HOME 

 ビーチ・ボーイズ  どれから聴くかガイド  CD化の歴史 
  スタジオ・アルバム1  スタジオ・アルバム2('98〜'11)  紙ジャケットCD  ライブ  共演/参加作品 
  レア・トラック1(編集盤)  レア・トラック2(その他)  ベスト盤/コンピレーション盤  ペット・サウンズ 
  映像1(ソフト別)  映像2(映像別)  クリスマス・アルバム 
  書籍・雑誌  番外編  
  編集盤詳細 モーガン・テープス  ザ・ビーチ・ボーイズ・ボックス('80)  テン・イヤーズ・オブ・ハーモニー 
          レアリティーズ&メドレー  グッド・ヴァイブレーションズ・ボックス  シングル・コレクション 
          Perfect Harmony  ペット・サウンズ・セッションズ  The Greatest Hits 1&2  エンドレス・ハーモニー 
          ホーソーン、カリフォルニア  カリフォルニア・フィーリン  サウンズ・オブ・サマー 
          ウォームス・オブ・ザ・サン  サマー・ラヴ・ソングス  スマイル  カリフォルニアの夢 
          ペット・サウンズ 50th  サンシャイン・トゥモロウ 1&2 

 ソロ作品 
  ブライアン1  ブライアン2  ブライアン3  ブライアン映像 
  ブライアン参加1  ブライアン参加2  ブライアン参加3 
  デニス  カール  マイク  アル  ブルース  

 新商品情報 

 更新履歴 

ビーチ・ボーイズの映像2(映像別)


ここではソフト化されたビーチ・ボーイズの映像を取り上げます。TV番組や映画などの映像別です。

メンバーが単独で出演したものは含めていません。

こちらのページでは個々の商品別にまとめています。

ソフト化された映像(古い順)


1962/7/28(撮影)
映画 : 『One Man's Challenge』  

カリフォルニアのアズーサ・ティーン・クラブでの演奏で、このクラブの設立に関するドキュメンタリー映画 『ワン・マンズ・チャレンジ』 に使用するために撮影された。

ペンドルトンのシャツを着用し、「Surfin' Safari」を演奏。白黒。
デヴィッド・マークス在籍時の5人体制(他はブライアン、デニス、カール、マイク)。

ドミニク・プライア著 『スマイル』 によれば、先にスタジオ録音された音声を使ったくちパク。


【この映像を収録したソフト】
■DVD 『エンドレス・ハーモニー』 …部分収録(9:54ごろ)。
■ビデオ 『Biography Brian Wilson : A Beach Boy's Tale』(輸入版) …部分収録。


1963/3/2 (収録・放送とも)
米TV番組 : 『ザ・スティーヴ・アレン・ショー』
 

【放送された曲】
Surfin'U.S.A. / The Things We Did Last Summer

水兵スタイルで出演し、くちパクで演奏。白黒。

デヴィッド・マークス在籍時の5人体制(他はブライアン、デニス、カール、マイク)。


【この映像を収録したソフト】
■DVD 『エンドレス・ハーモニー』 …本編に2曲を
部分的に使用、特典映像としてフルコーラスでも収録。


1964/3/12収録 (3/27放送)
米TV番組 : 『ザ・スティーヴ・アレン・ショー』
 

【放送された曲】
Surfin' U.S.A. / Fun, Fun, Fun

線の細いストライプのシャツを着て、観客の前でライブ演奏。白黒。

ブライアン、デニス、カール、マイク、アルの5人体制。


【この映像を収録したソフト】
■DVD 『エンドレス・ハーモニー』 …「Fun, Fun, Fun」を部分収録(22:49ごろ。音声はレコード・バージョンに差し替え)。


1964/3/14収録
TV放送用ライブ : NBCテレビ・スタジオ
 

1964年3月14日にカリフォルニア州バーバンクのNBCテレビ・スタジオで収録されたライブ。ブライアン、デニス、カール、マイク、アルの5人体制。

ビートルズのワシントンでのライブを収録したフィルムと一緒に、アメリカの映画館で「クローズド・サーキット方式(ケーブルTVのようなもの)」で放送するために撮影された。

このフィルムはその後行方不明になっていたが、1998年のドキュメンタリー 『エンドレス・ハーモニー』 の用の素材を探している時に発見され、単独でもソフト化されることになった。

この時演奏されたのは以下の10曲
Fun, Fun, Fun / Long Tall Texan / Little Duce Coupe / Sufer Girl / Monster Mash / Surfin'U.S.A. / Shut Down / In My Room / Papa-Oom-Mow-Mow / Hawaii
このうち「Monster Mash」を除いた9曲がDVD 『ライヴ 1964』 としてソフト化された。

WOWOWの 『ザ・ビーチ・ボーイズ ライブ in the 60's』 (2012年10月13日初回放送)の中で、「Monster Mash」を含んだ完全版が放送されている。


【この映像を収録したソフト】
■DVD 『ライヴ 1964』 …9曲を曲間のMCも含めて収録。
■DVD 『エンドレス・ハーモニー』 …本編に「Little Duce Coupe」と「In My Room」を部分的に使用、特典映像としてフルコーラスでも収録。
■DVD&CD 『サイツ・アンド・サウンズ・オブ・サマー』 …「Little Duce Coupe」をフルコーラス収録。


1964/3/14収録 (4/18放送)
米TV番組 : 『アメリカン・バンドスタンド』
 

【放送された曲】
Don't Worry Baby

線の細いストライプのシャツを着て、全員が何も持たずにくちパクで歌う。ブライアン、デニス、カール、マイク、アルの5人体制。白黒。

演奏後に司会者ディック・クラークがメンバーにインタビューを行った。


【この映像を収録したソフト】
■ビデオ・LD 『ベスト・オブ・バンドスタンドU』 …演奏をフルコーラス収録。インタビューも(たぶん)フルで収録。
■ビデオ 『Biography Brian Wilson : A Beach Boy's Tale』(輸入版) …演奏もインタビューも部分収録。

   P.ABS2.JPG - 41,122BYTES 


1964/5/12 (収録・放送とも)
米TV番組 : 『ザ・レッド・スケルトン・ショー』
 

【放送された曲】
I Get Around / In My Room

「I Get Around」は線の細いストライプのシャツを着て、カールとアル以外は楽器を持たずに歌う。
「In My Room」はスーツを着たメンバーが部屋のセットで歌う(レコード・バージョンにはないストリングスが重ねられている)。

どちらもくちパク。ブライアン、デニス、カール、マイク、アルの5人体制。白黒。


【この映像を収録したソフト】
■DVD 『アン・アメリカン・バンド』 …「I Get Around」(13:20ごろ)/「In My Room」(26:43ごろ)。どちらもほぼフルコーラス。


1964/9/27 (収録・放送とも)
米TV番組 : 『エド・サリヴァン・ショー』
 

【放送された曲】
I Get Around / Wendy

ストライプのシャツを着てライブ演奏。ブライアン、デニス、カール、マイク、アルの5人体制。白黒。


【この映像を収録したソフト】
■「I Get Around」
 DVD 『エド・サリヴァン・ショー ロック・レヴォリューション4』
 DVD 『エド・サリヴァン・ショー ヒッツ・フロム・60's 4』 …1968年の「Do It Again」と一緒に収録。
■「Wendy」
 DVD 『エド・サリヴァン・ショー ゴールデン・エイジ・オブ・ロック3』


1964/10/28
ライブ : T.A.M.I.ショー
 

当時の人気ミュージシャンが多数出演した「T.A.M.I.(ティーン・エイジ・ミュージック・インターナショナル)ショー」の演奏。カリフォルニア州サンタモニカで開催。

ビーチ・ボーイズは単独で4曲( Surfin'U.S.A. / I Get Around / Sufer Girl / Dance, Dance, Dance )を演奏し、出演者全員によるフィナーレにも参加。ストライプのシャツを着用。ブライアン、デニス、カール、マイク、アルの5人体制。白黒。

