HOME 

 ビーチ・ボーイズ  どれから聴くかガイド 
  スタジオ・アルバム1  スタジオ・アルバム2('98〜'11)  紙ジャケットCD  ライブ  共演/参加作品 
  レア・トラック1(編集盤)  レア・トラック2(その他)  ベスト盤/コンピレーション盤  ペット・サウンズ 
  映像1(ソフト別)  映像2(映像別) 
  書籍・雑誌  番外編  
  編集盤詳細 モーガン・テープス  ザ・ビーチ・ボーイズ・ボックス('80)  テン・イヤーズ・オブ・ハーモニー 
          レアリティーズ&メドレー  グッド・ヴァイブレーションズ・ボックス  シングル・コレクション 
          Perfect Harmony  ペット・サウンズ・セッションズ  エンドレス・ハーモニー  クリスマス・アルバム 
          ホーソーン、カリフォルニア  カリフォルニア・フィーリン  サウンズ・オブ・サマー 
          ウォームス・オブ・ザ・サン  サマー・ラヴ・ソングス  スマイル  カリフォルニアの夢 
          ペット・サウンズ 50th  

 ソロ作品 
  ブライアン1  ブライアン2  ブライアン3  ブライアン映像 
  ブライアン参加1  ブライアン参加2  ブライアン参加3 
  デニス  カール  マイク  アル  ブルース  

 新商品情報 

 更新履歴 

Essential The Beach Boys: Perfect Harmony ('97)

 
               


太字はこのCDでしか聴けないバージョン(*はモノラル)

1. The Warmth Of The Sun *
『シャット・ダウン Vol.2』('64)から。
2. God Only Knows [original mono version]*
『ペット・サウンズ』('66)から。
3. Hushabye [vocals up version]
『オール・サマー・ロング』('64)収録曲の「ボーカルズ・アップ・バージョン」。 
ボーカルを前面に出し、演奏は後ろ(若干左寄り)で小さく聴こえる。
ステレオだが、演奏が少し左寄りなだけで、個々の音声はモノラル。※ブックレットでは「Vocals Only Version」と誤記
4. When I Grow Up(To Be A Man)[vocals up version]
『トゥデイ』('65)収録曲の「ボーカルズ・アップ・バージョン」。
ボーカルを前面に出し、演奏は後ろ(若干左寄り)で小さく聴こえる。
ステレオだが、演奏が少し左寄りなだけで、個々の音声はモノラル。※ブックレットでは「Vocals Only Version」と誤記
5. Wouldn't It Be Nice [vocals only version]
『ペット・サウンズ』('66)収録曲のボーカルのみのバージョン。
『ペット・サウンズ・セッションズ』 収録のものと同じ。
6. Surfer Girl [version 2]*
『サーファー・ガール』('63)収録曲のモノラル・バージョン。
現行CD 『サーファー・ガール』 に収録のステレオ・バージョンより少し短い。
『グッド・ヴァイブレーションズ・ボックス』 『シングル・コレクション(日本企画)』 『USシングル・コレクション』 でも聴ける。
なぜ「バージョン2」という名前なのかがわからない。
7. Sloop John B. *
『ペット・サウンズ』('66)から。
8. In My Room [demo version]*
『サーファー・ガール』('63)収録曲のデモ・バージョン。
『グッド・ヴァイブレーションズ・ボックス』 収録のものと同じ。
9. And Your Dream Comes True *
『サマー・デイズ』('65)から。
10. Don't Worry Baby *
『シャット・ダウン Vol.2』('64)収録曲のモノラル・バージョン。
現行CD 『シャット・ダウン Vol.2』 収録のステレオ・バージョンと同じ長さだが、エンディングのドラムが消えない。
『グッド・ヴァイブレーションズ・ボックス』 『サウンズ・オブ・サマー』 『USシングル・コレクション』 『グレイテスト・ヒッツ1』などでも聴ける。
『シングル・コレクション(日本企画)』 収録のモノラル・シングル・バージョンはエンディングが長い。
11. I Can Hear Music
『20/20』('69)から。
12. California Girls *
『サマー・デイズ』('65)から。
13. Do It Again[alternate mix] *
『20/20』('69)から。
エンディングで大工道具の効果音(スマイル・セッションで録られたもの)が入るアルバム・バージョン。
この曲のリアル・ステレオ・バージョンは2012年になるまで作成されておらず、現行CD 『20/20』 などに収録されているものは曲自体は擬似ステレオで、エンディングの効果音のみステレオになっている。 
ところがここに収録されているものは曲自体はモノラルで、効果音はステレオ(もしくは擬似ステレオ)になっている。
全編モノラルのバージョンは 『ザ・ビーチ・ボーイズ・ボックス』 に収録。  
効果音のないシングル・バージョンは 『MADE IN U.S.A.』 『シングル・コレクション(日本企画)』 『グレイテスト・ヒッツ2』 などに収録。
14. Our Prayer
『20/20』('69)から。
15. Good Vibrations *
『スマイリー・スマイル』('67)から。



1997年のEMI/CAPITOL100周年記念で出たベスト盤シリーズの1枚。コピーライトのクレジットでは「©1997」になっているが、表紙に「Limited Edition 1998」と書いてあり、ブックレットの最後に「Dedicated to Carl Wilson」とあるので、実際は1998年に出たのか、カールの死後(1998年2月6日)に少し改訂したのかどうか筆者はよく知らない。

パッケージはデジパックで、バンド名の部分がくり抜かれた紙製のケースに入っている。内容的にはなんか中途半端なベストで、全部で38分しかない。1993年の 『グッド・ヴァイブレーションズ・ボックス』 収録曲(バージョン)から選曲した12曲に、3と4と5を追加したという感じ。

それでも3と4の2曲の「Vocals Up Version」と13の「Do It Again」の別ミックス(?)はこれでしか聴けないので押さえておく必要あり。ま、聴いても「ふーん」としか思えん可能性大ですが。



このページの先頭へ

inserted by FC2 system