HOME 

 ビーチ・ボーイズ  どれから聴くかガイド  CD化の歴史 
  スタジオ・アルバム1  スタジオ・アルバム2('98〜'11)  紙ジャケットCD  ライブ  共演/参加作品 
  レア・トラック1(編集盤)  レア・トラック2(その他)  ベスト盤/コンピレーション盤  ペット・サウンズ 
  映像1(ソフト別)  映像2(映像別)  クリスマス・アルバム 
  書籍・雑誌  番外編  
  編集盤詳細 モーガン・テープス  ザ・ビーチ・ボーイズ・ボックス('80)  テン・イヤーズ・オブ・ハーモニー 
          レアリティーズ&メドレー  グッド・ヴァイブレーションズ・ボックス  シングル・コレクション 
          Perfect Harmony  ペット・サウンズ・セッションズ  The Greatest Hits 1&2  エンドレス・ハーモニー 
          ホーソーン、カリフォルニア  カリフォルニア・フィーリン  サウンズ・オブ・サマー 
          ウォームス・オブ・ザ・サン  サマー・ラヴ・ソングス  スマイル  カリフォルニアの夢 
          ペット・サウンズ 50th  サンシャイン・トゥモロウ 

 ソロ作品 
  ブライアン1  ブライアン2  ブライアン3  ブライアン映像 
  ブライアン参加1  ブライアン参加2  ブライアン参加3 
  デニス  カール  マイク  アル  ブルース  

 新商品情報 

 更新履歴 

ペット・サウンズ 50周年記念版 ('16)
Pet Sounds : 50th Anniversary Edition


◎スーパー・デラックス・エディション CD4枚+ブルーレイ・ディスク1枚
 
デラックス・エディション CD2枚
 
アナログLP モノラル、ステレオ 海外のみ



◎スーパー・デラックス・エディション CD4枚+ブルーレイ・ディスク1枚

   
      日本盤            輸入盤 
   UICY-77778 


※タイトル後の「PSS 1-X」は1997年のボックス 『ペット・サウンズ・セッションズ』 の収録位置を示す
【Disc 1 (CD)】
PET SOUNDS (Mono)  『ペット・サウンズ』 全曲のモノラル・ミックス(2016年リマスター)
1972年に 『カール&ザ・パッションズ - ソー・タフ』 との2枚組で再発された際に、カールが監修したモノラル・マスター(初CD化)。
1-1. Wouldn't It Be Nice  2:34
イントロで音が揺れる(というか跳ねる)ように聴こえる。
1-2. You Still Believe In Me  2:34
1-3. That's Not Me  2:28
1-4. Don't Talk (Put Yur Head On My Shoulder)  2:56
1-5. I'm Waiting For The Day  3:05
イントロで音が揺れる。
1-6. Let's Go Away For Awhile  2:24 
テンポが変わる所(1:00あたり)に「ブツッ、ブツッ、ブツッ」というノイズが入っている(オリジナル・アナログ盤通り)。
1-7. Sloop John B  2:56 
1-8. God Only Knows  2:53 
1-9. I Know There's An Answer  3:16 
1-10. Here Today  3:06
1-11. I Just Wasn't Made For These Times  3:19 
1-12. Pet Sounds  2:37 
0:55 あたりにテープのキズで発生するような音の揺れがある(オリジナル・アナログ盤通り)。
1-13. Caroline, No  2:52 
PET SOUNDS (Stereo)  『ペット・サウンズ』 全曲のステレオ・ミックス(2016年リマスター)
2012年のリマスターで2度目の修正が行われたステレオ・ミックスをリマスターしたもの。
1-14. Wouldn't It Be Nice  2:34
中間部のリード・ボーカルがオリジナル通りマイクに戻されている(2000年修正)。
この盤では冒頭が若干フェイド・イン処理されている。ブルーレイ収録のハイレゾ版も同じ(何らかの理由があってこうなっているのか、もしくはミスなのかは不明)。
1-15. You Still Believe In Me  2:34
ブライアンのリード・ボーカルがオリジナル通りダブル・トラックになっている(2012年修正)。
1-16. That's Not Me  2:28
1-17. Don't Talk (Put Yur Head On My Shoulder)  2:56
1-18. I'm Waiting For The Day  3:05
1-19. Let's Go Away For Awhile  2:24 
1-20. Sloop John B  2:56 
1-21. God Only Knows  2:53 
エンディングの頭のリード・ボーカルがブライアンからカールに代わっている。
1-22. I Know There's An Answer  3:16 
1-23. Here Today  3:06
1-24. I Just Wasn't Made For These Times  3:19 
1-25. Pet Sounds  2:37 
モノラル・ミックスで聴けるイントロのパーカッション1音と最初のギターがカットされている。
1-26. Caroline, No  2:52 
※その他、「Here Today」の間奏部分などに顕著な演奏以外の音(会話など)は削除されている。
ADDITIONAL MATERIAL  ボーナス・トラック 日付は 『ザ・ビーチ・ボーイズ・ダイアリー』 から
1-27. Caroline, No [promotional spot#2]  0:28 モノラル (PSS 3-25)
「Caroline, No」のシングル盤のプロモーションのためのラジオ・スポット。66/3/7録音。 
1-28. Don't Talk ... [unused background vocals]  0:55 (PSS 3-15)
「Don't Talk」用のバック・コーラス(歌い出しの数小節用)で、結局使われなかった。 
1990年発売の 『ペット・サウンズ』 単品CDのボーナス・トラック「Unreleased Backgrounds」で初めて世に出たが、1997年の 『ペット・サウンズ・セッションズ』 に収録するにあたりステレオ化されており、カウントの前のブライアンの声も追加され、5秒ほど長くなっている。
1-29. Hang On To Your Ego  3:11 モノラル (PSS 3-19)
「I Know There's An Answer」の変更前のタイトルと歌詞のバージョン。ビーチ・ボーイズらしくない歌詞であるとしてメンバーの反対にあったため書き直された。 
ほとんどの 『ペット・サウンズ』 のCDに収録されているのはブライアンが全編でリード・ボーカルを取るバージョンだが、こちらはマイクが1番と2番の最初のフレーズだけリードを取っている(1番の最初のフレーズを歌い終わったマイクが「ブルルル…」という声を発する)。 
『グッド・ヴァイブレーションズ・ボックス』 『ペット・サウンズ 40thアニヴァーサリー・エディション』 に収録されているものと同じ。
1-30. Caroline, No [promotional spot#1]  0:31 モノラル (PSS 3-12)
「Caroline, No」のシングル盤のプロモーションのためのラジオ・スポット。66/3/7録音。