このコンサートは映画館で上映するためにフィルムに収められ、ビーチ・ボーイズの映像は 『アン・アメリカン・バンド』 『エンドレス・ハーモニー』 で部分的に、『サイツ・アンド・サウンズ・オブ・サマー』 の付属DVDで4曲すべてがフルコーラス収録されていた。

2010年に出たDVD 『T.A.M.I. Show』 はこの映画をまるごとDVD化しているので、フィナーレに参加したビーチ・ボーイズも見られる。


【この映像を収録したソフト】
■全曲
 DVD 『T.A.M,I, Show』(輸入盤) …映画全てを収録。
 Blu-ray 『T.A.M.I. Show / The Big T.N.T. Show』(輸入盤) …映画全てを収録。
 DVD&CD 『サイツ・アンド・サウンズ・オブ・サマー』 …単独演奏の4曲をフルコーラス収録。
■ 「Surfin'U.S.A.」
 DVD 『アン・アメリカン・バンド』 …フルコーラス収録(2:37ごろ)。
■「I Get Around」
 DVD 『エンドレス・ハーモニー』 …部分収録(25:20ごろ)。
■「Sufer Girl」
 DVD 『アン・アメリカン・バンド』 …フルコーラス収録(8:49ごろ)。
 DVD 『エンドレス・ハーモニー』 …部分収録(14:16ごろ)。
■「Dance, Dance, Dance」
 DVD 『アン・アメリカン・バンド』 …部分収録(29:43ごろ。3つの映像をつなげているうちの3番目)。


1964/11/6 (収録・放送とも)
英TV番組 : 『レディ・ステディ・ゴー』
 

【放送された曲】
I Get Around / When I Grow Up(To Be A Man)

ストライプのシャツを着てライブ演奏。ブライアン、デニス、カール、マイク、アルの5人体制。白黒。

「When I Grow Up(To Be A Man)」ではイントロがうまく合わずに苦笑いしながらやり直している。

曲間には司会者が短いインタビューを行った。


【この映像を収録したソフト】
■ビデオ・LD 『レディ・ステディ・ゴー(栄光の60年代ポップス) Vol.2』 …2曲をフルコーラス収録(インタビューも含む)。

   P.RSG.JPG - 133,121BYTES


1964/12/17収録 (12/23放送)
米TV番組 : 『シンディグ!』

【放送された曲】
Dance, Dance, Dance / Little Saint Nick / Monster Mash / Papa-Oom-Mow-Mow / Johnny B. Goode / We Three Kings Of Orient Are

ストライプのシャツを着て演奏。ブライアン、デニス、カール、マイク、アルの5人体制。カラオケで歌のみライブ。白黒。


【この映像を収録したソフト】
■DVD 『アン・アメリカン・バンド』 …「Dance, Dance, Dance」を部分収録(29:28ごろ。3つの映像をつなげているうちの2番目)。
■DVD 『Chronicles』 …「Little Saint Nick」「Papa-Oom-Mow-Mow」「Johnny B. Goode」をフルコーラス収録。


1964/12/18 (収録・放送とも)
米TV番組 : 『ボブ・ホープ・コメディ・スペシャル』
 

【放送された曲】
Dance, Dance, Dance

ストライプのシャツを着て演奏。カラオケで歌のみライブ。ブライアン、デニス、カール、マイク、アルの5人体制。白黒。

格子模様の背景のセット。


【この映像を収録したソフト】
■DVD 『アン・アメリカン・バンド』 …部分収録(28:58ごろ。3つの映像をつなげているうちの1番目)。


1965/4/21 (収録・放送とも)
米TV番組 : 『シンディグ!』
 

【放送された曲】
ライブ演奏 : Do You Wanna Dance? / Fun, Fun, Fun / Long Tall Texan
カラオケで歌のみライブ : Please Let Me Wonder / Help Me Rhonda

ストライプのシャツに白いズボンというおなじみのスタイル。ブライアン、デニス、カール、マイク、アルの5人体制。白黒。


【この映像を収録したソフト】
■「Do You Wanna Dance?」
 DVD 『エンドレス・ハーモニー』 …部分収録(17:18ごろ)。 ※画面には「1964」の字幕
■「Fun, Fun, Fun」
 DVD 『アン・アメリカン・バンド』 …部分収録(12:00ごろ)。
■「Please Let Me Wonder」
 DVD 『アン・アメリカン・バンド』 …部分収録(31:08ごろ)。
■「Help Me Rhonda」
 ビデオ・LD 『ロック映像年鑑 1965』 …フルコーラス収録。画面下部に曲解説の英文テロップが流れる。
 DVD 『エンドレス・ハーモニー』 …部分収録(29:54ごろ)。
■「Fun, Fun, Fun」「Long Tall Texan」「Please Let Me Wonder」「Help Me Rhonda」
 DVD 『Chronicles』 …フルコーラス収録。画質はあまり良くない。


1965/5/12 (米公開)
映画 : 『ビーチ・ガール(The Girls On The Beach)』

ビーチ・ボーイズが本人役で出演した青春映画。カラー。

劇中で The Girls On The Beach / Little Honda / Lonely Sea の3曲を演奏している。ブライアン、デニス、カール、マイク、アルの5人体制。


【この映像を収録したソフト】
■DVD 『アン・アメリカン・バンド』 …2曲を部分収録。「The Girls On The Beach」(19:34ごろ)/「Little Honda」(17:10ごろ)。


1965/8/18 (米公開)
映画 : 『The Monkey's Uncle』
 

アネット主演の映画。

冒頭でアネットとビーチ・ボーイズがタイトル曲「The Monkey's Uncle」を演奏している。ブライアン、デニス、カール、マイク、アルの5人体制。

アネットはこの曲をシングルとしてリリースしており、ビーチ・ボーイズのバッキングが聴ける(アネットのベスト盤 などで入手可能)。


【この映像を収録したソフト】
■DVD 『The Monkey's Uncle』(輸入盤)


1965/10/22収録 (1966/5/2放送)
米TV番組 : 『アンディ・ウィリアムス・ショー』
 

【放送された曲】
Help Me Rhonda / Their Hearts Were Full Of Springs / Little Honda(Little Cycle)

ストライプのシャツを着て演奏。カラオケで歌とカールのギターのみライブ(「Their Hearts Were…」はアカペラ)。オケは1965年10月20日に録音された。ブライアン、デニス、カール、マイク、アルの5人体制。カラー。

曲間でアンディ・ウィリアムスがメンバーに
インタビューを行い、「Little Honda(Little Cycle)」では一緒に歌っている。
番組のスポンサーに対する配慮で「Little Honda」の「Honda」を「Cycle」に変えている(コーラスの「Honda, Honda」は「Andy, Andy」になっている)。

CS放送の「チャンネル銀河」で2009年5月にこの回がまるごと放送されている。


【この映像を収録したソフト】
■DVD 『アン・アメリカン・バンド』 …「Help Me Rhonda」をほぼフルコーラス収録(24:41ごろ)/「Their Hearts Were Full Of Springs」を部分収録(5:28ごろ)


1965/10/23収録 (11/3放送)
米TV番組 : 『ジャック・ベニー・アワー』
 

【放送された曲】
California Girls / Barbara Ann

「California Girls」ではメンバーそれぞれがカラフルな服を着て歌い(カラオケで歌のみライブ)、「Barbara Ann」ではストライプのシャツを着て歌う(ライブ演奏)。ブライアン、デニス、カール、マイク、アルの5人体制。カラー。

「California Girls」の演奏後には、ジャック・ベニーとボブ・ホープを相手にコントを披露。



【この映像を収録したソフト】
■「California Girls」
 DVD 『アン・アメリカン・バンド』 …カラー。演奏の後に続くコントの部分も収録(20:22ごろ)。演奏の一部を編集してある(詳細)。
 ビデオ・LD 『ロックンロール・クラシックス Vol.1』 …白黒。演奏のみ(編集なし)。画質が悪く、トリミングもひどい。英歌詞字幕入り。
■「Barbara Ann」
 ビデオ・LD 『ロックンロール・クラシックス Vol.2』 …白黒。画質悪く、トリミングもひどい。英歌詞字幕入り。
 DVD 『Chronicles』 …カラー。

