HOME 

 ビーチ・ボーイズ  どれから聴くかガイド 
  スタジオ・アルバム1  スタジオ・アルバム2('98〜'11)  紙ジャケットCD  ライブ  共演/参加作品 
  レア・トラック1(編集盤)  レア・トラック2(その他)  ベスト盤/コンピレーション盤  ペット・サウンズ 
  映像1(ソフト別)  映像2(映像別)  クリスマス・アルバム 
  書籍・雑誌  番外編  
  編集盤詳細 モーガン・テープス  ザ・ビーチ・ボーイズ・ボックス('80)  テン・イヤーズ・オブ・ハーモニー 
          レアリティーズ&メドレー  グッド・ヴァイブレーションズ・ボックス  シングル・コレクション 
          Perfect Harmony  ペット・サウンズ・セッションズ  The Greatest Hits 1&2  エンドレス・ハーモニー 
          ホーソーン、カリフォルニア  カリフォルニア・フィーリン  サウンズ・オブ・サマー 
          ウォームス・オブ・ザ・サン  サマー・ラヴ・ソングス  スマイル  カリフォルニアの夢 
          ペット・サウンズ 50th  サンシャイン・トゥモロウ 

 ソロ作品 
  ブライアン1  ブライアン2  ブライアン3  ブライアン映像 
  ブライアン参加1  ブライアン参加2  ブライアン参加3 
  デニス  カール  マイク  アル  ブルース  

 新商品情報 

 更新履歴 

ブライアン・ウィルソン(1942〜) : 参加作品2 (1970〜90年代)


ビーチ・ボーイズとしての参加作品はこの他にもありますが、ブライアンの参加が明確なもののみ掲載しています。

ビーチ・ボーイズの共演/参加作品のページもご参照下さい。




アナログLP

チャールズ・ロイド 「All Life Is One」 ('71)
『Warm Waters』 に収録


ジャズ・サックス奏者チャールズ・ロイドの曲に、
カール、マイク、アルとともにバック・コーラスで参加。

アルバム中の別の曲「How Sweet」はマイクとチャールズ・ロイドの共作。

ロイドはマイクのTM(超越瞑想)仲間で、ビーチ・ボーイズのツアー・メンバーになっていたこともある。


スプリング(アメリカン・スプリング) 『スプリング…プラス』 ('72)
Spring...Plus / American Spring

1. Tennessee Waltz [Pee Wee King-Redd Stewart]
2. Thinkin' 'Bout You Baby [Brian Wilson-Mike Love]
3. Mama Said [Luther Dixon-Willie Denson]
4. Superstar [Bonnie Bramlett-Leon Russell]
5. Awake [Floyd Tucker]
6. Sweet Mountain [B.Wilson-David Sandler]
7. Everybody [Tommy Roe]
8. This Whole World [B.Wilson]
9. Forever [Dennis Wilson]
10. Good Time [B.Wilson-Alan Jardine]
11. Now That Everything's Been Said [Carole King-Toni Stern]
12. Down Home [C.King-Gerry Goffin]

73年シングル
13. Shyin' Away [D.Sandler-Diane Rovell-Marilyn Rovell Wilson]
14. Fallin' In Love [D.Wilson]

ハニーズ 『It's Like Heaven』('86)から
15. It's Like Heaven [B.Wilson-D.Rovell]
16. Had To Phone Ya [B.Wilson-D.Rovell]

ハニーズ活動停止後、ダイアンとマリリンの姉妹が「スプリング」としてブライアンのプロデュースで1972年にリリースしたアルバム。

もとのタイトルは 『Spring』 だが、1988年CD化の際、「アメリカン・スプリング」名義で1973年に出したシングルと、1986年のハニーズのアルバムから2曲が追加され、『Spring...Plus』 というタイトルでリリースされた。

ビーチ・ボーイズと同じバッキング・トラックを使っている曲があり、メンバーのコーラスも使われている。

アマゾン 94年輸入盤  
91年日本盤


2002年にオリジナル・ジャケットの12曲入りで日本盤が出る予定だったが発売中止になっている。

P.SPRING.JPG - 4,625BYTES



MP3

ジャン・ベリー 「Don't You Just Know It」 ('73)