【Disc 2 (CD)】
THE PET SOUNDS SESSIONS  セッション音源集 日付は商品に付属のブックレットから
Sloop John B バッキング・トラック:65/7/12録音 ボーカル:65/12/22録音 
2-1. Highlights from tracking date (セッションのハイライト)  1:04 (PSS 1-14)
2-2. Stereo backing track (ステレオ・カラオケ)  3:16 (PSS 1-15)
Trombone Dixie 65/11/1録音 
2-3. Highlights from tracking date (セッションのハイライト)  1:26 (PSS 1-16)
2-4. Stereo backing track (ステレオ・バッキング・トラック)  2:48 (PSS 1-17)
1990年発売の 『ペット・サウンズ』 単品CDのボーナス・トラックでも聴けるが、そちらはモノラルで、フェイド・アウトで終わるなど編集も少し違う(最近の再発盤には収録されていない)。
Pet Sounds 65/11/17録音 
2-5. Highlights from tracking date (セッションのハイライト)  0:56 (PSS 1-18)
2-6. Stereo track without guitar overdub (ギター・オーヴァーダブ前のステレオ・トラック)  2:46 (PSS 1-19)
Let's Go Away For Awhile ベーシック・トラック:66/1/18録音 ストリングス他:66/1/19録音
2-7. Highlights from tracking date (セッションのハイライト)  2:20 (PSS 1-20)
2-8. Stereo track without string overdub (ストリングス・オーヴァーダブ前のステレオ・トラック)  2:50 (PSS 1-21)
Wouldn't It Be Nice バッキング・トラック:66/1/22録音 ボーカル:66/3〜4月録音 
2-9. Highlights from tracking date (セッションのハイライト)  7:19 (PSS 1-22)
テイク1のあと4に飛び、テイク5のあと8に飛び、さらに先のテイクまで収録。
■『ペット・サウンズ』 DVDオーディオに収録の「session highlights」(3:46)はテイク1、2、4、5の順に聴ける(テイク5は短く編集されている)。
■50周年記念スーパー・デラックス・エディションのブルーレイに収録の「session highlights」(約8分)はDVDオーディオ版の先にさらに2つのテイクを追加したもの(これまでに発表されたものとは別テイクだと思われる)。また、テイク5演奏後のブライアンの会話がDVDオーディオ版よりさらに一言多い(キャロル・ケイに声をかけている)。
2-10. Stereo backing track (ステレオ・カラオケ)  2:32 (PSS 1-23)
2-11. Stereo track with background vocals (バック・コーラス付きのステレオ・カラオケ)  2:32 (PSS 1-24)
『ペット・サウンズ』 DVDオーディオのサラウンド、50周年記念スーパー・デラックス・エディションのブルーレイのサラウンドとステレオに収録されているものと同じ。
DVDオーディオのステレオにはミドル部分に「♪We could be married / And then we'd be happy」のコーラスが入っている。
You Still Believe In Me バッキング・トラック:65/10/14録音 イントロ:66/1/24録音 ボーカル:66/1〜2月録音
2-12. Intro - Session (イントロのセッション)  1:39 (PSS 1-25)
2-13. Intro - Master take (イントロのマスター・テイク)  0:15 (PSS 1-26)
2-14. Highlights from tracking date (セッションのハイライト)  1:11 (PSS 1-27)
2-15. Stereo backing track (ステレオ・カラオケ)  2:37 (PSS 1-28)
Caroline, No バッキング・トラックとボーカル:66/1/31録音 
2-16. Highlights from tracking date (セッションのハイライト)  4:17 (PSS 2-1)
2-17. Stereo backing track (ステレオ・カラオケ)  2:50 (PSS 2-2)
Hang On To Your Ego バッキング・トラック:66/2/9録音 ボーカル:66/2〜4月録音 
2-18. Highlights from tracking date (セッションのハイライト)  4:47 (PSS 2-3)
『グッド・ヴァイブレーションズ・ボックス』 に収録の「sessions」(3:16までがセッション風景、6:40までが完成テイクのカラオケ)のセッション風景部分はこのトラックの短縮版だが、『グッド・ヴァイブレーションズ・ボックス』 にあってこちらにない部分もほんの少しある。 
※この中でブライアンが「Very funny album」と言っているコメディ・アルバム 『How To Speak Hip』('59)
2-19. Stereo backing track (ステレオ・カラオケ)  3:21 (PSS 2-4)
『グッド・ヴァイブレーションズ・ボックス』 に収録の「sessions」(3:16までがセッション風景、6:40までが完成テイクのカラオケ)の完成テイクのカラオケ部分とほぼ同じ(エンディングが若干違う)。
I Know There's An Answer ボーカル:66/2〜4月録音
2-20. Vocal session (ボーカル・セッション)  9:47 モノラル 初登場音源
「Hang On To Your Ego」から「I Know There's An Answer」に歌詞が変更されたあとのボーカル入れ。
『ペット・サウンズ・セッションズ』 には収録されなかったボーカル・セッションが初登場。
ブライアンが歌い回しまで細かく指示を出してメンバーに何度も録音させる様子が聴ける。
Don't Talk(Put Your Head On My Shoulder) バッキング・トラックとボーカル:66/2/11録音 ストリングスとボーカル:66/4/3録音 
2-21. Brian's Instrumental demo (ピアノによるデモ)  2:18 (PSS 2-5)
2-22. Stereo backing track (ステレオ・カラオケ)  3:10 (PSS 2-6)
2-23. String overdub (ストリングス・パートのみ)  1:45 (PSS 2-7)
I Just Wasn't Made For These Times バッキング・トラック:66/2/14録音 ボーカル:66/3〜4月録音
2-24. Highlights from tracking date (セッションのハイライト)  2:59 (PSS 2-8)
2-25. Stereo backing track (ステレオ・カラオケ)  3:44 (PSS 2-9)
That's Not Me バッキング・トラック:66/2/15録音 ボーカル:66/2〜3月録音 
2-26. Highlights from tracking date (セッションのハイライト)  1:52 (PSS 2-10)
2-27. Stereo backing track (ステレオ・カラオケ)  2:43 (PSS 2-11)