右端の2つのDVD 『The Best Of Jack Benny』(輸入盤)は、どちらもこの番組をまるごと収録しているようだが、版権のパブリック・ドメイン化に伴いDVD化された商品で、白黒の上、画質はあまりよくないらしい。


1966/2/17〜9/21
レコーディング : Good Vibrations

「Good Vibrations」のレコーディングの模様を撮影した映像。

2012年の50周年リユニオンのドキュメンタリー 『ドゥーイン・イット・アゲイン』 に収録。


【この映像を収録したソフト】
■DVD 『50周年記念コンサート』(ディスク2)


1966/4/24撮影 (5/12放送)
英TV番組 : 『トップ・オブ・ザ・ポップス』(「Sloop John B」のプロモ・フィルム)

この番組のために「Sloop John B」のプロモ・フィルムが作られた。1966年4月24日に撮影され、同年5月12日と6月16日に放送されている。当時広報を担当していたデレク・テイラーが監督し、ほんの少し出演もしている。

ブライアンの自宅のプールで、メンバーがゴムボートに乗ったり落ちたりする内容。白黒。

オリジナルの音声には水しぶきの効果音が入っている。


【この映像を収録したソフト】
■DVD&CD 『サイツ・アンド・サウンズ・オブ・サマー』 …フルコーラス収録、効果音入り。
■DVD 『エンドレス・ハーモニー』 …特典映像はフルコーラス収録で効果音入り、本編は部分収録で効果音なし(38:10ごろ)。
■DVD-Audio 『Pet Sounds』(輸入盤) …フルコーラス収録、効果音入り。
■ビデオ・LD 『ロック映像年鑑 1966』 …フルコーラス収録、効果音入り。画面下部に曲解説の英文テロップが流れる。
■DVD&CD 『ペット・サウンズ 40thアニヴァーサリー・エディション』 …フルコーラス収録、効果音なし。
■DVD 『アン・アメリカン・バンド』 …部分収録、音声は「Wouldn't It Be Nice」(35:07ごろ)。


1966/4/25撮影 (8/4放送)
英TV番組 : 『トップ・オブ・ザ・ポップス』(アルバム 『ペット・サウンズ』 のプロモ・フィルム)

上の「Sloop John B」に続いて撮影されたフィルムで、『ペット・サウンズ』 の数曲を編集してBGMにしている。1966年4月25日に撮影され、同年8月4日に放送されている。やはりデレク・テイラーが監督。

メンバーの仲間に入れてもらえないマイクが怪物(森の精?)と仲良く靴を磨くという内容。白黒。


【この映像を収録したソフト】
■DVD&CD 『サイツ・アンド・サウンズ・オブ・サマー』 …フルコーラス収録、オリジナル音声(?)。
■DVD-Audio 『Pet Sounds』(輸入盤) …フルコーラス収録、きれいな音声にカブせ直してある。
■DVD&CD 『ペット・サウンズ 40thアニヴァーサリー・エディション』 …フルコーラス収録、きれいな音声にカブせ直してある。
■DVD 『アン・アメリカン・バンド』 …部分収録、音声は「That's Not Me」(37:05ごろ)。
■DVD 『エンドレス・ハーモニー』 …部分収録、音声は「I Just Wasn't Made For These Times」(42:51ごろ)。


1966/10/23ほか
プロモ・フィルム : Good Vibrations

合計4種類のカラー・フィルムが作られた。
フィルム1
 メンバーが消防士の扮装をしてコミカルに動き回る。1966年10月23日撮影、11月24日の英TV 『トップ・オブ・ザ・ポップス』 で放送。
 YouTube(ビーチ・ボーイズ公式ページ)
フィルム2
 スタジオでリハーサルをするグループの様子。1967年2月にフランスのニュース番組で放送。
フィルム3
 下のイギリス・ツアーで撮られた映像を編集したもの。1966年11月10日の英TV 『トップ・オブ・ザ・ポップス』 などで放送。
 CS放送「MUSIC AIR」で2010年1月から放送されている 『ビーチ・ボーイズ:BEAT CLUBセレクション』 で最後に流れる白黒の映像がこのフィルムかもしれない。
フィルム4
 フィルム3と同じ素材を使った別編集のクリップ。11月17日の英TV 『トップ・オブ・ザ・ポップス』 で放送。


【この映像を収録したソフト】
■フィルム1
 DVD&CD 『ペット・サウンズ 40thアニヴァーサリー・エディション』 …フィルム1をフルコーラス収録。
 DVD 『アン・アメリカン・バンド』 …フィルム1を部分収録(52:22ごろから。「Fire」録音時の映像と合わせて編集)。
 ビデオ 『Biography Brian Wilson』(輸入版) …フィルム1のアウトテイク映像(メンバーが瓶を口で吹いている)を収録。
■フィルム2
 DVD 『50周年記念コンサート』 ディスク2(『ドゥーイン・イット・アゲイン』) …に出てくる「Good Vibrations」のレコーディング
映像がこのフィルムかもしれない。 
■フィルム4
 DVD 『ザ・スウィンギング60's ザ・ビーチ・ボーイズ』 …最後に出てくる白黒の映像がこのフィルムかもしれない。


1966/11/6〜14
ライブ : イギリス・ツアー

1966年11月6日から14日までのイギリス・ツアー中に撮影された映像。ブライアン抜きの5人体制(マイク、デニス、カール、アル、ブルース)。カラー。

このツアーに同行したピーター・ホワイトヘッドが撮影したもので、ヒースロー空港到着の様子(6日)/車で移動し、EMI 本社で記者会見(7日)/ポートベロー・ロード地区の古着屋を訪ねるデニスとアル(14日)/ハマースミス・オデオンでのライブ(14日)/楽屋での様子やリハーサル演奏(14日?)などが撮影された。

この映像は撮影後に 『ビーチ・ボーイズ・イン・ロンドン』 というタイトルの20分の作品に編集され(マリアンヌ・フェイスフルがナレーションをつけた)、その抜粋を編集した2種類のフィルムが1966年11月10日と17日に英TV番組 『トップ・オブ・ザ・ポップス』 で「Good Vibrations」に合わせて放送された(書籍 『ザ・ビーチ・ボーイズ・ダイアリー』 の1966年10月10日で「Good Vibrations」の4つのプロモ・フィルムとして紹介されているうちの「フィルム3」と「4」)。

2005年にこの素材を75分ほどの長さに再編集したものがDVD 『ザ・スウィンギング60's』 として発売された。


【この映像を収録したソフト】
■DVD 『ザ・スウィンギング60's ザ・ビーチ・ボーイズ』 …最後に出てくる白黒の映像は「Good Vibrations」の「フィルム4」かもしれない。
■DVD 『ザ・ビーチ・ボーイズ サーフィン・サクセス』 …『ザ・スウィンギング60's』 の映像を使用した作品


1966/11/28
レコーディング : Fire

未発表アルバム 『スマイル』 収録予定曲の録音の様子を撮影したもの

消防士の帽子をかぶって演奏の指示をするブライアンの姿が見られる。


【この映像を収録したソフト】
■DVD 『アン・アメリカン・バンド』 …「Good Vibrations」のプロモ・フィルム1と合わせて編集(52:22ごろから)。
■DVD 『エンドレス・ハーモニー』 …音声は「Do You Like Worms」(53:19ごろ)。


1966/12/17収録 (1967/4/25放送)
米TV番組 : 『インサイド・ポップ:ザ・ロック・レヴォリューション』
 

【放送された曲】
Surf's Up

レナード・バーンスタインが司会を務めたTV特番で、何人かのロック・ミュージシャンにスポットを当てて当時の音楽状況をドキュメントしたもの。カラー。

ブライアンは「Surf's Up」をピアノで弾き語りしている映像が流れた。

他にも自宅のプールで遊ぶ姿が撮影されたが、番組には使われなかった。『アン・アメリカン・バンド』 と 『エンドレス・ハーモニー』 で見られる白黒の映像がこれではないかと思われる。