ジャン&ディーンのジャンが出したシングルで、ブライアンがジャンとリード・ボーカルを取っている。


ジョニー・リヴァース 「Help Me Rohnda」 ('75)
編集盤 『Summer Rains:The Essential Rivers 1964-1975』 に収録


ジョニー・リヴァースがシングルで発売したビーチ・ボーイズのカバーにバック・ボーカルで参加。

1990年発売のコンピレーション盤 『ビーチサイド・サーフィン』(アマゾン)にも収録されている。


ジャッキー・デシャノン 「Boat To Sail」 ('75)
『New Arrangement』(日本盤 『ニュー・アレンジメント』)に収録


ブライアンとマリリンが夫婦でコーラスに参加。

アマゾン 09年輸入盤  95年日本盤  06年日本盤(紙ジャケット)  09年日本盤  


カリフォルニア・ミュージック 「Why Do Fools Fall In Love(恋は曲者)」 ('75)
日本盤 『カリフォルニア・ミュージック&ディズニー・ガールズ 〜RCA/イクイノックス・コレクション〜』 に収録


1971年のビーチ・ボーイズのアルバム 『サーフズ・アップ』 の後、当時のマネージャーと対立してしばらくビーチ・ボーイズを離れていた時期のブルースが関わっていたプロジェクト「カリフォルニア・ミュージック」が出したシングル「Why Do Fools Fall In Love」をプロデュース。

といってもコントロール・ブースから意見を出した程度で、具体的な作業は一切やらなかったらしい。



MP3

ティム・カリー 「Just Fourteen」 ('76)


映画 『ロッキー・ホラー・ショー』 で知られる俳優、ティム・カリーのシングルのB面曲にコーラスで参加。

作曲はジョン・フィリップス、プロデュースはルー・アドラー。

言われなければブライアンが参加していることはわからないレベル。


デイヴ・エドモンズ 「London's A Lonely Town」 ('76)


トレイドウィンズの1965年のヒット曲「New York's A Lonely Town」の歌詞を「London」に変えて、イギリス人のデイヴ・エドモンズがカバーしたもの。

テリー・メルチャーが設立したイクイノックス・レーベルでの発売を予定して1976年にセッションが行われたが、当時は未発表に終り、1979年のコンピレーション盤LP 『Pebbles Volume 4』 で初めて世に出た。

このアルバムの曲解説には、コーラスにブライアン、ブルース、テリー・メルチャー、ゲイリー・アッシャー、カート・ベッチャーが参加したと書かれている。

ただし、ブライアンは参加していないと言っている人もいるようで、確かにはっきりとブライアンの声だと特定できる部分はないように思える。

『Pebbles Volume 4』 は1992年にCD化されているが、LPとは収録曲に違いがある(同じなのは「London's A Lonely Town」を含めて10曲)。
参考 : 英語版ウィキペディア


カーニー&ウェンディ・ウィルソン 「I Saw Mommy Kissing Santa Claus(ママがサンタにキスをした)」 ('93) '76年録音
『Hey Santa!』(日本盤 『ヘイ・サンタ!』) に収録


クリスマス・ソングのカバー。リード・ボーカルはビーチ・ボーイズのメンバーの子供たちが取っている(当時カーニーは8歳、ウェンディは7歳。)。

アルがプロデュース、ブライアンがピアノ、バック・ボーカルがビーチ・ボーイズとクレジットされている。

発売されなかったビーチ・ボーイズの2枚目のクリスマス・アルバムに収録予定だったもので、カーニー&ウェンディが1993年にリリースしたクリスマス・アルバム 『Hey Santa!』 に収録されて初めて世に出た。

また、2002年の 『ブライアン・ウィルソン・プロダクションズ』 CD化の際に追加収録された。

1曲目の「Hey Santa!」にはカールがバック・ボーカルで参加している。

アマゾン 93年日本盤


デビッド・キャシディ 「Cruis To Harlem(ハーレムへドライヴ)」 ('77)
『Getting' It In The Street』(日本盤 『恋の大通り』)に収録


デビッド・キャシディ、ジェリー・ベックリーとの共作で、演奏には不参加。

アマゾン 12年輸入盤  09年日本盤(紙ジャケット)  