【Disc 3 (CD)】
THE PET SOUNDS SESSIONS (continued)  セッション音源集(続き) 
Good Vibrations 66/2/17録音開始 
3-1. Highlights from tracking date (セッションのハイライト)  2:41 (PSS 2-12)
頭の1分10秒までは 『スマイル コレクターズ・ボックス』 ディスク5の1曲目と同じで、頭の1分半くらいまでは 『スマイリー・スマイル』 のボーナス・トラックの「various sessions」と 『グッド・ヴァイブレーションズ・ボックス』 収録の「sessions」とほぼ同じ。残りはこのトラックでしか聴けない(と思う)。
この曲のセッション音源の編集版については 『グッド・ヴァイブレーションズ・ボックス』 のページで。
3-2. Stereo backing track (ステレオ・カラオケ)  3:11 (PSS 2-13)
『スマイリー・スマイル』 のボーナス・トラック「Early Take」(=『グッド・ヴァイブレーションズ・ボックス』 収録の「sessions」の8:27から11:26まで)のカラオケで、エンディングがフェイド・アウトせず、最後まで聴ける。 
『スマイル コレクターズ・ボックス』 ディスク5の1曲目の4:25から終わりまでとだいたい同じ(エンディングが少し短くされている)。
I'm Waiting For The Day バッキング・トラック:66/3/6録音 ボーカル:66/3月録音 
3-3. Highlights from tracking date (セッションのハイライト)  5:25 (PSS 2-14)
3-4. Stereo backing track (ステレオ・カラオケ)  3:12 (PSS 2-15)
God Only Knows バッキング・トラック:66/3/10録音 ボーカル:66/3〜4月録音
3-5. Highlights from tracking date (セッションのハイライト)  9:25 (PSS 2-16)
テイク1/会話(just a one spot!)/テイク2/会話(Don&Larry…)/「テイク8!」のあと、コールが確認できるのはテイク9・12・20。
■『ペット・サウンズ』 DVDオーディオと50周年記念スーパー・デラックス・エディションのブルーレイに収録の「session highlights」(3:38)はテイク1が少し長く聴けて、1のあとの会話(just a one spot!)から2のあとの会話(Don&Larry…)に飛んで「テイク8!」で終る。 
■『グッド・ヴァイブレーションズ・ボックス』 に収録の「tracking session」(3:13までがセッション風景、6:17までが完成テイクのカラオケ、9:14までがエンディングにアカペラ・タグの付いた別バージョン)のセッション風景部分はこのトラックの短縮版だが、『グッド・ヴァイブレーションズ・ボックス』 にあってこちらにない部分もほんの少しだけある。
3-6. Stereo backing track (ステレオ・カラオケ)  3:04 (PSS 2-17)
Here Today バッキング・トラック:66/3/11録音 ボーカル:66/3月録音 
3-7. Highlights from tracking date (セッションのハイライト)  6:36 (PSS 2-18)
3-8. Stereo backing track (ステレオ・カラオケ)  3:33 (PSS 2-19 50周年記念スーパー・デラックス・エディションのディスク4の最後に収録のシークレット・トラックを含む)
ALTERNATE VERSIONS  別バージョン集 日付は 『ザ・ビーチ・ボーイズ・ダイアリー』 から
3-9. Wouldn't It Be Nice [mono alternate mix 1]  2:26 モノラル (PSS 3-13)
1番の出だしの歌詞が完成テイクとは逆に歌われている初期テイク。 
3-10. You Still Believe In Me [mono alternate mix]  2:21 モノラル (PSS 3-14)
ブライアンのボーカルが別テイク。
3-11. I'm Waiting For The Day [mono alternate mix, Mike sings lead]  3:00 モノラル (PSS 3-16)
マイクがリード・ボーカル。66年3月12日にミックス。
3-12. Sloop John B [alternate mix, Carl sings first verse]  3:05 (PSS 3-17)
完成テイクでブライアンが歌っている最初のヴァースをカールが歌っている。他のメンバーも全体に抑揚のない歌い方で、初期テイクかと思われる。後半部のアカペラはない。
パッケージ(輸入盤のものを使用)では「Mono alternate mix」と記載されているが実際はステレオ(日本語解説書では「Alternate mix」と直されている)。
3-13. God Only Knows [mono alternate mix with sax solo]  2:47 モノラル (PSS 3-18)
間奏にコーラスがなく、サックス・ソロが入る。ブライアンがリード・ボーカル。エンディングの頭のリード・ボーカルはカールで、アカペラ・タグ付きバージョンの「パッパッパッパッ、パッパッパッパッ」というコーラスが小さく聴こえる(と思う)。66年3月12日にミックス。 
3-14. I Know There's An Answer [alternate mix]  3:17 モノラル 初登場音源
「Hang On To Your Ego」から「I Know There's An Answer」へ歌詞を変更後のミックス。
1番の最初のフレーズを歌い終わったマイクが「ブルルル…」という声を発し、「I Know There's An Answer」の部分には完成ミックスには採用されなかった「♪アイ・ノ〜」というコーラスが付いている。
バッキング・トラックは完成ミックス(ディスク1の9)と同じだが、ボーカルは完成ミックスとも「Hang On To Your Ego」(ディスク1の29)とも微妙に異なるテイクのように聴こえる。
3-15. Here Today [mono alternate mix, Brian sings lead]  3:05 モノラル (PSS 3-20)
ブライアンがリード・ボーカル。 
3-16. I Just Wasn't Made For These Times [mono alternate mix]  3:11 モノラル (PSS 3-21)
ブライアンのボーカルが別テイク。 
3-17. Banana & Louie  0:05 モノラル (PSS 3-22)
レコーディング中のブライアンの一言。「Uh, let's get Louie and Banana really wailin'.」。
バナナとルーイはブライアンが飼っていた犬の名前で、アルバム最後の犬の鳴き声はこの2匹のもの。 
3-18. Caroline, No [original speed, stereo mix]  2:24 (PSS 3-23)
録音されたままのスピードのバージョン(ステレオ)。この曲の完成バージョンは少しスピードが速められている。
3-19. Dog Barking Session  0:33 モノラル (PSS 3-24)
アルバムの最後の犬の鳴き声の録音の様子。66/3/22録音。 
ブライアンとチャック・ブリッツの「スタジオに馬を連れてこられないかな?」「何だって?」というやり取りも聴ける。
3-20. God Only Knows [with a cappella tag]  2:55 (PSS 3-26)
エンディングにアカペラ・タグの付いた別バージョン。ブライアンがリード・ボーカル。エンディングの頭のリード・ボーカルはカール。66年3月12日にミックス。 
『グッド・ヴァイブレーションズ・ボックス』 にも収録。 
『ペット・サウンズ』 DVDオーディオと50周年記念スーパー・デラックス・エディションのブルーレイに収録の「master track mix with a cappella tag」は、エンディングまでが完成テイクのバッキング・トラックで、エンディングはアカペラ・タグ付きになっている。
3-21. Wouldn't It Be Nice [mono alternate mix 2]  2:25 モノラル (PSS 3-27)
1番の出だしの歌詞が完成テイクとは逆に歌われている初期ミックス。9とはボーカルが別テイク。 
3-22. Sloop John B [mono alternate mix, Brian sings lead throughout]  3:02 モノラル (PSS 3-28)
ブライアンが頭から終わりまでリード・ボーカル。最後の部分の歌詞が「This is the worst trip since I've been born」と歌われる初期テイク(完成テイクは「This is the worst trip I've ever been on」)。後半部のアカペラはない。 
3-23. God Only Knows [mono alternate mix, Brian sings lead]  2:39 モノラル (PSS 3-29)
ブライアンが頭から終わりまでリード・ボーカル。 
3-24. Caroline, No [original speed, mono mix]  3:03 モノラル (PSS 3-30)
録音されたままのスピードのバージョン(モノラル)で、1966年にリリースされたものより音程が下がっている。電車の通過音と犬の鳴き声付き。 