【この映像を収録したソフト】
■DVD 『アン・アメリカン・バンド』 …プールで遊ぶブライアン(37:30ごろ)/「Surf's Up」(48:26ごろ)。
■DVD 『エンドレス・ハーモニー』 …プールで遊ぶブライアン(40:13ごろ)。


1967/8/25
ライブ : ハワイ公演関連

1967年8月25日と26日にハワイのホノルルで行われたライブは、ライブ・アルバム(『レイド・イン・ハワイ』 という仮題で知られている)として発売する予定で録音され、一部はフィルムにも収められた。

そのうち25日のリハーサルと、本番のライブ、オフの日の様子の映像を見ることができる。


【この映像を収録したソフト】
■1967/8/25の
リハーサル
 DVD 『アン・アメリカン・バンド』 …33:35ごろ/38:25ごろ/43:51ごろ(音声は「Here Today」「That's Not Me」「Good Vibrations」が重ねられている)。
■1967/8/25の本番のライブから「God Only Knows」
 DVD 『エンドレス・ハーモニー』 …部分収録。音はこの時のもの(45:31ごろ)。
 DVD 『アン・アメリカン・バンド』 …音は 『ビーチ・ボーイズ '69』 のものを重ねている(41:01ごろ)。
 DVD&CD 『サイツ・アンド・サウンズ・オブ・サマー』 …音は 『ビーチ・ボーイズ '69』 のものを重ねている。
■ハワイでのオフの様子
 DVD 『アン・アメリカン・バンド』 …音は「I Just Wasn't Made For These Times」(53:52ごろ)。
 DVD 『エンドレス・ハーモニー』 …音は「Do It Again」(1:01:48ごろ)。

また、音声も以下のCDなどで発表されている。
■1967/8/25(リハーサル)
 Surfer Girl →CD 『グッド・ヴァイブレーションズ・ボックス』
 Their Hearts Were Full Of Spring →CD 『ホーソーン、カリフォルニア』 とCD 『ワイルド・ハニー(ボーナス・トラック)』
 Good Vibrations →CD 『ホーソーン、カリフォルニア』
■1967/8/25(本番のライブ)
 Heroes And Villains →CD 『ビーチ・ボーイズ '69(ボーナス・トラック)』
 God Only Knows →DVD 『エンドレス・ハーモニー』(映像とともに部分収録)


1967/9/2撮影
プロモ・フィルム : Heroes And Villains

英BBCのクルーがブライアンの自宅に来て「Heroes And Villains」用のフィルムを撮影したが、結局放送されなかった。

『アン・アメリカン・バンド』 で見られるスマイル関係の映像がこれだろうか?


【この映像を収録したソフト】(?)
■DVD 『アン・アメリカン・バンド』 …16:54ごろ(音声は「Little Honda」)/51:24ごろ(音声は「Do You Like Warms」)。


1968/7/8リリース
プロモ・フィルム : Do It Again

「Do It Again」のリリース時に作られたカラーのプロモ・フィルム。ブライアン以外のメンバーがサーフィン用品店に行き、サーフィンをする、といった内容。

1969年にドイツのTV番組 『ビート・クラブ』 に出演した際、「Surfin' U.S.A.」を歌うメンバーのバックにこのフィルムが流れていた。


【この映像を収録したソフト】
■ビデオ・LD 『ロック映像年鑑 1968』 …ほぼフルコーラス収録だが、『エド・サリヴァン・ショー』 に出演した時の映像がところどころで中途半端にオーバーラップされている。画面下部に曲解説の英文テロップが流れる。


1968/8月ごろ撮影
メキシコで撮影したプロモ映像
 

野原を走ったり、子供たちと遊ぶメンバーの映像。

この時撮影された映像は、DVD 『エンドレス・ハーモニー』 の特典映像で見られる。


【この映像を収録したソフト】
■DVD 『エンドレス・ハーモニー』 …特典映像で「Friends」のビデオ・クリップとして収録。


1968/10/2 & 4
レコーディング : Time To Get Alone (プロモ・フィルム : I Can Hear Music)

ブライアンの自宅スタジオでの「Time To Get Alone」の録音風景。

1969年の「I Can Hear Music」のプロモ・フィルムの一部として使用された。


【この映像を収録したソフト】
■DVD 『アン・アメリカン・バンド』 …音は「Time To Get Alone」(58:37ごろ)。
■DVD 『エンドレス・ハーモニー』 …音は「Friends」(1:09:26ごろ)。


1968/10/13 (収録・放送とも)
米TV番組 : 『エド・サリヴァン・ショー』
 

【放送された曲】
Good Vibrations / Do It Again

上下白のスーツを着て演奏。カラオケで歌のみライブ(オケはこのために録音されたもの)。マイク、デニス、カール、アル、ブルースの5人体制。カラー。


【この映像を収録したソフト】
■「Good Vibrations」
 DVD 『エド・サリヴァン・ショー ロック・レヴォリューション1』 …フルコーラス収録。
 DVD&CD 『サイツ・アンド・サウンズ・オブ・サマー』 …フルコーラス収録。
 DVD 『アン・アメリカン・バンド』 …フルコーラス収録(44:34ごろ)。
 DVD 『エンドレス・ハーモニー』 …部分収録(49:43ごろ)。
■「Do it Again」
 DVD 『エド・サリヴァン・ショー ヒッツ・フロム・60's 4』 …1964年の「I Get Around」と一緒にフルコーラス収録。
 DVD&CD 『サイツ・アンド・サウンズ・オブ・サマー』 …フルコーラス収録。
 DVD 『アン・アメリカン・バンド』 …フルコーラス収録(56:22ごろ)。※画面には「1967」の字幕
 DVD 『エンドレス・ハーモニー』 …部分収録(1:02:41ごろ)。


1968〜1969
ライブ : ヨーロッパ・ツアー
 

アメリカでの人気に陰りが出てきたこの時期、ビーチ・ボーイズは欧州に活路を見出し、各国でライブを行った。

この68年〜69年あたりのツアーの様子を撮影した映像はいくつかのソフトで見ることが出来る。


【この映像を収録したソフト】
■DVD 『アン・アメリカン・バンド』 …「I Can Hear Music」に合わせて流れる映像(1:03:25ごろ)。
■DVD 『エンドレス・ハーモニー』 …1:04:01ごろから始まる一連の映像、メンバー一人一人を追って撮影した映像など。また、DVDの特典の「Long Promised Road」のサラウンド・ミックスにはカールを追って撮影した映像が使われている。


1968/12/9撮影
英TV番組 : 『トップ・オブ・ザ・ポップス』用フィルム
 

1968年12月1日から16日までのイギリス/ヨーロッパ・ツアー中に撮影された映像。

英TV 『トップ・オブ・ザ・ポップス』 で「Friends」に合わせて放送するために、ツアー中の休日(9日)にロンドンのチズウィックで撮影された。メンバーが船に乗り込んで川を下ってゆくという内容。

このフィルムは結局放送されなかったが、この時の撮影風景の映像が残されており、『アン・アメリカン・バンド』 の中で見られる。


【この映像を収録したソフト】
■DVD 『アン・アメリカン・バンド』 …「Sloop John B」に合わせて流れる映像(38:38ごろ)。


1968/12/12収録 (放送日は本文を参照)
ドイツTV番組 : 『ビート・クラブ』

【放送された曲】
Bluebirds Over The Mountain(1968年12月31日放送) / Do It Again(1969年1月25日放送) / California Girls(1969年3月29日放送)

全員が上下白のスーツを着用し、くちパクで演奏。マイク、デニス、カール、アル、ブルースの5人体制。白黒。

これまで日本では「Do It Again」「California Girls」がいくつかのソフトに収録されてきたが、2011年発売のDVDボックス 『ビート・クラブ2』(この番組の全話を収録したDVDシリーズ)で「Bluebirds Over The Mountain」や1969年6月3日に収録した2曲も含め、全出演分が番組まるごと見られるようになった。