エリック・カルメン 「She Did It(愛をくれたあの娘)」 ('77)/「Hey Deanie」 ('78)
ベスト盤 『The Essential Eric Carmen』(日本盤 『エッセンシャル・エリック・カルメン』)に収録


エリック・カルメンの1977年と78年リリースの曲でブルースとコーラスに参加したが、ブライアンが不調のため、最終的にブライアンの声はあまり聴こえない形にミックスされた。

左のベスト盤で2曲とも聴ける。

アマゾン 14年輸入盤  14年日本盤  MP3



アナログLP

セレブレーション 「Almost Summer」 ('78)
『Almost Summer』(日本盤LP 『ハイスクール』)に収録


マイク初のソロ作品で、マイクやビーチ・ボーイズ周辺のミュージシャンからなるセレブレーション名義のサントラ盤のアルバム・タイトル曲で、ブライアンとマイクとアルの共作。

現在まで未CD化。


ショーン・キャシディ 「It's Like Heaven(恋は天国)」 ('78)
『Under Wraps』(日本盤LP 『栄光の輝き』)に収録


ショーン・キャシディ(デビッド・キャシディの弟)に曲を提供。

後にハニーズ・バージョンもリリースされている。

アマゾン MP3  ベスト・オブ・ショーン・キャシディ(99年日本盤)


P.CEL2.JPG - 7,273BYTES

セレブレーション 「How's About A Little Bit」 ('79)
『Celebration』 に収録


マイクが参加したセレブレーションのセカンド・アルバム収録曲。
ブライアンとマイクとダイアン・ローヴェルとロン・アルトバックの共作。

現在まで未CD化。


ピンク・レディー 「波乗りパイレーツ(USA吹込盤)」 ('79)
『Mie & Kei』 ほかに収録


ピンク・レディーのシングルのアメリカ録音バージョンのバック・コーラスにブライアン、カール、マイク、ブルースが参加。

日本語の歌のバックにビーチ・ボーイズのコーラスが聴こえてくるというのが不思議な感じ。
ピンク・レディーの歌も「サーファ・グァール」「セクスィー」など、日本録音バージョンより英語っぽく発音されているのが面白い。

このバージョンはピンク・レディーの編集盤などに収録されているが、とりあえず左の1枚ものベスト盤に入っている。

アマゾン MP3 


ザ・ペイリー・ブラザーズ 「Boomerang」('13) '79年録音
編集盤 『The Complete Recordings』 に収録


ソロ時代のブライアンの作品で共作やプロデュースなどをしているアンディ・ペイリーが70年代に弟と組んでいたデュオの未発表曲で、2013年の編集盤で初めて世に出た。

ブライアンがバック・コーラスで参加している。

この編集盤発売時のペイリー・ブラザーズへのインタビュー(英語) 



アナログLP

マイク・ラヴ 「Be My Baby」 ('81)
『Looking Back With Love』(日本盤LP 『ルッキング・バック・ウィズ・ラヴ』)に収録


クレジットされていないが、マイクのファースト・ソロ・アルバムに収録の「Be My Baby」のプロデュースと演奏(バック・ボーカルとキーボード?)でブライアンが参加しているらしい。

現在まで未CD化。


フリオ・イグレシアス 「The Air That I Breath(やすらぎの世界へ)」 ('84)
『1100 Bel Air Place』(日本盤 『ベル・エアー1100』)に収録