【Disc 4 (CD)】
LIVE RECORDING  ライブ集 すべて初登場音源
■1966年10月22日 ミシガン州立大学
4-1. Wouldn't It Be Nice  2:39 
4-2. Sloop John B  2:29 
4-3. God Only Knows  2:26 
この日2回行われたうちの1回目のセットから。
1998年のレア・トラック集 『エンドレス・ハーモニー』 には同じ日の1回目のセットから「Medley:Surfin' Safari / Fun, Fun, Fun / Shut Down / Little Deuce Coupe / Surfin' U.S.A.」が収録されている。
1993年の 『グッド・ヴァイブレーションズ・ボックス』 には同じ日の2回目のセットから「Good Vibrations」が収録されている。
その後、この日のライブは2016年に 『Graduation Day 1966』 として全演奏曲が公式にダウンロード販売された。
「Good Vibrations」がライブで演奏されたのはこの日が初めてで、ブライアンが同行してきちんと演奏できるように監督した。
■1967年11月19日 ドーターズオブ・ジ・アメリカン・レボリューション・コンスティチューション・ホール (ワシントンDC)
4-4. Good Vibrations  2:49 モノラル 
4-5. God Only Knows  3:02 モノラル 
4-6. Wouldn't It Be Nice  2:17 モノラル 