「Bluebirds Over The Mountain」の収録時の舞台裏をカラー撮影したものが 『アン・アメリカン・バンド』 で少し見られる(1:04:17ごろ。バックのBGMは「I Can Hear Music」)。


【この映像を収録したソフト】
■DVD 『ビート・クラブ2』 …上記3曲と、別の出演回から「Break Away」「Surfin' U.S.A.」を収録。番組をまるごと収録したボックス。
■DVD 『Special Edition EP』(輸入盤) …「California Girls」「Do It Again」と、別の出演回から「Break Away」「Surfin' U.S.A.」を収録。
■ビデオ・LD 『ビートクラブ〜黄金のロック伝説Vol.3』 …「California Girls」と「Do It Again」を収録。
■DVD 『so you wanna be a Rock'n'Roll Star』(輸入盤) …「Do It Again」を収録。
■VSD 『カリフォルニア・ガールズ』 …「California Girls」を収録。

   P.VSDCG.JPG - 176,366BYTES


1968/12/14 (12/23放送)
オランダTV番組 : 『トゥィーン』
 

【放送された曲】
Do It Again / Friends / California Girls / Darlin' / Wouldn't It Be Nice / Sloop John B / Good Vibrations / God Only Knows / Barbara Ann

上下白のスーツを着用し、ライブ演奏。マイク、デニス、カール、アル、ブルースの5人体制。白黒。

WOWOWの 『ザ・ビーチ・ボーイズ ライブ in the 60's』 (2012年10月13日初回放送)の中で、全曲放送されている(音はすべてレコードのテイク)。


【この映像を収録したソフト】
■DVD 『アン・アメリカン・バンド』 …2曲を部分収録。「Wouldn't It Be Nice」(36:08ごろ。音はレコードのテイクのリミックス版に差し替え)/「Sloop John B」(38:53ごろ。音はライブ音源だがこの時のものかどうか不明)。
■DVD 『エンドレス・ハーモニー』 …「Wouldn't It Be Nice」を部分収録(41:53ごろ。音はレコードのテイクに差し替え)。


1969/2/16収録 (2/19放送)
米TV番組 : 『クラフト・ミュージック・ホール』
 

【放送された曲】
California Girls / I Can Hear Music

どちらもくちパク。マイク、デニス、カール、アル、ブルースの5人体制。カラー。


【この映像を収録したソフト】
■DVD 『エンドレス・ハーモニー』 …「California Girls」を部分収録(35:19ごろ)。


1969/5/30
ライブ : 英ブライトン

イギリス、ブライトンでのライブから、「Rock'n'Roll Woman」のカラー映像が残されている。
マイク、デニス、カール、アル、ブルースの5人体制。

この曲はバッファロー・スプリングフィールドの曲のカバーで、バッファローとは1968年にジョイント・コンサートで共演した仲。


【この映像を収録したソフト】
■DVD 『アン・アメリカン・バンド』 …フルコーラス収録(1:01:29ごろ)。※短く編集されている可能性もある


1969/6/3収録 (放送日は本文を参照)
ドイツTV番組 : 『ビート・クラブ』
 

【放送された曲】
Break Away(6月7日放送) / Surfin' U.S.A.(8月2日放送)

上下白のスーツを着用。ただしマイクだけは白いマント(?)のような衣装。くちパク。マイク、デニス、カール、アル、ブルースの5人体制。白黒。

「Surfin' U.S.A.」では歌うメンバーのバックに上で紹介した「Do It Again」のプロモ・フィルムが流れる。

これまで日本では演奏シーンのみがいくつかのソフトに収録されてきたが、2011年発売のDVDボックス 『ビート・クラブ2』(この番組の全話を収録したDVDシリーズ)で1968年12月12日に収録した3曲も含め、全出演分が番組まるごと見られるようになった。


【この映像を収録したソフト】
■DVD 『ビート・クラブ2』 …上記2曲と、別の出演回から「Bluebirds Over The Mountain」「Do It Again」「California Girls」を収録。番組をまるごと収録したボックス。
■DVD 『Special Edition EP』(輸入盤) …「Break Away」「Surfin' U.S.A.」と、別の出演回から「California Girls」「Do It Again」を収録。
■ビデオ・LD 『MTVロック・クラシックス』 …「Surfin' U.S.A.」を収録。
■DVD 『Legend Of Rock - Super Best DVD』 …「Surfin' U.S.A.」を収録。 

   P.MTV.JPG - 8,627BYTES  


1969/6/17
ライブ : チェコスロヴァキア

マイク、デニス、カール、アル、ブルースの5人体制。カラー。


【この映像を収録したソフト】
■DVD 『アン・アメリカン・バンド』 …「Break Away」をフルコーラス収録(1:06:11ごろ)。※音と絵は必ずしも合っていない


1969/6/30収録 (7/3放送)
オランダTV番組 : 『ザ・レイダーズ・アンド・ザ・ビーチ・ボーイズ』

【放送された曲】
Good Vibrations / Break Away / I Can Hear Music / Cottonfields

すべてくちパク。マイク、デニス、カール、アル、ブルースの5人体制。白黒。
番組ではポール・リヴィア&ザ・レイダーズの曲も4曲放送された。

「I Can Hear Music」の演奏中に別のカメラで撮られたカラー映像が 『エンドレス・ハーモニー』 で少し見られる(1:10:45ごろ)。

WOWOWの 『ザ・ビーチ・ボーイズ ライブ in the 60's』 (2012年10月13日初回放送)の中で、曲間のMCの部分も含めて放送されている。


【この映像を収録したソフト】 ※すべて画面下部に曲解説の英文テロップが流れる
■Good Vibrations …ビデオ・LD 『ロック映像年鑑 1966』 …ほぼフルコーラス収録。
■Break Away/I Can Hear Music …ビデオ・LD 『ロック映像年鑑 1969』 …ほぼフルコーラス収録。
■Cottonfields …ビデオ・LD 『ロック映像年鑑 1970』 …ほぼフルコーラス収録。


1970/5/28収録 (放送日は本文を参照)
米TV番組 : 『サムシング・エルス』

【放送された曲】
Good Vibrations (7/4放送) / Cottonfields (7/5放送)

どちらもくちパク。マイク、デニス、カール、アル、ブルースの5人体制。カラー。

『Biography Brian Wilson : A Beach Boy's Tale』 で断片的に見られる「Good Vibrations」の映像や、『エンドレス・ハーモニー』 の「Cottonfields」がこの番組からのものではないかと思われる。


【この映像を収録したソフト】(?)
■ビデオ 『Biography Brian Wilson : A Beach Boy's Tale』(輸入版) …「Good Vibrations」を部分収録。
■DVD 『エンドレス・ハーモニー』 …「Cottonfields」を部分収録(1:12:20ごろ)/また、1:00:04の「しゃがんで瞑想するマイク」の映像が「Good Vibrations」からのものではないかと思われる。


1971/5/1
ライブ : ワシントンD.C.
 