フリオ・イグレシアスのバラードでビーチ・ボーイズとしてバック・コーラスを担当。ビーチ・ボーイズの声は小さめにミックスされている。

ブライアンはボーカル・アレンジメントも担当。

アマゾン 92年輸入盤  06年輸入盤  03年日本盤  06年日本盤  MP3


ファット・ボーイズ(&ザ・ビーチ・ボーイズ) 「Wipe Out」 ('87)
『Still Cruisin'』(日本盤 『スティル・クルージン』)に収録


ビーチ・ボーイズのアルバム 『スティル・クルージン』 に入っている曲で、ファット・ボーイズとの共演。
参加メンバーはブライアン、カール、マイク、アル、ブルース。

12インチ・シングルには「Wave 1 Version」「Wave 2 Version」の2つのリミックス・バージョンを収録。


  アナログ12インチ



アナログ7インチ

リトル・リチャード(&ザ・ビーチ・ボーイズ) 「Happy Endings」 ('87)
同名シングルに収録


リトル・リチャードとの共演シングルで、ブルースとテリー・メルチャーの共作曲。荘厳な感じのバラード。
参加メンバーはブライアン、カール、マイク、アル、ブルース。

ウーピー・ゴールドバーグ主演の映画 『ザ・テレフォン(The Telephone)』 の挿入歌になった。

詳しくはビーチ・ボーイズの共演/参加作品のページで。


スピリット・オブ・ザ・フォレスト 「Spirit Of The Forest」 ('89)
『Earthrise』(日本盤 『アースライズ〜ロックが地球を救う』)に収録


森林保護のためのチャリティ・ソングに参加して、一節を歌っている。

ビデオ・クリップにも登場(YouTube、0分50秒ごろ)

アマゾン 輸入盤  95年日本盤


ポール・シェイファー 「Metal Beach」 ('89)
『Coast To Coast』(日本盤 『コースト・トゥ・コースト』)に収録


ポール・シェイファーのアルバムにインスト曲「Metal Beach」を提供。

キーボードとコーラスで演奏にも参加している。

アマゾン 輸入盤  89年日本盤  


リンダ・ロンシュタット 「Adios」 ('89)
『Cry Like A Rainstorm, Howl Like the Wind』(日本盤 『クライ・ライク・ア・レインストーム』)に収録


リンダ・ロンシュタットのバラードでバック・コーラスとコーラス・アレンジを担当。

ソロになってからのブライアンの参加作品はブライアンのコーラスを前面に出したものが多くなる。

アマゾン 95年輸入盤  89年日本盤  MP3


坂本龍一 「Calling From Tokyo」「We Love You」 ('89)
『BEAUTY』 に収録


坂本龍一の1989年のアルバム収録曲の2曲でバック・コーラスに参加。

バックで歌っているという以上のものではない。


デイヴィッド・フォスター 「Is There A Chance(チャンス)」 ('90)
『River Of Love』(日本盤 『リヴァー・オブ・ラヴ』)に収録


デヴィッド・フォスターの曲を共作(クレジットは David Foster / Linda Thompson-Jenner / Brian Wilson )。演奏には不参加。

アマゾン 90年輸入盤  90年日本盤  10年日本盤  MP3


リンゴ・スター 「In a Heartbeat」 ('92)
『Time Takes Time』(日本盤 『タイム・テイクス・タイム』)に収録


リンゴ・スターの1992年のアルバムの収録曲にバック・ボーカルで参加。

サビで「デュッ、デュッ♪」と歌っているのがブライアン。

アマゾン 92年輸入盤  92年日本盤  09年日本盤(紙ジャケット)


ロブ・ワッサーマン 「Fantasy Is Reality/Bells Of Madness」('94
『Trio』(日本盤 『トリオ』)に収録


ベーシストのロブ・ワッサーマンが豪華なゲストを招いて制作したアルバム。
娘のカーニーをリード・ボーカルに迎えた「Fantasy Is Reality/Bells Of Madness」でバック・コーラスとキーボードを担当。

作詞作曲はワッサーマン、カーニー、ブライアンの共作。

アマゾン 94年輸入盤  94年日本盤


ベリンダ・カーライル 「California」 ('96)
『A Woman & A Man』(日本盤 『ア・ウーマン・アンド・ア・マン』)に収録


元ゴーゴーズのカリフォルニア・ガール、ベリンダ・カーライルの1996年のソロ作にバック・コーラスで参加。

アマゾン 96年輸入盤  00年輸入盤  96年日本盤
 DVD付デラックス・エディション 14年輸入盤  14年日本盤


コリン・レイ 「Winter Wonderland」 ('96)
Collin Raye 『Christmas:The Gift』 に収録


ビーチ・ボーイズの 『Stars And Stripes Vol.1』 に参加したコリン・レイのクリスマス・アルバム。

「Winter Wonderland」にビーチ・ボーイズとしてコーラスで参加。
参加メンバーはブライアン、カール、マイク、ブルースとマット・ジャーディン(アルの息子)。