この日は昼にバージニア州リッチモンドで1公演、夜にワシントンDCで2公演が行われているが、この録音はワシントンDCの2回目の公演のもの。
同じ2回目の公演から「California Girls」「Graduation Day」が2017年の 『1967 - サンシャイン・トゥモロウ』 ディスク2に収録されている。

■1972年11月23日 カーネギー・ホール (ニューヨーク)(2nd Show)
4-7. God Only Knows  2:55 
2人の黒人メンバー、リッキー・ファターとブロンディ・チャップリン在籍時のライブ。将来的なリリースを想定して録音が行われた。
1998年のレア・トラック集 『エンドレス・ハーモニー』 にはこの日の「Wonderful / Don't Worry Bill」が収録されている。
2013年の6枚組ボックス 『カリフォルニアの夢』 ディスク5にはこの日の「Only With You」が収録されている。
■1982年11月26日 ジャマイカ・ワールド・ミュージック・フェスティバル (ジャマイカ・モンテゴ・ベイ)
4-8. God Only Knows  2:48 
■1989年5月23日 ユニバーサル・スタジアム (カリフォルニア州ユニバーサル・シティ)
4-9. Sloop John B  3:07 
リード・ボーカルはブライアンとマイク。
■1993年11月26日 パラマウント劇場 (ニューヨーク)
4-10. Caroline, No  2:51 
4-11. You Still Believe In Me  3:10 
2013年の6枚組ボックス 『カリフォルニアの夢』 ディスク5にはこの日の「Vegetables」「Wonderful」が収録されている。
STACK-O-VOCALS  『ペット・サウンズ』 全曲(インストを除く)のボーカルのみ
「I Just Wasn't Made For These Times」以外は歌うのをやめるところまで聴ける。
4-12. Wouldn't It Be Nice  2:35 (PSS 3-1)
中間部のリード・ボーカルがマイクからブライアンに代わっている。
4-13. You Still Believe In Me  2:44 (PSS 3-2)
ブライアンのリード・ボーカルがシングル・トラックになっている。 
4-14. That's Not Me  2:24 (PSS 3-3)
4-15. Don't Talk(Put Your Head On My Shoulder)  3:02 (PSS 3-4)
4-16. I'm Waiting For The Day  2:58 (PSS 3-5)
4-17. Sloop John B  3:06 (PSS 3-6)
4-18. God Only Knows  2:45 (PSS 3-7)
エンディングの頭のリード・ボーカルがブライアンからカールに代わっている。 
4-19. I Know There's An Answer  2:16 (PSS 3-8)
4-20. Here Today  3:26 (PSS 3-9)
4-21. I Just Wasn't Made For These Times  3:20 (PSS 3-10)
4-22. Caroline, No  1:50 モノラル (PSS 3-11)
ディスク3の24曲目のオリジナル・スピード・バージョンと同じピッチのボーカルで、1966年にリリースされたものより音程が下がっている。
4-23. Good Vibrations [Master track with partial vocal]  5:13(シークレット・トラックを除くと3:56)
 初登場音源(シークレット・トラック除く)
初登場のミックス。リード・ボーカルとコーラスが歯抜け状態で、部分的に現れたり消えたりする。
これに近い状態のミックスは過去に海賊盤( 『Smile』 T2580-2 とか)に収録されていた。
このあとにシークレット・トラック1: 「Here Today」録音中の会話(約18秒) (PSS 2-19)
「Here Today」のモノラル・ミックスの間奏の部分で小さく聴こえていた会話。
66年1月の日本公演の際に購入したカメラについての会話とブライアンの「トップ、プリーズ!」。
2003年のDVDオーディオのシークレット・トラックでは直前のコーラスから収録されており、少し長い(約33秒)。
このあとにシークレット・トラック2: 「I Just Wasn't Made For These Times」のボーカルのみのコーラス(約15秒) (PSS 2-19)
「Sometimes I feel very sad」の繰り返しの部分。
右チャンネルにブライアンのリード・ボーカル、左チャンネルにコーラスのひとつ(スペイン語のもの)が入っている。


