長く、エンディングのリフレインは3回目の「He's the man (オッ) with all (オッ) the toys」まで聴けるが、AのモノラルおよびBとDとF(ステレオ)は「He's the man (オッ)」のあとのギターで音が消える。Cのモノラルは最も短く、「He's the man (オッ)」まででフェイド・アウト。
また、Bのステレオは他のステレオに対して左右のチャンネルが逆になっている。

トラック3. Santa's Beard
BとDとF(ステレオ)の方がAとCとE(モノラル)よりほんの少し長い。ステレオは「He's just helpin' Santa Claus」まで聴こえるが、AとCのモノラルは「He's just helpin'」まででフェイド・アウトし、Eのモノラルは「He's just」まででフェイド・アウト。
また、Bのステレオは他のステレオに対して左右のチャンネルが逆になっている。

トラック4. Merry Christmas, Baby
AとCのモノラルの方がBとDとF(ステレオ)よりほんの少し長い。モノラルはエンディングのリフレインの「Merry Christmas, Baby」が6回まで聴こえるが、ステレオは4回でフェイド・アウト。
ただしステレオの中でもFは音が消えるタイミングがほんの少し早く、「Merry Chris」で消えるのに対し、他のステレオは「Merry Christmas, Baby」まで聴こえる。
また、Bのステレオは他のステレオに対して左右のチャンネルが逆になっている。
Eのモノラルは間奏後の歌が入ったところでフェイド・アウトしてしまう(オリジナル・アナログ盤のモノラルと同じ長さ)。

トラック5. Christmas Day
AとCとE(モノラル)の方がBとDとF(ステレオ)よりほんの少し長い。モノラルは「And I'll never outgrow the thrill of Christmas day」まで聴こえるが、BとDのステレオは「And I'll never outgrow the thrill」あたりまででフェイド・アウトし、Fのステレオは「And I'll never outgrow the thrill」の手前でフェイド・アウトするので、このフレーズ自体が聴けない。
また、Bのステレオは他のステレオに対して左右のチャンネルが逆になっている。

トラック7. We Three Kings Of Orient Are
E(モノラル)およびBとDとFのステレオはアナログLPと同じくアカペラのエンディングがフェイド・アウトするが、AとCのステレオは自然に終る。
また、BのステレオはDとFのステレオに対して左右のチャンネルが逆になっており、AとCのステレオはBのステレオの一部の音を中央に寄せたリミックス版になっている(こ.こに挙げた6曲以外の残り6曲のステレオに関しても同じ)。


1988年
The Beach Boys' Christmas Album (米盤)

米キャピトルからの世界初CD化(CDP 7 91008 2)。1988年発売。
アルバムの12曲のみで、1〜5の5曲のみモノラル。

このCD化のためにリミックス作業が行われたと思われ、オリジナル・アナログ・マスターのモノラルおよびステレオとは微妙な違いがある。

1曲目の「Little Saint Nick」はモノラル・シングル・バージョン。残りの11曲の長さや音像などは1991年のリマスター盤とほぼ同じ(「The Man With All The Toys」のみ、1991年盤はフェイド・アウトが若干早い)。

6〜12曲目のステレオは1998年の「完全版」のステレオとは左右のチャンネルが逆になっており、1989年の日本盤とは左右のチャンネルはだいたい同じだが、一部の音を中央に寄せたリミックス版になっている。


1989年
ビーチ・ボーイズ・クリスマス・パーティ!

日本初CD化(TOCP-5945)。1989年11月21日発売。1989年に日本独自で60年代のオリジナル・アルバムの多くを世界初CD化した際の最後に出た。

アルバムの12曲はすべてステレオ(「Little Saint Nick」はアルバム・バージョン)だが、1998年の「完全版」のステレオとは左右のチャンネルが逆になっている。

この時点で日本で入手した(あるいは「していた」)アナログ・マスターをデジタル化したものだと思われる。

アルバムの12曲の前に下記のシングル音源を追加した全14曲。

1. Little Saint Nick シングル・バージョン モノラル(鉄琴・鈴の音入り)
2. The Lord's Prayer モノラル


1991年
The Beach Boys' Christmas Album (米盤)

米キャピトルからのリマスターCD(CDP 7 95084 2)。1991年発売。1990年にキャピトルが60年代のオリジナル・アルバムを2イン1でCD化した後に出た。

アルバムの12曲中、2〜5の4曲のみモノラル。1988年の初CD化盤ではモノラル・シングル・バージョンだった1曲目がステレオ・アルバム・バージョンに戻されている。