マイク、デニス、カール、アル、ブルースの5人体制。


【この映像を収録したソフト】
■DVD 『アン・アメリカン・バンド』 …このライブや学生運動の映像にレコード・テイクの「Student Demonstration Time」が重ねられている(1:09:42ごろ)。


1971/5/7収録 (5/28放送)
米TV番組 : 『デヴィッド・フロスト・ショー』
 

【放送された曲】
Wouldn't It Be Nice / Cool Cool Water

ライブ演奏。マイク、デニス、カール、アル、ブルースの5人体制。カラー。


【この映像を収録したソフト】
■DVD 『エンドレス・ハーモニー』 …「Cool Cool Water」を部分収録(1:14:41ごろ)。


1971/7/2
ライブ : シェーファー・ミュージック・フェスティヴァル(セントラルパーク、NY)
 

マイク、デニス、カール、アル、ブルースの5人体制。カラー。


【この映像を収録したソフト】
■DVD 『アン・アメリカン・バンド』 …「Okie From Muskogee」(1:11:09ごろ。部分収録)/「Heroes and Villains」(1:12:56ごろ。フルコーラス収録)/「Forever」(1:37:43ごろ。部分収録)
■DVD 『エンドレス・ハーモニー』 …「Heroes and Villains」(55:29ごろ。部分収録)


1972/5/25撮影
オムニバス・フィルム : 『ミュージック・アンリミテッド』
 

イギリスの映画館で上映された音楽フィルム 『ミュージック・アンリミテッド』 のために「You Need A Mess Of Help To Stand Alone」と「Don't Go Near The Water」を撮影。

ブロンディ・チャップリンとリッキー・ファターを加えた6人体制(他はデニス、カール、マイク、アル)。どちらもくちパク。カラー。


【この映像を収録したソフト】
■DVD 『Sensational Sounds Of The 70's Vol.2』(輸入盤) …ビーチ・ボーイズの2曲が含まれる回をまるごと収録。


1976/6/20 & 7/3撮影 (8/5放送)
米TV番組 : 『ザ・ビーチ・ボーイズ』
ライブ : アナハイム・スタジアム

アルバム 『15ビッグ・ワンズ』 発売に合わせて1976年8月5日にアメリカで放送された特別番組。番組中のライブ映像は7月3日のカリフォルニアのアナハイム・スタジアムでのもの。それ以外の主だった部分の撮影は6月20日(ブライアンの誕生日)に行われた。

【使用されたライブ演奏】
Fun, Fun, Fun / Be True To Your School /
God Only Knows / I Get Around / You Are So Beautiful / Good Vibrations(リハーサル+本番)/ Sloop John B. / Surfin' U.S.A. / California Girls / Help Me, Rhonda / It's OK / Rock And Roll Music / Wouldn't It Be Nice(エンディング・タイトルのBGM)

【この番組のために撮影された演奏】
I'm Bugged At My Ol' Man ブライアンがピアノを弾き、デニスとカールがコーラス。
That Same Song ゴスペル聖歌隊とビーチ・ボーイズの共演。

この番組で撮影された映像(メンバーのインタビュー、ブライアンの誕生パーティ、サーフィンさせられるブライアンなど)は 『アン・アメリカン・バンド』 にも使用され、ライブの映像は 『アン・アメリカン・バンド』 『エンドレス・ハーモニー』 にも部分的に
使用されている。

『アン・アメリカン・バンド』 の1:19:25でメンバーがピアノを囲んで「Surfer Girl」を歌う部分もこの時に撮影されたものではないかと思われる。


【この映像を収録したソフト】
■DVD 『グッド・ヴァイブレーションズ・ツアー』 …この番組をそのまま収録。
■DVD 『アン・アメリカン・バンド』 …この時に撮影された素材を再編集して使用(ほとんどは未使用の部分)。
■ライブの映像
 DVD 『アン・アメリカン・バンド』 …編集された「Rock 'n' Roll Music」(1:20:55ごろ)/「You Are So Beautiful」(1:25:27ごろ。別カットの映像を少しだけ含む。デニスのMCは別のライブから)。
 DVD 『エンドレス・ハーモニー』 …「California Girls」を部分収録(1:21:48ごろ)。


1976/12/31?
ライブ : L.A.フォーラム(?)

ベースを弾きながら仁王立ちで「In My Room」を歌うブライアン。大晦日のL.A.フォーラムでの演奏か?


【この映像を収録したソフト】
■DVD 『アン・アメリカン・バンド』 …「In My Room」を部分収録(1:15:34ごろ)。


1977/2/19
第19回グラミー賞授賞式
 

ブライアン、デニス、カールがタキシードを着て壇上に上がり、「ベスト・ニュー・アーティスト」のプレゼンターを務めた。


【この映像を収録したソフト】
■DVD 『アン・アメリカン・バンド』 …デニスの死についての部分でチラッと映る(1:37:37ごろ)。


1979/2/26収録 (4/27放送)
米TV番組 : 『ザ・ミッドナイト・スペシャル』
 

アメリカで1973年〜1981年まで放送された音楽番組 『ザ・ミッドナイト・スペシャル』 の1979年4月27日放送の回に番組ホストとして出演(ブライアン、カール、デニス、マイク、アル、ブルースの6人)。

「Good Vibrations」「Here Comes The Night」「Surfin' U.S.A.」「Angel Come Home」「Lady Lynda」を演奏し、ロジャー・マッギンとウルフマン・ジャックと一緒に「Rock And Roll Music」を披露(ライブ演奏だが「Here Comes The Night」はくちパクっぽい)。

この回の他のゲストは、マッギン、クラーク&ヒルマンとブロンディとタヴァレス。


【この映像を収録したソフト】
■DVD 『The Midnight Special - Live On Stage 1979』(輸入盤) …「Good Vibrations」を収録。


1980/6/21
ライブ : 英ネブワース

イギリスのネブワースでのコンサート。酒と薬物に依存し、ステージでも協調性を欠く行動を起こすおかげで前年にライブをおろされていたデニスも参加。6人全員(ブライアン、デニス、カール、マイク、アル、ブルース)が揃ったライブ。


【この映像を収録したソフト】
■DVD 『ライヴ・アット・ネブワース』
1. Intro /2. California Girls /3. Sloop John B. /4. Darlin' /5. School Days /6. God Only Knows /7. Be True To Your School /8. Do It Again /9. Little Deuce Coupe /10. Cotton Fields /11. Heroes And Villains /12. Keepin' The Summer Alive /13. Lady Lynda /14. Surfer Girl /15. Help Me, Rhonda /16. Rock And Roll Music /17. I Get Around /18. Surfin' U.S.A. /19. You Are So Beautiful /20. Good Vibrations /21. Barbara Ann /22. Fun, Fun, Fun
■DVD 『エンドレス・ハーモニー』 …「God Only Knows」(46:21ごろ)と「Darlin'」(1:24:37ごろ)を部分収録。


1980/7/4
ライブ : ワシントンD.C.

ワシントンD.C.での建国記念日ライブ。このライブも6人全員参加。

上の寒い夜のイギリスと対照的な、明るい昼のアメリカのライブ。

かつて 『ア・セレブレーション・コンサート』 のタイトルで早くからビデオ化されていたが、その後 『ビーチ・ボーイズ・イン・コンサート』 と題されDVD化された。


【この映像を収録したソフト】
■DVD 『ビーチ・ボーイズ・イン・コンサート』
1. Intro /2. Darlin'/3. Do It Again /4. Sloop John B. /5. Little Deuce Coupe /6. Catch A Wave /7. School Days /8. Good Timin' /9. Help Me, Rhonda /10. God Only Knows /11. Keepin' The Summer Alive /12. Be True To Your School /13. Rock And Roll Music /14. I Get Around /15. Surfin' U.S.A. /16. Good Vibrations /17. Barbara Ann /18. Fun, Fun, Fun
■DVD 『アン・アメリカン・バンド』 …「Fun, Fun, Fun」を部分収録(1:29:22ごろ)。


1983/7/4
ライブ : アトランティック・シティ

アトランティック・シティでの建国記念日ライブ。6人全員が揃ったライブはこの時が最後。


【この映像を収録したソフト】
■DVD 『アン・アメリカン・バンド』 …「Barbara Ann」(1:34:43ごろ)/「You Are So Beautiful」とデニスのMC(1:33:26ごろ)
  ※一節だけ見られる「It's Just A Matter Of Time」(1:23:43ごろ)もこの時の映像と思われる。


1985/7/13
ライブ : ライブ・エイド

世界各国に同時中継されたライブ・エイド。アメリカ側ステージはフィラデルフィア。

ブライアン、カール、マイク、アル、ブルースの5人体制。

「California Girls / Help Me, Rhonda / Wouldn't It Be Nice / Good Vibrations / Surfin' U.S.A.」の5曲を演奏し、自分たちの出番以外でも、ブライアン以外の4人がREOスピードワゴンの「Roll With The Changes」のコーラスに参加している。

テレビの生中継では全曲が放送された。


【この映像を収録したソフト】
■DVD 『ライヴ・エイド』 …「Wouldn't It Be Nice」「Good Vibrations」「Surfin' U.S.A.」とREOスピードワゴンの「Roll With The Changes」を収録。