【Disc 5 (Blu-ray Disc)】 ブルーレイ・ピュア・オーディオ・ディスク
PET SOUNDS
5.1 サラウンド・ミックス (96kHz/24bit) DTS-HD Master Audio / Dolby TrueHD
新規リマスター/リミックスだが、基本的には2003年のDVD-Audio収録のサラウンド版(2006年の40周年記念盤にも収録)のマイナー・チェンジ。
「Wouldn't It Be Nice」のミドル部分のボーカルは以前のサラウンド版と同様マイクではなくブライアンだが、「You Still Believe In Me」のブライアンのリード・ボーカルはダブル・トラックに改められている。
以前のサラウンド版と同様、センター・チャンネルはごくわずかな音量しか出力されておらず、実質4.1chで、2chステレオを前後に広げただけという感じ。ただし、「Wouldn't It Be Nice」と「I Know There's An Answer」のセンター・チャンネルの音は変わっているので、この2曲は多少リミックスされていると思われるが、サラウンドで聴いた感じではほとんど違いがわからない。
2.0 モノラル (192kHz/24bit) PCM Mono
音からすると、ディスク1に収録のモノラル・ミックス(1972年に 『カール&ザ・パッションズ - ソー・タフ』 との2枚組で再発された際に、カールが監修したモノラル・マスター)と同じもののようである。
2003年のDVDオーディオ収録のハイレゾ・モノラルは、2000年リマスター(発売は2001年)を使用しており、96kHz/24bit だった。
2.0 ステレオ (192kHz/24bit) PCM Stereo
2012年のリマスターで2度目の修正が行われたステレオ・ミックスを使用。
この盤ではディスク1のステレオ同様、「Wouldn't It Be Nice」の冒頭が若干フェイド・イン処理されている(何らかの理由があってこうなっているのか、もしくはミスなのかは不明)。
2003年のDVDオーディオ収録のハイレゾ・ステレオは、1996年の初CD化ステレオ(発売は1997年)を使用しており、96kHz/24bit だった。
2.0 インストゥルメンタル (192kHz/24bit) PCM Stereo
アルバム13曲の演奏のみのバージョン。
セッション音源としてディスク2〜3に収録されているステレオ・バッキング・トラックを並べただけではなく、また歌入りのステレオ・ミックスからボーカルを削除しただけではなく、各楽器の配置や音量を若干変更して全曲フェイド・アウトで終わらせたリミックス版。
5-1. Wouldn't It Be Nice  2:34
サラウンド : 中間部のリード・ボーカルがマイクからブライアンに代わっている。
モノラル : イントロで音が揺れる(というか跳ねる)ように聴こえる。
ステレオ : 中間部のリード・ボーカルがオリジナル通りマイクに戻されている(2000年修正)。この盤では冒頭が若干フェイド・イン処理されている。ディスク1収録のステレオ・ミックスも同じ(何らかの理由があってこうなっているのか、もしくはミスなのかは不明)。
インスト : 歌入りのステレオ・ミックスからボーカルを削除して各楽器の音量を多少変更したもの。
5-2. You Still Believe In Me  2:34
サラウンド : ブライアンのリード・ボーカルがオリジナル通りダブル・トラックになっている。
ステレオ : ブライアンのリード・ボーカルがオリジナル通りダブル・トラックになっている(2012年修正)。
インスト : 歌入りのステレオ・ミックスからボーカルを削除して各楽器の配置と音量を多少変更したもの(ダブル・トラックで左右に配されていたイントロの音がシングル・トラックで中央に配されている)。
5-3. That's Not Me  2:28
インスト : 歌入りのステレオ・ミックスからボーカルを削除して各楽器の配置と音量を多少変更したもの(中央右寄りに位置していた変わった音色のパーカッションが中央に移動)。
5-4. Don't Talk(Put Yur Head On My Shoulder)  2:56
インスト : 歌入りのステレオ・ミックスからボーカルを削除して各楽器の配置と音量を多少変更したもの(ストリングスが左から右になっている)。
5-5. I'm Waiting For The Day  3:05
モノラル : イントロで音が揺れる。
インスト : 歌入りのステレオ・ミックスからボーカルを削除して各楽器の音量を多少変更したもの。
5-6. Let's Go Away For Awhile  2:24 

モノラル : テンポが変わる所(1:00あたり)に「ブツッ、ブツッ、ブツッ」というノイズが入っている(オリジナル・アナログ盤通り)。ただしCDで聴けるものより目立たない。
インスト : 既発のステレオ・ミックスの
楽器の配置を多少変更したもの(ストリングスが多少中央寄りになっている)。

5-7. Sloop John B  2:56 
インスト : 歌入りのステレオ・ミックスからボーカルを削除して各楽器の音量を多少変更したもの。ディスク1収録のステレオ・ミックスでアカペラになる部分も演奏は消えない。
5-8. God Only Knows  2:53 
サラウンド : エンディングの頭のリード・ボーカルがブライアンからカールに代わっている。
ステレオ : エンディングの頭のリード・ボーカルがブライアンからカールに代わっている。
インスト : 歌入りのステレオ・ミックスからボーカルを削除して各楽器の音量を多少変更したもの。
5-9. I Know There's An Answer  3:16 
インスト : 歌入りのステレオ・ミックスからボーカルを削除して各楽器の音量を多少変更したもの。
5-10. Here Today  3:06
インスト : 歌入りのステレオ・ミックスからボーカルを削除して各楽器の音量を多少変更したもの。
5-11. I Just Wasn't Made For These Times  3:19 
インスト : 歌入りのステレオ・ミックスからボーカルを削除して各楽器の配置と音量を多少変更したもの(右に入っていたハープシコードやパーカッションが中央に移動)。
5-12. Pet Sounds  2:37 
サラウンド : モノラル・ミックスで聴けるイントロのパーカッション1音と最初のギターがカットされている。
モノラル : 0:55 あたりにテープのキズで発生するような音の揺れがある(オリジナル・アナログ盤通り)。
ステレオ : モノラル・ミックスで聴けるイントロのパーカッション1音と最初のギターがカットされている。
インスト : 既発のステレオ・ミックスと目立った違いはない(強いて言えば右チャンネルの音がクリアになっている)。
5-13. Caroline, No  2:52 
サラウンド : 最後の電車の通過音と犬の鳴き声は左右に数回移動する。
ステレオ : 最後の電車の通過音と犬の鳴き声はモノラルのまま。
インスト : 歌入りのステレオ・ミックスからボーカルを削除して各楽器の音量を多少変更したもの。最後の電車の通過音と犬の鳴き声は左から右へ1回移動する。
ADDITIONAL MATERIAL  ボーナス・トラック DTS-HD Master Audio / Dolby TrueHD / PCM Stereo
5.1 サラウンドと 2.0 ステレオに追加されているボーナス・トラック。
2003年のDVDオーディオのサラウンドとステレオに入っていたボーナス・トラックから「I Just Wasn't Made For These Times(ボーカルのみ)」をカットした曲目だが、何曲かは非常に細かい部分で違いがある。
2003年のDVDオーディオのサラウンドに付いていたシークレット・トラック(「Here Today」のコーラスと会話/ラジオ・スポット「KOMA」/Dog Barking Session)は入っていない。
5-14. Unreleased Backgrounds [unused intro for "Don't Talk (Put Your Head On My Shoulder)"]