「Little Saint Nick」のステレオ・アルバム・バージョンは、左右のチャンネルが上の日本盤とは逆で、1998年の「完全版」のステレオと同じになっている。

残りの曲は1988年の初CD化盤と同じリミックス版で、「The Man With All The Toys」(モノラル)のみフェイド・アウトが若干早くなっている。


6〜12曲目のステレオは1998年の「完全版」のステレオとは左右のチャンネルが逆で、1989年の日本盤とは左右のチャンネルはだいたい同じだが、一部の音を中央に寄せたリミックス版になっている。

アルバムの12曲に下記のボーナス・トラック4曲を追加した全16曲。

13. Little Saint Nick シングル・バージョン モノラル(鉄琴・鈴の音入り)
14. The Lord's Prayer ステレオ1
15. Little Saint Nick “Drive-In”バージョン モノラル
16. Auld Lang Syne デニスの語りのないバージョン モノラル

14がステレオ1で収録された。


1991年
Merry Christmas From The Beach Boys (米盤)

アルバムの12曲のうち9曲を曲順を変えて収録したもの。
あまり価値のない廉価盤。

「Little Saint Nick」とオリジナル盤の3、4曲目の計3曲はモノラル。

1. Santa Claus Is Coming to Town
2. We Three Kings of Orient Are
3. Frosty the Snowman
4. Blue Christmas
5. I'll Be Home for Christmas
6. Little Saint Nick シングル・バージョン モノラル(鉄琴・鈴の音入り)
7. White Christmas
8. Santa's Beard モノラル
9. Merry Christmas, Baby モノラル

この選曲で1984年にカセットで出たものが最初で、1991年と1997年にジャケットを変えてCDで再発されている模様。
左の商品は1997年発売(とアマゾンには記載されているが、商品の裏面には「2002」の文字が)。


1992年
Legends Of Christmas Past
 (米盤)

「EMI Records USA」からリリースされたオムニバス盤(0777-7-99987-2 2)。

「Little Saint Nick」のシングル・バージョンのステレオ・ミックス(上記の「ステレオ1」)が初めて世に出た。
このミックスは1993年の 『シングル・コレクション(日本編集盤)』 と日本盤の 『クリスマス・アルバム』 にも収録された。

リミックスはロン・ファーマネクとケヴィン・リーヴス。

残りはビーチ・ボーイズ以外の曲で、全20曲のうち、初めてステレオ・ミックスが登場したものが9曲ある(◎の曲)。

1. The Chipmunk Song (Christmas Don't Be Late) - The Chipmunks / 2. ◎ Rockin' Around The Christmas Tree - Bill Haley And The Comets(未発表音源)/ 3. Let's Make Christmas Merry, Baby - Amos Milburn / 4. It's Christmas Time - The Five Keys / 5. I Want Elvis For Christmas - The Holly Twins / 6. Merry Christmas, Baby - Charles Brown / 7. It's Christmas Time - Marvin & Johnny / 8. Frosty (The Snow Man) - Jan & Dean / 9. ◎ White Christmas - The Statues / 10. ◎ Wintertime - The Belmonts / 11. Monster Holiday - Lon Chaney Jr. / 12. ◎ Little Saint Nick (single version) - The Beach Boys / 13. A Not So Merry Christmas - Bobby Vee / 14. ◎ Look Around You (It's Christmas Time) - Bobby Goldsboro / 15. Rudolph The Red-Nosed Reindeer - The Ventures / 16. ◎ Silent Night - Baby Washington / 17. God Rest Ye Merry Gentlemenn - Manfred Mann / 18. ◎ Christmas Blues - Canned Heat / 19. ◎ Jingle Bell Rock - Bill Haley And The Comets(未発表音源)/ 20. ◎ The Chipmunk Song - Canned Heat & The Chipmunks / シークレット・トラック. Christmas Greetings From Various Artists

「Little Saint Nick」のシングル・バージョンのステレオ・ミックスは、このあと1998年の 『クリスマス・アルバム[完全版]』 と2008年の 『USシングル・コレクション』 で合計3バージョンがリリースされることになる。


1994年
ビーチ・ボーイズ・クリスマス・パーティ!