1986/12/12収録 (1987/3放送)
米TV番組 : 『25イヤーズ・トゥゲザー』

【放送された曲】
Barbara Ann / Help Me, Rhonda〜Fun, Fun, Fun / California Girls〜California Dreamin' / Sail On, Sailor(レイ・チャールズと共演)/ Sloop John B. / Do It Again / Barbara Ann / Friends And Lovers〜I Can Hear Music(グロリア・ロリングと共演)/ In Cars(グレン・キャンベル)/ Little Deuce Coupe〜Little Old Lady from Pasadena〜I Get Around(グレン・キャンベルと共演)/ Barbara Ann / Rock And Roll Music(ファビュラス・サンダーバーズと共演)/ Be True To Your School / Don't Worry Baby〜Getcha Back〜Wake Up Little Susie(エヴァリー・ブラザーズと共演)/ Surfer Girl / Come Go With Me / Disney Girls / God Only Knows(ジェフリー・オズボーンと共演)/ Surfin' U.S.A.(ジョー・ピスコポのパロディ・ソング)/ Surfer Girl〜Surf City〜Surfin' U.S.A.(ポール・シェイファーと共演)/ Wouldn't It Be Nice〜Band Of Gold(ベリンダ・カーライルと共演)/ Darlin'(スリー・ドッグ・ナイトと共演)/ Heaven / Good Vibrations / Spirit Of Rock'n'Roll

1986年12月12日、ハワイのホノルルで行われた結成25周年記念ライブ。ブライアンも参加しての5人体制(ブライアン、カール、マイク、アル、ブルース)。

レイ・チャールズ、ベリンダ・カーライル、エヴァリー・ブラザーズ、グレン・キャンベル、スリー・ドッグ・ナイトなどのゲストが参加

テレビ放送用に作り込まれたショーのようで、全員がカメラ目線でMCしたりする。演奏にしても歓声にしても、あとからの加工がかなりありそう。未DVD化。


【この映像を収録したソフト】
■ビデオ・LD 『25イヤーズ・トゥゲザー』 …この番組をそのまま収録。


1987/7 リリース
ミュージックビデオ : Wipe Out 

ファット・ボーイズとの共演によるシングル。

ビデオ・クリップにはファット・ボーイズとブライアン、マイク、アル、ブルースの4人が出演した。


【この映像を収録したソフト】
■CDV 『ワイプアウト』 …ビデオ・パートに「Wipe Out」のビデオ・クリップを収録。 

P.WOCDV.JPG - 27,734BYTES


1988/1/20
ロックの殿堂授賞式

毎年行われている「ロックの殿堂(Rock and Roll Hall of Fame)」にビーチ・ボーイズが殿堂入りした際にブライアン、カール、マイク、アル、ブルースの5人で出席。
エルトン・ジョンに紹介され、ブライアン、カール、マイク、アルがステージに上がってスピーチ、その後、出席していた多数のミュージシャンが参加してロックの名曲が10曲ほど演奏された(ブルースは間に合わなかったのかスピーチには姿を見せていないが、演奏には参加している)。
ミック・ジャガーやブルース・スプリングスティーンらがフロントに出て、マイクも少しフロントに立つが、他のメンバーは後ろの方で歌っているだけ(もちろんブライアンは立っているだけ)。

この年にはビートルズも殿堂入りしており、ジョージ・ハリスンとリンゴ・スター(とオノ・ヨーコ)は出席したが、ポール・マッカートニーはメンバー間の法的な争いの決着がついていないことを理由に欠席した。これに対してマイクは自分たちのスピーチの終了後に強い口調で非難を始め、さらにミック・ジャガーをはじめとするその夜の出席者を挑発するような演説をぶち、物議を呼んだ。


【この映像を収録したソフト】
■DVD 『ロックの殿堂「Rock and Roll Hall of Fame Live」』(5枚組ボックス) … エルトン・ジョンによるビーチ・ボーイズの紹介と、それを受けるビーチ・ボーイズのスピーチ(マイクの長い演説も)、さらにその後行われた大人数のジャム・セッションから 「I Saw Her Standing There」と「(I Can't Get No)Satisfaction」を収録。
■DVD 『ロックの殿堂2「Rock and Roll Hall of Fame Live2」』(5枚組ボックス) … 大人数のジャム・セッションから 「Stand By Me」を収録。


ツタヤでは、このボックス内のDVDをオンデマンド方式により単品で販売していたが、現在は終了。
DISC 2 「(I Can't Get No)Satisfaction」を収録 


1988/7 リリース
ミュージックビデオ : Kokomo

22年ぶりの全米ナンバー1になった曲のビデオクリップ。海岸での演奏シーンと映画のシーンで構成。

レコーディングと同様、ブライアン抜きの4人(カール、マイク、アル、ブルース)で出演。

MTV時代に入ってからのビーチ・ボーイズのビデオクリップには「Getcha Back」「Rock'n'Roll To The Rescue」「Still Cruisin'」などがあるが、きちんとソフト化されたものはない。


【この映像を収録したソフト】
■DVD 『エンドレス・ハーモニー』 …部分収録(1:35:21ごろ)。


1988/11/18放送
米TV番組 : 『フルハウス

ビーチ・ボーイズがゲスト出演した米TVドラマ。

アメリカで1988年11月18日に放送された第2シーズン6話「ビーチ・ボーイズがやってきた!(Beach Boy Bingo)」に5人(ブライアン、カール、マイク、アル、ブルース)で出演。

タナー家にビーチ・ボーイズがやってきてコンサートに招待するという内容で、番組のラストには1988年11月5日にLAで撮影されたライブ映像(出演者が「タナー一家」としてステージに上がる)が使われている。曲は「Kokomo」と「Barbara Ann」。

ジェシー役のジョン・ステイモスはビーチ・ボーイズのライブにパーカッションで参加したり、「Kokomo」のビデオ・クリップに出演したり、アルバム 『サマー・イン・パラダイス』 で「Forever」のボーカルを務めたりしている。


【この映像を収録したソフト】
■DVD 『フルハウス(セカンド・シーズン) コレクターズ・ボックス』 …セカンド・シーズン全22話を収録
■DVD 『フルハウス(セカンド・シーズン) セット1』 …前半11話を収録した分売版。

※この番組には他にも以下の回でメンバーが出演している。
■第3シーズン24話「みんなでテレソン(Our Very First Telethon)」(1990年5月4日放送)
   マイクのみ出演。→ DVD 『フルハウス(サード・シーズン) セット2』 に収録
■第5シーズン25話「フォーエバー再び[前編](Captain Video : Part1)」(1992年5月5日放送)
   マイクとブルースが出演。→ DVD 『フルハウス(フィフス・シーズン) セット2』 に収録
■第5シーズン26話「フォーエバー再び[後編](Captain Video : Part2)」(1992年5月12日放送)
   劇中で流れる「Forever」のビデオ・クリップ(歌はジョン・ステイモス)にマイク、カール、ブルースが出演。
   → DVD 『フルハウス(フィフス・シーズン) セット2』 に収録


1989夏
米TV番組 : 『エンドレス・サマー』

1988年の「Kokomo」の大ヒットの翌年、アルバム 『スティル・クルージン』 をリリースの頃に放送された特別番組。

『エンドレス・ハーモニー』 には砂浜で「Surfin'」を演奏しているところが部分的に収録されている。

ブライアン、カール、マイク、アル、ブルースの5人で出演。


【この映像を収録したソフト】
■DVD 『エンドレス・ハーモニー』 …「Surfin'」を部分収録(9:16ごろ)。


2017年10月29日追加
1994/7/2
ライブ : ミズーリ州セントルイス

1994年7月2日にミズーリ州のセントルイスで行われたコンサート。

マイク、カール、アル、ブルースの4人が参加、サポート・メンバーに俳優のジョン・ステイモスが加わっている。

【この映像を収録したソフト】
■DVD 『Back To The Beach』(輸入盤)
1. California Girls / 2. Catch A Wave(演奏終了前にフェイド・アウト) / 3. Under The Boardwalk / 4. Be True To Your School
この4曲以外に、ジャン&ディーンのTV出演映像が2曲(Surf City / Sidewalk Surfin')収録されている。
公式の商品ではなく、映像もビデオのコピーのようだが、画質はそれほど悪くなく、音声もいちおうステレオ。
アマゾンではリージョン1と表記されているが、実際の商品はリージョン・オールのNTSCなので日本でも視聴可能。