「Don't Talk」用のバック・コーラス(歌い出しの数小節用)で、結局使われなかった。ディスク1の28と同じ。
1990年発売の 『ペット・サウンズ』 単品CDのボーナス・トラック「Unreleased Backgrounds」で初めて世に出たが、1997年の 『ペット・サウンズ・セッションズ』 に収録するにあたりステレオ化されており、カウントの前のブライアンの声も追加され、5秒ほど長くなっている。
DVDオーディオのサラウンドと50周年記念盤のブルーレイ収録のサラウンドとステレオは同じ長さだが、CDに収録のものは1回目のカウントの前の無音部分がコンマ数秒長く、DVDオーディオのステレオは2回目のカウントの前の無音部分がコンマ数秒短い。

5-15. Wouldn't It Be Nice [session highlights] 新規編集

バッキング・トラックのレコーディング・セッションの抜粋。新たに編集されたもので、初登場音源も含む。
【これまでに発表されたセッション音源の違い】
■1997年 『ペット・サウンズ・セッションズ』(ディスク1の22)と2016年の50周年記念スーパー・デラックス・エディション(ディスク2の9)
 … テイク1のあと4に飛び、テイク5のあと8に飛び、さらに先のテイクまで収録。7分19秒。
■2003年のDVDオーディオ(サラウンドおよびステレオ)
… テイク1、2、4、5の順に聴ける。CDと比べると、テイク5は短く編集されており、テイク5演奏後のブライアンの会話が一言多い。3分46秒。
■この盤(サラウンドおよびステレオ)… DVDオーディオ版の先にさらに2つのテイクを追加したもの(これまでに発表されたものとは別テイクだと思われる)。また、テイク5演奏後のブライアンの会話がDVDオーディオ版よりさらに一言多い(キャロル・ケイに声をかけている)。約8分。

5-16. Wouldn't It Be Nice [alternative mix without lead vocal]
カラオケ+バッキング・ボーカル。ディスク2の11と同じ。
CDに収録のもの、DVDオーディオのサラウンド、50周年記念盤のブルーレイ収録のサラウンドとステレオはすべて同じだが、DVDオーディオのステレオのみミドル部分に「♪We could be married / And then we'd be happy」のコーラスが入っている。
5-17. God Only Knows [session highlights] 厳密に言えば新規編集
バッキング・トラックのレコーディング・セッションの抜粋。
【これまでに発表されたセッション音源の違い】
■1993年 『グッド・ヴァイブレーションズ・ボックス』(ディスク5の7)… 3:13までがセッション風景、6:17までが完成テイクのカラオケ、9:14までがエンディングにアカペラ・タグの付いた別バージョン。3:13までのセッション風景部分は 『ペット・サウンズ・セッションズ』 の短縮版だが、こちらにしかない部分もほんの少しだけある。9分14秒。
■1997年 『ペット・サウンズ・セッションズ』(ディスク2の16)と2016年の50周年記念スーパー・デラックス・エディション(ディスク3の5)… テイク1/会話(Just a one spot!)/テイク2/会話(Don&Larry…)/「テイク8!」のあと、コールが確認できるのはテイク9・12・20。9分25秒。
■2003年のDVDオーディオ(サラウンドおよびステレオ)… テイク1が少し長く聴けて、1のあとの会話(Just a one spot!)から2のあとの会話(Don&Larry…)に飛んで「テイク8!」で終る。3分38秒。
■この盤(サラウンドおよびステレオ)… DVDオーディオ版と同じだが、途中の転調部分の演奏についての会話のくだりが一言二言多い(ブライアンの「Try it.」の前)。3分46秒。
5-18. God Only Knows [master track mix with a cappella tag]
カラオケ+エンディングのみアカペラ・タグ付きバージョン
2003年のDVDオーディオに収録されたものと同じ。
5-19. Summer Means New Love
ステレオ・ミックス。2003年のDVDオーディオ収録のものと同じ。
この曲のステレオ・ミックスは2003年のDVDオーディオが初登場で、ストリングスが中央左寄り、ピアノが右のミックスだった。
その後、2012年リマスター盤 『サマー・デイズ』 で第2のステレオ・ミックスが登場した。こちらののストリングスは真ん中で、エンディングでブレイクするところのメロディを弾くギターがピアノに変わっている。


●日本盤の仕様

初回生産限定盤/輸入国内盤仕様

■48ページの英文ハードカバー・ブックレット(縦318mm×横253mm) ※日本盤は輸入盤のもの(ポーランド生産)を流用
  表紙の「Pet Souns」の文字と中央の白いヤギに薄いフェルトのようなものが貼ってある
■CD4枚 ※日本盤は日本生産のSHM-CD
■ブルーレイ・ディスク1枚 ※EU生産
■12ページ(表紙含まず)の日本語解説書

【英文ブックレットの内容】
多くの写真とともに以下の文章を掲載
●音楽評論家デヴィッド・フリッケによる解説
●全曲(アルバム本編の13曲)の歌詞
●セッショノグラフィー(録音日と参加ミュージシャン)
●プロデューサーによる注記/マーク・リネット
●収録曲一覧(タイトルのみ)
●製作者クレジット
※他、数箇所にメンバーの短いコメントを掲載

【日本語解説書の内容】
●収録曲一覧(タイトルのみ)
●英文ブックレット掲載の文章の翻訳(デヴィッド・フリッケの解説/セッショノグラフィー/プロデューサーによる注記/メンバーのコメント)
●全曲(アルバム本編の13曲)の歌詞対訳(日本語のみ)