米キャピトルからのリマスターCD(CDP 7 95084 2)の日本盤として出たもの(TOCP-8408)。1994年10月26日発売。
アルバムの12曲中、2〜5の4曲のみモノラル。

91年米盤の4曲のボーナス・トラックに、上の 『Legends Of Christmas Past』 で初登場したステレオ1を日本のみで追加した全17曲。

17. Little Saint Nick シングル・バージョン ステレオ1(鉄琴・鈴の音入り)


このステレオ1は、1993年の 『シングル・コレクション(日本編集盤)』 にも収録されている。


1997年
クリスマス・アルバム

P.XMAS3.JPG - 80,977BYTES

上の日本語タイトルを変えた再発盤(TOCP-3331)。1997年11月7日発売。

収録曲・内容は上と同じ。全17曲。


1998年
クリスマス・アルバム[完全版]
Ultimate Christmas

P.XMAS98.JPG - 57,545BYTES

アルバムの12曲に多数の未発表曲を加え、ジャケットも変えた新装版の日本盤(TOCP-65006)。1998年11月18日発売。以降同じ品番で何度か再発されている。

アルバムの12曲はすべてステレオになった(「Little Saint Nick」はアルバム・バージョン)。これまでのCDとはほぼ全曲で左右のチャンネルが逆になっている(2015年の配信版のステレオも同じ)。

以下の3曲はアルバム収録曲の別バージョン
13. Little Saint Nick シングル・バージョン ステレオ2(鉄琴・鈴の音入り)
14. Auld Lang Syne デニスの語りのないバージョン ステレオ 演奏前のカウントつき
15. Little Saint Nick “Drive-In”バージョン ステレオ

以下は1977年に録音したが発売されなかった第2のクリスマス・アルバム用の曲など
16. Child Of Winter(Christmas Song) [B.Wilson-Stephen Kalinich] 
17. Santa's Got An Airplane [A.Jardine-B.Wilson-M.Love] 
18. Christmas Time Is Here Again
   [Buddy Holly/Norman Petty/Jerry Allison/new lyrics by A.Jardine] 
19. Winter Symphony [B.Wilson] 
20. (I Saw Santa)Rockin' Around The Christmas Tree [B.Wilson-A.Jardine] 
21. Mele Kalikimaka [A.Jardine-M.Love] 
22. Bells Of Christmas [A.Jardine-R.Altbach-M.Love] 
23. Morning Christmas [D.Wilson] 
24. Toy Drive Public Service Announcement 
25. Dennis Wilson Christmas Message 
26. Brian Wilson Christmas Interview[1964] 


「Little Saint Nick」のステレオ・シングル2が収録されたのはいいが、ステレオ・シングル1とモノラル・バージョンが聴けなくなってしまった。
「The Lord's Prayer」も未収録。
「Auld Lang Syne」の「デニスの語りのないバージョン」はステレオになり、演奏前のカウントも聴けるようになった。
「Little Saint Nick」の“Drive-In”バージョンもステレオになった。


2004年
Christmas With The Beach Boys (米盤)

上の「完全版」から「Christmas Time Is Here Again」を除いた全25曲を収録し、タイトルとジャケットを変えたもの。2004年9月9日発売。

あまり価値のない廉価盤。


2009年
Christmas Harmonies (米盤)

アルバムの12曲と、1998年の「完全版」に入っていた追加トラックから3曲を曲順を変えて収録したもの。2009年8月25日発売。
あまり価値のない廉価盤。

「Little Saint Nick」とオリジナル盤の2〜5曲目の計5曲はモノラル。

1. Santa Claus Is Coming To Town 
2. Frosty The Snowman 
3. White Christmas 
4. Little Saint Nick シングル・バージョン モノラル(鉄琴・鈴の音入り)
5. Christmas Day モノラル
6. I'll Be Home For Christmas 
7. Santa's Beard モノラル
8. Child Of Winter(Christmas Song) 
9. Merry Christmas, Baby モノラル
10. Blue Christmas 
11. Mele Kalikimaka 
12. (I Saw Santa)Rockin' Around The Christmas Tree 
13. The Man With All The Toys モノラル
14. We Three Kings Of Orient Are 
15. Auld Lang Syne デニスの語りのないバージョン ステレオ  

アマゾン 2012年再発盤


2011年
The Beach Boys' Christmas Album (米盤)

アルバムの全12曲のみで、ボーナス・トラックなしのオリジナル・ジャケットでの再発。 
2011年10月4日発売。

MP3のサンプルを聴く限りでは、1988年の初CD化盤と同じ音源らしい(1〜5の5曲のみモノラル)。

アマゾンMP3


2015年
ハイレゾ配信

アルバムの全12曲をモノラル/ステレオ/モノラル&ステレオの3種で販売。 
2015年8月21日発売。

モノラルはオリジナル・アナログ盤で聴けた通りのミックスで初デジタル化。

すべてflac 192kHz/24bit。

e-onkyo  モノラル  ステレオ  モノラル&ステレオ 


ハイレゾではないが、iTunes でも2015年にこれと同内容のモノラル&ステレオ版が発売された。


このページの先頭へ

inserted by FC2 system