ザ・ウィルソンズ 「Monday Without You」「Miracle」「'Til I Die」「Everything I Need」 ('97)
『The Wilsons』(日本盤 『マンデイ・ウィズアウト・ユー』)に収録


ブライアンの2人の娘がウィルソン・フィリップスの活動停止後にデュオでリリースしたアルバムにブライアンも参加(アルバムのバック・カバーには3人で写っている)。

「Monday Without You」「Miracle」「'Til I Die」「Everything I Need」の4曲にボーカルで参加。
「Everything I Need」は 『ペット・サウンズ』 以来のトニー・アッシャーとブライアンの共作となる新曲で、中間部ではブライアンがリード・ボーカルを取る。
「'Till I Die」はビーチ・ボーイズのカバー。

「Monday Without You」のビデオ・クリップにはブライアンも出ている(YouTube)。

アマゾン 97年輸入盤  97年日本盤
※輸入盤のページのMP3のリンクは全く別の「ザ・ウィルソンズ」のアルバムになっているのでご注意下さい
アマゾンMP3 Everything I Need  Miracle


スティーヴ・ダール&ザ・ダールフィンズ 「Net Surfin' U.S.A.」 ('97)
『Mai-Tai Roa Aé』 に収録


アメリカのラジオ・パーソナリティで音楽活動も行っているスティーブ・ダールのパロディ・ソングで「Net Surfin' U.S.A.」(「Surfin' U.S.A.」の替え歌)のバック・コーラスに参加。

「ネット・サーフィン」だけに「インサイド、アウトサイド、USA♪」のコーラスは「アップロード、ダウンロード、USA♪」になってます。

このアルバムのプロデューサーはジョー・トーマスで、そのツテか、ダールはブライアンの1998年のソロ 『イマジネーション』 の1曲目「Your Imagination」を共作している。

アマゾン MP3


キングズ・シンガーズ 「The Load's Prayer」 ('97)
『Spirit Voices』(日本盤 『スピリット・ヴォイセズ』)に収録


イギリスのコーラス・グループ、キングズ・シンガーズの1997年のアルバム


最後に収録されている「The Load's Prayer」のクレジットに「Vocal arrangement by Bob Chilcott and Brian Wilson」と記載されている。

でも、これはもしかすると実際にブライアンが参加したのではなく、1964年のビーチ・ボーイズ・バージョンのアレンジを元に Bob Chilcott がアレンジした、ということかもしれない。

他の曲にはマイクとブルースも参加している。 詳細 

アマゾン 97年輸入盤  97年日本盤


リンゴ・スター 「Without Understanding」 ('98)
『Vertical Man』(日本盤 『ヴァーティカル・マン』)に収録


リンゴ・スターの1998年のアルバムに、前作に続いてバック・コーラスで参加。

ブライアンが参加しているからか、「no good vibration」なんて歌詞が出てくる。

アマゾン 98年輸入盤  98年日本盤  MP3


タミー・ワイネット 「In My Room」 ('98)
『Tammy Wynette...Remembered』 に収録


1998年に死去した「カントリー・ミュージックのファースト・レディ」タミー・ワイネットのトリビュート・アルバム。

ワイネットの曲をエルトン・ジョンやエミルー・ハリスらがカバーしたもので構成されているが、最後に収録されている「In My Room」のカバーだけはワイネットが生前にブライアンと録音していたもの。

ブライアンとジョー・トーマスのプロデュースで、ワイネットがリード・ボーカル、ブライアンがコーラス。

この曲の録音風景は、DVD 『ナッシュビル・サウンズ』 で見られる。
この曲、ビーチ・ボーイズの 『Stars And Stripes Vol.1』 には未収録だし、ビーチ・ボーイズの他のメンバーは参加していないし、ナッシュビル録音でもない(ブライアンの自宅スタジオで」録音)のにこのDVDに収録されていることからして、このプロジェクトの一環として同時期に録音されたということだと思われる。


参加作品3(2000〜)へ

このページの先頭へ

inserted by FC2 system