◎デラックス・エディション CD2枚

     
      日本盤            輸入盤        MP3ダウンロード  
    UICY-15519 

 日本盤のジャケット写真は正しくない


【Disc 1】 『ペット・サウンズ』 モノラル&ステレオ・ミックス
スーパー・デラックス・エディションのディスク1の1〜26曲目までと同じ

【Disc 2】 カラオケ版+ライブ音源集
カラオケ版はスーパー・デラックス・エディションのディスク5(ブルーレイ)のカラオケと同じ
ライブ音源集はスーパー・デラックス・エディションのディスク4の1〜11曲目までと同じ


●日本盤の仕様

■CD2枚(プラケースに収納) ※日本盤は日本生産のSHM-CD
■32ページの英文ブックレット
■24ページの日本語解説書

【英文ブックレットの内容】
写真とともに以下の文章を掲載
●音楽評論家デヴィッド・フリッケによる解説
●セッショノグラフィー(録音日と参加ミュージシャン)
●収録曲一覧(タイトルのみ)
●製作者クレジット

【日本語解説書の内容】
●収録曲一覧(タイトルのみ)
●英文ブックレット掲載の文章の翻訳(デヴィッド・フリッケの解説/セッショノグラフィー)
●全曲(アルバム本編の13曲)の英語歌詞と日本語対訳





◎アナログLP モノラル、ステレオ 海外のみ

  
   左:モノラル、右:ステレオ 


モノラルはスーパー・デラックス・エディションのディスク1の1〜13曲目までと同じ

ステレオはスーパー・デラックス・エディションのディスク1の14〜26曲目までと同じ

収録曲のMP3音源をダウンロードできるコードの記載されたカードが付属





発売50周年を記念して2016年に出たデラックス版。
CD4枚とブルーレイ1枚の5枚組の「スーパー・デラックス・エディション」、CD2枚組の「デラックス・エディション」、アナログLP(ステレオ・モノラルで各1枚)で発売された。

「スーパー・デラックス・エディション」は1997年の 『ペット・サウンズ・セッションズ』 の全曲に何曲かの未発表音源を加えたもので(アルバムのステレオ・モノラル両ミックスは最新のリマスターになっている)、さらにハイレゾ版やサラウンド版を収録したブルーレイ・ディスクが付いた5枚組。
「デラックス・エディション」はそのダイジェスト版で、「スーパー・デラックス・エディション」に未収録の音源はない。

音源的には 『ペット・サウンズ・セッションズ』 の存在価値が減じたわけだが、『セッションズ』 の非常に充実した内容のブックレット類に比べ、この50周年記念版はその点が非常にショボい。

まだボーカル・セッションの音源はほとんどリリースされていないこともあるし、次のアニバーサリーには驚きの新音源の登場を期待したいところ(私がお付き合いできるのもあと3回くらいかな…)。


■一番最初の告知(ユニバーサルミュージック)では、「デラックス・エディション」には「スーパー・デラックス・エディション」未収録のライブ音源5曲が収録されることになっていたが、結局収録されなかった。
●予定されていた5曲
 ・1968年7月2日 RKOオルフェルム劇場 (アイオワ州ダベンポート)
  スループ・ジョンB
 ・1976年7月3日 アナハイム・スタジアム (カリフォルニア州アナハイム)
  素敵じゃないか
 ・2012年8月27日 ロイヤル・アルバート・ホール (ロンドン)
  ペット・サウンズ / 駄目な僕 / グッド・ヴァイブレーション

■YouTube のビーチ・ボーイズ公式チャンネルで公開されたプロモ映像
●50周年盤からの音源
 ・1966年10月22日 ミシガン州立大学でのライブ God Only KnowsWouldn't It Be NiceSloop John B 
 ・スーパー・デラックス版ディスク2の20 「救いの道(ヴォーカル・セッション)」
  I Know There's An Answer (Vocal Session) 
 ・スーパー・デラックス版ディスク3の14 「救いの道(別ミックス)」 I Know There's An Answer (Alternate Mix) 
●今回の商品には未収録の映像
 ・ミニ・ドキュメンタリー Pet Sounds 50th - Mini Documentary 
 ・アニメイテッド・ミュージック・ビデオ Pet Sounds 50 Animated Music Video 
 ・ブライアン、アルらによるスタジオ・ライブとインタビュー Wouldn't It Be NiceSloop John B 
 ・現在のサンディエゴ動物園 A Day At The Zoo (Pet Sounds) 

■店舗限定商品
●ベスト・バイでは2枚組デラックス・エディションに7インチ・アナログ盤を付けたものを独占販売した(米国以外の地域への配送は行っていない)。
Pet Sounds [50th Anniversary 2CD+7"Deluxe Version] [Only@Best Buy] 
2枚組デラックス・エディションは普通に販売されるものと同内容(ライブ音源は全11曲)で、アナログ・シングルは「God Only Knows」と「Wouldn't It Be Nice」を収録したオレンジのカラー・レコード。
uDiscoverMusic.com ではブライアンのサイン入り(もう売り切れで削除)やらオマケ付きのセットを販売した(商品自体は普通に販売されるものと同内容)。
オマケ付きのセットはタワーレコードでも販売された(入荷したかどうかは不明)。
 スーパー・デラックス版+バッグ+ビーチボール モノLP+ターンテーブルのマット ステレオLP+ターンテーブルのマット




このページの先頭へ

inserted by FC2 system