2017年10月22日追加
1996/1/28
ビデオ : 『Status Quo - 30th Anniversary Live Video / Don't Stop』

ステイタス・クォーの結成30周年記念アルバム 『ドント・ストップ』 の全収録曲を演奏したコンサート。

ビーチ・ボーイズがボーカルとコーラスで参加した「Fun, Fun, Fun」のカバーが最後に演奏され、ブライアン、カール、マイク、アル、ブルースが揃って参加。

1996年1月28日にロンドンのブリクストン・アカデミーで行われたライブだが、商品化されたビデオに収録されたのは撮影用にスタジオ録音テイクを流しながらくちパクで行った疑似ライブで、この撮影のあとにもう一度本当のライブ演奏が行われたらしい。

YouTube

また、この時の撮影素材を使った「Fun, Fun, Fun」のビデオ・クリップも作られている(未ソフト化)。 YouTube

【この映像を収録したソフト】
■ビデオ 『Status Quo - 30th Anniversary Live Video / Don't Stop』(輸入版) …イギリスのみの発売でPAL方式(日本はNTSC方式のため対応の機器がないと再生できない)。


1996
米TV番組 : 『ナッシュビル・サウンズ』

1996年リリースのアルバム 『Stars And Stripes Vol.1』 のレコーディングを追ったドキュメンタリー。

ひさしぶりにメンバー全員(ブライアン、カール、マイク、アル、ブルース)が揃った楽しげな録音風景とインタビューで構成。

【収録曲】
1. Don't Worry Baby(with Lorrie Morgan)/2. The Warmth Of The Sun(with Willie Nelson)/3. Little Deuce Coupe(with James House)/4. Sail On Sailor(with Rodney Crowell)/5. Caroline, No(with Timothy B.Schmit)/6. 409(with Junior Brown)/7. Sloop John B.(with Collin Raye)/8. Long Tall Texan(with Doug Supernaw)/9. I Get Around (with Sawyer Brown)/10. Be True To Your School(with Toby Keith)/11. Help Me, Rhonda(with T.Graham Brown)/12. In My Room(withTammy Wynette)/13. I Can Hear Music(with Kathy Troccoli)/14. Do It Again/15. Barbara Ann

14と15はテネシー・ステイト・フェアグラウンズで行われた「インターナショナル・カントリー・ミュージック・ファン・フェアー」のライブ。

アルバムに入っている「Fun, Fun, Fun(with Ricky Van Shelton)」の映像はない(エンド・クレジットでメイン・ボーカル抜きのバージョンが流れるだけ)。
また、「Sail On Sailor(with Rodney Crowell)」と「In My Room(withTammy Wynette)」はアルバムには入っていない(「In My Room」はTammy Wynetteの1998年のアルバム 『Remembered』 に収録)。


【この映像を収録したソフト】
■DVD 『ナッシュビル・サウンズ』 …この番組をそのまま収録。
■DVD 『エンドレス・ハーモニー』 …「Do It Again」のライブ映像を部分収録(1:34:57ごろ)。


2012
ドキュメンタリー : ドゥーイン・イット・アゲイン

2012年の50周年リユニオンのドキュメンタリー。

1. 2012年ビーチ・ボーイズ独占インタビュー
2. 2012年ワールド・ツアーより
3. 1966年 「グッド・ヴァイブレーション」 レコーディング・セッション未公開映像
4. アルバム 『ゴッド・メイド・ザ・ラジオ』 レコーディング・セッション
5. カール&デニス・ウィルソン・トリビュート

50周年リユニオン・ツアーから「Do It Again」「Little Deuce Coupe」「California Girls」「That's Why God Made The Radio」「Sail On Sailor」「Surfin' U.S.A.」のライブ映像が織り込まれている。
2012年5月2日のフロリダ州セントオーガスティンでの演奏。


【この映像を収録したソフト】
■DVD 『50周年記念コンサート』(ディスク2)


2012
ミュージックビデオ : That's Why God Made The Radio

2012年発売のシングルのビデオクリップ。


【この映像を収録したソフト】
iTunes パッケージメディアとしては未商品化。


2012/5/7放送
米TV番組 : 『レイト・ナイト・ウィズ・ジミー・ファロン』

【放送された曲】
In My Room / Wouldn't It Be Nice / That's Why God Made The Radio

ジミー・ファロンのトーク・ショーに出演し、3曲をライブ演奏。ブライアン、マイク、アル、ブルース、デヴィッド・マークスの5人体制。

また、トーク部分ではジミー・ファロンと即興で「Barbara Ann」を歌った。


【この映像を収録したソフト】
■DVD 『Back Again』(輸入盤) …「In My Room」をボーナス・トラック的に収録。


2012/7/7
ライブ : アリゾナ州フェニックス(50周年記念ツアー)

2012年の50周年リユニオン・ツアーのライブ。ブライアン、マイク、アル、ブルース、デヴィッド・マークスが参加。

7月7日のアリゾナ州フェニックスでの演奏。この日の全演奏曲はライブのページで。


【この映像を収録したソフト】
■DVD 『50周年記念コンサート』(ディスク1)
1. Do It Again / 2. Catch A Wave / 3. Hawaii / 4. Marcella / 5. Isn't It Time / 6. Little Deuce Coupe / 7. 409 / 8. Shut Down / 9. I Get Around / 10. Heroes And Villains / 11. Sloop John B / 12. Wouldn't It Be Nice / 13. All This Is That / 14. That's Why God Made The Radio / 15. Sail On, Sailor / 16. Good Vibrations / 17. California Girls / 18. Help Me, Rhonda / 19. Rock And Roll Music / 20. Kokomo / 21. Fun, Fun, Fun


2012/8/16
ライブ : 千葉QVCマリンフィールド(50周年記念ツアー)

2012年の50周年リユニオン・ツアーのライブ。ブライアン、マイク、アル、ブルース、デヴィッド・マークスが参加。

8月16日の千葉QVCマリンフィールドでの演奏。


【この映像を収録したソフト】
■DVD 『Back Again』(輸入盤) …この日の全演奏曲を収録。
1. Do It Again /2. Little Honda /3. Catch A Wave /4. Hawaii /5. Don't Back Down /6. Surfin' Safari /7. Surfer Girl /8. Don't Worry Baby /9. Little Deuce Coupe /10. 409 /11. Shut Down /12. I Get Around /13. That's Why God Made The Radio /14. Sail On, Sailor /15. Heroes And Villains /16. Isn't It Time /17. Why Do Fools Fall In Love /18. When I Grow Up(To Be A Man)/19. Cotton Fields /20. Forever /21. God Only Knows /22. All This Is That /23. Sloop John B /24. Wouldn't It Be Nice /25. Then I Kissed Her /26. Good Vibrations /27. California Girls /28. Help Me, Rhonda /29. Rock And Roll Music /30. Surfin' U.S.A. /31. Kokomo /32. Barbara Ann /33. Fun, Fun, Fun


2016
英TV番組 : 『クラシック・アルバムズ : ペット・サウンズ』

名盤誕生の背景を解き明かすドキュメンタリー・シリーズ「クラシック・アルバムズ」の 『ペット・サウンズ』 編。
本編59分、特典映像32分。

オリジナル・メンバー、関係者のインタビューや貴重な映像で 『ペット・サウンズ』 の本質にせまるとのこと。

ユニバーサルミュージックジャパン 
YouTube 30秒の予告 1分の予告 


【この映像を収録したソフト】
■Blu-ray・DVD 『ペット・サウンズ・ストーリー』


    ブルーレイ        DVD


このページの先頭へ

inserted by FC2 system